すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 政治

質問

終了

政府が集団的自衛権を認めるにあたり、憲法改正手続きを踏むのに消極的なのはなぜなのですか?

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2014-06-12 07:44:45
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

単純に「憲法改定」に賛同する議員が過半数に満たないからでしょう。
自民党内にすら反対派が多いと聞きます。

戦後民主主義教育の成果でしょうねぇ。
日本だけは国家として自立することは「悪」と教え込まれてますので・・・

まあ国連においても日本はいまだ世界の仮想敵国らしいですし、反日サヨクの方々も、日本だけは自立すると世界に対し悪いことをすると固く信じています。

この考え方がいかに異常かを国民が気が付かない限り憲法改正はないのでは?

  • 回答者:匿名希望 (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  

国会による発議さえもが数的にほぼ無理だから

  • 回答者:左のツバサ (質問から13時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

他国に隙を与えないためかもしれません。

どこぞの国が日本は9条があるからと舐めきった態度でいるのに対し、「我々日本は憲法を改正しなくてもやる時はやるぞ?」という姿勢を見せる事にもなっているのかも・・・・

  • 回答者:匿名希望 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る