すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 社会

質問

終了

消費税を増税する必要性の大きな一つとして、医療費の増大があるといわれていますが、そうであれば、保険制度の在り方から考えて、消費税ではなく、健康保険料の引き上げを第一に考えるのが筋ではないですか?

  • 質問者:匿名希望
  • 質問日時:2013-09-01 20:24:32
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

国の借金が膨らみすぎて、国民に負担させるしかないんでしょう。

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  

全て力関係、進め方があまりにも「ミエミエ」で呆れています。長いものに巻かれろではなく、「本質

論」を主張する骨のある政治家はもう出ないのでしょうか。淋しいことです。

  • 回答者:あまのじゃく (質問から24時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

健康保険料の支払いは健康な人(サービスを受けていない人)ほど割高になる。
のでね

薬価の引き下げ
診察費自己負担割合の引き上げ
高額医療費自己負担限度額の引き上げ
診療報酬の引き下げ
をメインに考えるべきでしょう。

  • 回答者:医者いらず (質問から14時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

財務省の陰謀です。工夫するより国民に重税を課すことしか考えていないのです。

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 1
この回答の満足度
  

ラジオ体操などで、医療費削減に成功している自治体があります。そういうところには報奨金をだすなど、色々手はあります。単に金を巻き上げればいいと言うことではありません。

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

おっしゃるとおりでしょうね

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

給料の貰っている方は毎月の明細を見て、所得税より社会保険料が高いのがわかると思います。
住民税や厚生年金そして健康保険料の高いこと、これ以上負担を増加させるのは生活を苦しくさせるだけです。
健康な人は払わなくともよいし、薬を安くすれば医療費も軽減できるのでジェネリックを推進させていますし、医家向けの薬を薬局で販売できる一般薬にして病院に行かないようにはしています。
治療から予防に健康を推進させている健康保険組合も見かけます。
医療費の増加は高齢者が増えている人口構成もあり、働いていない人が社会福祉として若い勤務している人たちが負担しているのと若い人もアルバイト的な仕事、派遣などで給料が安く健康保険を負担できない社会的な問題?があります。
ゲームばかりしたり、おいしいものを食べてばかりの不健康な健康意識を改めて運動と節食に励むほうが問題の解決になります。

  • 回答者:匿 名 (質問から17分後)
  • 0
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る