すべてのカテゴリ » マネー » 企業・経営 » 企業法務・知的財産

質問

終了

東電がやらないで、政府がやってくれるのを待った方がお得だったということでしょうか。

首相「政府が責任をもって対応」 汚染水漏れ問題で
2013.8.29 00:26
カタールで記者会見する安倍首相=28日(共同)

カタールで記者会見する安倍首相=28日(共同)

 安倍晋三首相は28日、訪問先のドーハで記者会見し、東京電力福島第1原発の汚染水漏れに関し「国として緊張感を持って対応していく必要がある。政府が責任を持って対応し、国内外にしっかり発信する」と述べた。自民、公明両党は効果的な汚染水対策を検討する与党プロジェクトチームを来週にも正式に発足させる。(ドーハ 峯匡孝)
http://sooda.jp/questions/

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2013-08-29 07:31:17
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

当然のことなのに、今頃になって国が責任を持って・・・とは、冗談じゃないと思っています。

あれだけ多額の税金を投入しているのだから、あの時点で全面的に処理すべきだったと思います。

政府にしても東電にしても、こうなったらなるようにしかならないと悟りの境地ではないのだろうかと感じています。

こんな大事故になっても、誰も責任を取らないとは呆れた国の常識ではないでしょうか。長年「安心・安全」と云い続けて来た政治の責任はどうなるのでしょうか。全てが国民の負担にかぶさってくることになりますが、本当に悲しい現実ですね。

  • 回答者:あまのじゃく (質問から2時間後)
  • 2
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

今さらって感じですね。

  • 回答者:匿名 (質問から3日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

naniga?

能力がないのと真剣に取り組んでいないのです。国有化して東電の管轄外にしないとダメです。

  • 回答者:匿名 (質問から3日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

めんどくさいので、東電は、倒産ということにして、新たに国営の事業所を、立ち上げるべきです

  • 回答者:匿名 (質問から16時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

もっと早く責任感を持ってやるべき事です。
今頃何を言っているのって言う感じです。

  • 回答者:匿名 (質問から12時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

東電がしっかりやらなければならなかった
責任感がなさすぎる

  • 回答者:sooda (質問から10時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

だって、無責任を徹底すれば、政府が助けてくれるもん!

なぜ東電を解体しないのでしょうか。せめて管理職以上をみなおすべきです。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

税金投入です。ウハウハ!

国も東電の株式を購入して資金援助しただけではなく責任を持ったことになると思うのですが。
問題が起きてから、口と金を出すでは将来を考えた政治とはいえないと思いますし、素人工事しかできないかつての一流会社は金もうけしかできない素人集団だったのでしょうか。

  • 回答者:下落した会社!!! (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

今頃何を言っているんでしょうかって感じですね。
期待できませんよ

  • 回答者:匿名 (質問から14分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

どっちでも同じでしょうね
政治家が実作業するわけじゃないしww

===補足===
いえ、金を出すのは国民です。

政治家は口(指示)出して金をもらうのですよorz

  • 回答者:左のツバサ (質問から10分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

政治家は金を出すのです。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る