すべてのカテゴリ » 恋愛・人間関係の悩み » 恋愛

質問

終了

恋人もしくはご自身がバツイチの方に質問です。
付き合って1か月の彼氏はバツイチです。それは別になんとも思ってないのですが、バツイチだと聞いたのは付き合う前に、私と彼の共通の友人からでした。

聞いたときは彼の事をなんとも思ってない時だったので「ふーん」くらいにしか思ってなくて関心もなかったんですが、いざ付き合うとなると、いつ離婚したのか?子供はいるのか?原因は何だったのか?の3点が気になり始めました。
気になるなら聞けばいいと思うんですが、彼も言いづらいことだと思うのでなかなか聞く勇気がありません。彼から言ってくれたら楽なんですが・・・いずれは聞かなければいけないことだと思っています。

もし子供さんがいたとしても、慰謝料うんぬんのことはありますが会ってあげるのは私はOKです。私自身も母子家庭なので、年に数回父親に会いに行っているし、会うべきだと思います。

彼自身、自分がバツイチであることを周囲に隠している感じでもありません(数年前のSNSの日記で、離婚直後は精神的に辛かったみたいなことを書いていたので)が、そういう話題が出ないのでやはり聞きづらいです。

そこで、言ってくれるのを待つのか、タイミングを見計らってこちらから聞くのか、どの方法がいいでしょう?

  • 質問者:けにー
  • 質問日時:2014-05-15 00:15:46
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

>離婚直後は精神的に辛かったみたいなことを書いていたので

まあ離婚歴は公に出来ても普通に考えて原因とかまで思い出したくもないことでしょうね。
相手を好きになればなるほど知りたくなる気持ちも分からなくはないですけど。
子供の有無ぐらいは軽い感じで聞いても差し支えないのでは?
その流れで全て聞き出せるかも知れないですし。

  • 回答者:匿名 (質問から11時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

あまり重くならないように、普段の会話みたいな感じで聞いてみます。
ありがとうございました。

並び替え:

付き合う前に言うのが男性の誠意だと思います。
言わないのは不実なのか、あなたをそこまで思っていないんだと思います。
あなたはまだ話が具体化してないし、実際に追い込まれていないから、
うんぬんとか会ってあげるのはOKなんて軽く考えられるだけで、
実際に子持×1の男性と付き合ってる人に話を聞くなりして、
現実を見た方が良いです。
たとえば、彼のお子さんを引き取ることになるかもしれない。
あちらの子供にお金がかかるから、子供を産むなと言われるかもしれない、
あなたあなたの子供が貧乏しても、あちらにお金をあげるかもしれない。
元嫁と子供と一緒に旅行するかもしれない。

もし聞くのなら、全部覚悟した上で聞くことです。
彼もあなたに背負わせたり負い目を感じたりしたくないんだと思います。
出来た女、物わかりの良い女を一生演じるのは無理ですよ。
聞いてしまったら戻りにくくなります。
あなたのご両親にも相談してその上で、あなたの方から聞かないと、
彼は不都合なことは言いたがらないと思います。
また、結婚の意思があるのなら、あなたのご両親の前で話してもらうことも必要です。

===補足===
どうやら自分の立場でしかまだ物が考えられない方のようですね。
人間の心は理屈じゃないんですよ。
もし理屈なら×のついた男と何か付き合わないはずですし、
そもそも、この世に離婚なんかないです。

あなたがこの権利を主張するのはわかります。
ですが、お父様に新しい奥様なり恋人なりがいて、
あなたに会いに行くことをどう思っていたのか想像出来ないようですね。
あなたのようなタイプの方は「身を以て知る」しかないと思います。
自分と自分を取り巻く人だけを甘々の目で見てるんです。

  • 回答者:バツイチ小梨で結婚 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

ご指摘の通り、実際にまだいろいろな状況が見えていないのは確かです。もし子供がいた場合の様々な問題は、これから先どうなるか私には想像がつきません。
ただ、会ってあげるのは本当に私はOKだと思っています。だって私自身が父親に会いに行っているので、会わないでほしいというのは筋が通らない話だし、それなら私も父親に会いに行ってはいけないと思います。

おそらく問題は生じてくるしもめることもあるかとは思いますが(私は親が離婚した子供の立場しかわかりませんが)、彼は自分のことをあまり話したがらないように見えるので、いつかは聞いてどうやって長くお付き合いしていくか考えていきたいです。

ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る