すべてのカテゴリ » 知識・教養・学問 » 知識・学問 » その他

質問

終了

私は思考力を鍛えるために、「考えて答えを出す」
というトレーニングをやっています。
それで他の方の考え方というものに興味があります。
そこでお題を出したいと思います。
「ASKA容疑者も逮捕された麻薬ですが、
なぜ麻薬はやったらいけないのか。」
これを思考力を働かせて答えを出すなら
どういう答えを出しますか。

  • 質問者:匿名希望
  • 質問日時:2014-05-26 13:08:45
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

体によくないってことでしょ。

  • 回答者:匿名 (質問から4日後)
  • 0
この回答の満足度
  
回答ありがとうございました。

個人的な考えとして、
麻薬をやってはいけないのは、
麻薬をやってはいけないと決められているから、
です。
あの、別にふざけてるわけじゃないですよ?

僕は、何かを考える時、視点を変えてみるということを心がけています。
「なぜ麻薬が許されていないのか?」
この場合、
「では、なぜアルコールは許されているのか?」
と考えてみました。
飲酒による暴力事件や運転事故、中毒による強力な依存性(一生治らないと言われている)、妊婦の飲酒による胎児への悪影響(→胎児アルコール症候群)などなど、これだけあるのに、麻薬がダメでアルコールがOKとなる理由が見当たりません。
実際、イギリスのインペリアル・カレッジ・ロンドンにおいて、アルコールがヘロインやコカインよりも危険だという研究結果も出ているようですし(まあ、ツッコミどころもいくらかあるようですが)。
また、一方で、アメリカのコロラド州では、今年になってマリファナが解禁されたそうです。
→「町山智浩「コロラド州のマリファナ解禁についての話」」
https://www.youtube.com/watch?v=q46pVYNhet4

さて、では、なぜアルコールは許されているのか?
あくまで僕の想像ですが、アルコールの禁止は、社会的な反発が大き過ぎたからではないかと思います。
世界には様々な種類のお酒があり、それぞれに深い歴史や文化があります。
これを封じ込めるとなると、あらゆる抗議や妨害があらゆる方面から投げられる事になるでしょう(というか、投げられたから、アメリカの禁酒法は取り消されたんだろね)。
そのため、アルコールは禁止出来ない、でも、ならばせめて麻薬だけでも禁止しよう、という事になったのかも。
つまり、いいも悪いも国の事情、ってわけです。

でも、近年、タバコやアルコールの需要が低下していますし、税収を確保するために、日本でもマリファナが解禁されるなんてことがあるかもしれませんね。

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

麻薬をやってはいけない一番の理由は、幻覚作用によって、罪の無い人に迷惑をかける危険性が高いことです。また、麻薬を購入することは、ヤクザへの資金流入をひきおこすこともよくないからです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

違う視点が参考になりました。

> 麻薬はやったらいけないのか。

使い方を、間違えたら・・・

使い方で 名称が変わります。
麻酔 と。

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

私なら彼もある意味被害者というロジックを考えますね。彼は一体ある意味社会的な地位を得たのに大の大人なら、覚せい剤を出す事によって、今まで築いた地位であるとか,いろんなものを失う事がわかっていたわけではないかと思います。それでもその薬に手を出さなければいけない事って一体なんだったのだろうという考えますね
これから彼には茨の道が待っているのではないかと思います。彼をそこまで、追い込んだ
ものって一体何なのでしょうね。彼しか解らないものだし、他の人が手を出しては彼のために良くないのだと思います。私はそう考えます

===補足===
良い意味でも悪い意味でも、質問者様なりの答えを書くと言う意味では
soodaは良い教材になると思いますよ。活用をしてみると良いと思います
10人いたら10人多少なりとも違うと思います。あなたなりの回答を書くと言う意味ではあなたの為になりますよ。

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る