すべてのカテゴリ » 趣味・エンターテイメント » 本・雑誌・コミック » コミック・漫画

質問

終了

最近話題となっている美味しんぼの原作者・雁屋哲さんについて質問です。

私も美味しんぼを昔から知っているので雁屋哲さんの描くマンガの中に時々あまりにも韓国をはじめとした反日国家を美化したり、日本の皇室は韓国の一族でもあるなど「宇宙の起源は韓国説の人なのかな?」と思われるような発言が多いことは知っています。

ただ一方で捕鯨反対派への反論や貿易自由化のゴリ押しの問題など、稀に日本がもつべき正当な権利を行使すべきというシーンもあり、一面だけでは把握しがたいとも感じています。

彼のスタンスは一体どんな感じなのでしょうか?

  • 質問者:とくめい
  • 質問日時:2014-05-23 23:04:42
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

捕鯨問題や米の輸入問題などでは、
裏に潜む白人の人種差別感情や、単純な経済観念で割り切ろうとする政府の姿勢を
痛烈に非難しています。

  • 回答者:匿名 (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  

結構「反権力」志向が強いようです。
彼の作品の中では
主人公が政治家や財界人、大企業経営者などの
社会的地位の高い人と積極的に親交を深めていく美味しんぼの方が
異色なのだそうです。

  • 回答者:あくまで伝聞ですが (質問から3日後)
  • 0
この回答の満足度
  

確か、奥さんが朝鮮人なんですよ。彼の作品でまともに読めるのは捕鯨の部分だけです。

  • 回答者:匿名 (質問から31分後)
  • 0
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る