すべてのカテゴリ » アンケート

質問

終了

日本はおとなしく世界の財布であるべきでしょうか。捏造でもなんでもいいから、金を出さないで物を申すと、出るくい打たれる式に攻撃されるのでしょうか。

「市政が停滞した」 大阪市議会から批判相次ぐ
2013.5.28 20:36 [west政治]

訪米中止を決定し、厳しい表情で記者の取材に応じる橋下徹大阪市長=大阪市役所
 日本維新の会共同代表の橋下徹大阪市長の6月中旬の訪米中止を受け、大阪市議会からは理解を示す声があがる一方、橋下氏の慰安婦発言などが「市政の停滞を招いた」と改めて批判する声も聞かれた。

 公明党の待場康生幹事長は「訪米中止は外交への影響を考えるとやむを得ない」としながらも、「発言後は地下鉄民営化など市政改革の議論が十分できなくなり、市政が停滞した」と指摘。

 民主系の奥野正美幹事長も「市長と政党の代表という2つの顔を持っていることが、裏目に出た」と述べた。

 共産党の北山良三団長は、橋下氏が米国視察費用のキャンセル料を公費から支出するとの考えを示したことについて「市民負担にするなんてとんでもない」と批判した。

http://sankei.jp.msn.com/west/west_affairs/news/130528/waf13052820360042-n1.htm

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2013-05-28 22:17:20
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

ノーと言えば良い話です。
世界の財布というよりもアメリカの犬ですね。
批判するだけなら誰でも出来ます。
橋下がどうのではなくて、文句言うより先になにかやってみせろ。
それから「こうやるんだ、お前のやり方はダメだ」そういわないと、
いつまでたってもこのままです。

  • 回答者:取りあえず玉のないやつは追い出せ (質問から8時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

きちんと真実を伝えるのが大切なのです。
歴史を捻じ曲げて他国に媚を売る必要はありません。

  • 回答者:匿名 (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

まあ日本も一見やられっぱなしのようですが実はアメリカをかなり利用しています。もともと持っているこの国のセンスなんですね。

  • 回答者:匿名 (質問から11時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

今まではそうであったかもしれませんが、これからは断じてそうであっては成りません。
しっかり意見を言うべきです。

  • 回答者:匿名 (質問から5時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

財布であってはいけませんね。

出る杭は打たれても真実は声を大にして発言しなければ行けない事だと感じますね。

  • 回答者:匿名 (質問から4時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

捏造が浸透してしまっていますからねぇ・・・

サイフでなく銀行であるべき
実際はサイフだな

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

このままずっと世界の財布だなんて絶対嫌ですね。
正しいことを言ったら市政が停滞するなんてほんとおかしな世の中です。

  • 回答者:匿名 (質問から47分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

世界の財布なんて、とんでもないです。
金銭に関係なく、出るくいは打たれる式に攻撃されても、毅然と真実は伝えていくべきでしょう。

  • 回答者:匿名 (質問から35分後)
  • 2
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

いや、そんな存在はもうごめんです

  • 回答者:sooda (質問から34分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

世界の財布であってはならない。
だめなものはだめと毅然と拒否していかないと。

  • 回答者:匿名希望 (質問から26分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る