すべてのカテゴリ » 暮らし » その他

質問

終了

もともと好きではなくて、苦痛で仕方なく、イヤイヤやっていたのに、トップになってしまう(相撲の横綱とか、トップの役者とか、大リーグでmvpなど)人がいるのはどうしてでしょうか。
小さいころから必死で目指していてもダメな人ばかりなのに。

  • 質問者:nic
  • 質問日時:2014-04-26 23:55:42
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

例え嫌々であっても肝心なところ、大事なところだけは
自然と習得している人たちでそういう星の下に生まれてきた
いわば選ばれた人たち。

  • 回答者:匿名 (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

それが「才能」ではないでしょうか。
どんなに頑張ってもない人は大成せず、ある人でも頑張らなければ成功しない。

成功した才能の持ち主も最初はイヤイヤやったかもしれませんが、他人に負けない努力はしているはずですよ。

そこは間違えなきように。

  • 回答者:匿名希望 (質問から10時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

ビートたけし が、TVで言っていましたが

記憶ですので その点よろしく。

自分がやりたいことは その事に自分なりのこだわりがあり

やりたいこと を、するため
稼ぐなりするため
他人に 妥協するため
融通ができ
肩の力が抜け 他から見れば・・・

と、記憶しています。

個人的には 同調できます。

自分が 好きなことして 生活できれば 
それが一番でしょう。

演劇など 大部分が アルバイトで生計をたてているようですが

ある企業では 雇用体形で 応援しているところもあるようです。

この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る