すべてのカテゴリ » 美容・健康 » 健康管理 » 病気・症状

質問

終了

死にたい、消えたいという気持ちがなくなりません。辛い気持ちです。どうしたらよいでしょうか。
20代女性です。数年前に過労と人間関係の問題からうつ病になり、入院・退職・自宅療養を経て、現在は別の職場で元気に働いております。
ですが、死にたいという気持ちが当時から今までずっとなくなりません。楽しい(つもりの)毎日ですが、別に今何かの理由で死ぬことになっても惜しいと思わないです。皆の記憶も含めて、生きていたことをなかったことにしたい。消えたいと思ってしまいます。
うつ病だった当時のような、1日中メソメソ泣き続けてしまうとか、絶望的な気持ちのせいでトイレや風呂でさえ億劫になってしまうようなことはありません。
誰でも日々に100パーセント満足して楽しい!ということはないと思いますが、ここまで死にたい死にたいといつも思っているのは異常かと思い質問させていただきました。
ご意見をお聞かせください。

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2013-06-21 01:00:10
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

相談者さんには、ご家族はおられないのでしょうか?
もし相談者さんが死んだら物凄く悲しむ親御さんや兄弟はおられませんか?

愛する者が亡くなることは、人間にとって一番辛い出来事です。
もし死にたくなったら相談者さんを愛している人たちのことを考えて下さい。

誰かの為に生きるのも悪くないですよ。
相談者さんは生きているだけで、ご家族にとっては幸せをもたらしてます。

なのでもう少しだけご家族に為に力を使ってみてはいかがでしょうか?

  • 回答者:うつ病の娘の親 (質問から24時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

完璧に治っていないということですね。みなさんが言うようにもう一度、病院へ行って見るのがいいと思う。

でもさ、ずっと死にたいという気持ちがありながらも生きているんだよね。ということは「死ぬのはいつでもできる」ってことだよ。
それなら、いつでもできることは置いといて、いつでもできない(難しい)毎日を楽しく生きるということをやってみて。
「死ぬこと」は惜しくないんだよね。でも、生きるのは惜しいかも・・・だから悩むんだよ。
なかったことにしたいということは、自分の生き方を後悔をしているということ。だからなかったことにしたい。
ならば、後悔をしていることを繰り返さないためにも毎日を一生懸命生きてみて。死ぬのはいつでも出来るんだから。
生きることが辛いんだよ。毎日を笑顔で過ごすことって大変なことなんだよ。
この大変なことをまずやってみて。
それが完璧にできるまで死ぬのは傍に置いといて。

  • 回答者:匿名 (質問から15時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

死ぬなんてのは、逃げですね。逃げたいのですか。卑怯ですよ。
逃げるのはいつでもできます。その前にやることがないのでしょうか。いきるのは死ぬよりつらいのです。それは常識です。現実はきびしい。万葉集の人々も同じ気持ちですよ。ずっとそうなのです。

前提が間違っています。楽しきこともないこの世を楽しくするには努力が必要なのです。

  • 回答者:あまったれるな! がんばろう! (質問から13時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

現在、TVに登場するお笑い芸人のほとんどは、私は、つまらないと思うし、嫌いである。
そんな芸人であっても、稀に、いいことを言うなぁ!と思うことがあるので、紹介する。

明石家 さんまさん、自分の愛娘の名は「いまる」。
命名した理由は、「生きているだけで丸儲け」だそうだ。

なるほど、私も実際そう思う。

死を認識しているからこそ、生きていることを認識できる。
周りの石ころや植物、ほとんどの動物も、死に対する自覚は持っていない。
生きている実感もないのだ。

生きていること自体を実感できることは、人間に生まれた、そして二度と得ることのない特権と考えてもいいと思う。

生きているからこそ、広い大宇宙の中で、長い時間の中で、自分の小ささと寿命の短さを感じ、自覚することができる。
生きているからこそ、地球上の変化ある大自然を観て、感じ、そして感動することができる。
生きているからこそ、喜怒哀楽する、自身も含めた人々の心の動きを、実感することができる。

いずれも、生きていればこそ、なのだ。
辛いことでメソメソしていても、この世に生きていることの証なのだ。

喜怒哀楽があってこその人生、その「人生そのものの存在」を楽しむ。
この「生きているだけで丸儲け」は、釈迦が求めた「悟り」に通じると、私は思う。

しかしながら、そうであっても、私は、明石家 さんまさんの芸を、面白いと思うことも、感動することも、全く、ない。
このように愚痴ることも、「生きているだけで丸儲け」と思ってやっていれば、それほども不満もないし、けっこう楽しいものだ。

辛いことばかりだった20歳代には、絶対戻りたくはないと思っている、おっさんからの回答でした。

  • 回答者:スモールダディ (質問から13時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

カウンセリングを受けたほうがいいですね

  • 回答者:sooda (質問から10時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

普通の人はそんなに死を意識してないと思います。もちろん個人差はあるでしょうけど。
嫌なことがあって、たまにふと思うことがある程度くらいだと思います。
なので、病院で診てもらった方がよろしいのでは。

  • 回答者:匿名 (質問から9時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

私はうつ病にはなっていませんが
死んでもいいって思う気持ちは同じようにありました。
だけど死ぬかもしれない病気になった時やっぱり生きていたいって思いました。
あなたもきっと私と同じような経験をすれば
生きていること、健康であることに感謝すると思います。

  • 回答者:匿名 (質問から7時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

また病院へ行ったほうがいいのでは。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る