すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 経済

質問

終了

国債は国の借金というわけですが・・国債を発行し続けてもいつかは限度がくるものではないでしょうか?

たとえばアメリカ国債はもうどう頑張っても永遠に償還されないと長年言われてますし、そもそも発行することさえもはやギリギリという状態まできています。あんまり国債を発行しすぎるとそもそも世の中のお金まわりが悪くなると思うのですが・・

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2014-03-23 22:39:28
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

国債を購入してくれる機関や人が居れば大丈夫です。ただ国の経済力や信用がなければ発行し続ける事が難しいと思います。アメリカは経済が回復すれば大きな財政黒字が生じて一気に償還の可能性がありますが、日本は人口も減少するので先行き不安ですね。

  • 回答者:匿名 (質問から1日後)
  • 0
この回答の満足度
  

限度はないでしょ。

あるとすれば、国債を発行している国の信用がなくなったときです。
「日本」というブランドの信用はまだありますので
日本が発行する国債を買う人や国もあります。

ですが、国の信用がなくなってしまうと、利率を上げても買う人はなくなります。
それがその国の限度・・・となります。

>あんまり国債を発行しすぎるとそもそも世の中のお金まわりが悪くなると思うのですが・・

これはないです。
例えば国が国債を発行したら、それを買った人からお金を受け取ります。
国は受け取ったお金をプールせずに使います。
そもそも、使うための発行なのでお金はまわります。

問題があるのは発行した国債に金利をつけて還元する財源の確保のために
新たな国債を発行する「自転車操業」になってしまっていることです・・・。

http://anngle.org/culture/business/governmentbonds.html

  • 回答者:Sooka! (質問から11時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る