すべてのカテゴリ » 暮らし » 法律・消費者問題 » 法律相談

質問

終了

国政選挙に参加する場合、供託金300万円を準備しなければならないことになっていますが、これは、全ての人に選挙権(被選挙権)を認めている憲法に抵触しませんか?

300万円以上の資産を持っていなければ、立候補できない仕組みになっているのは問題ではないでしょうか。

  • 質問者:匿名希望
  • 質問日時:2014-10-26 09:24:52
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

もし無条件に選挙に立候補できるならば、国の税金を使って選挙立会い、選挙広報紙、選挙開票など膨大な金額を使います。
いたずらに無責任な人のために時間とお金を無駄にしないためにも必要です。
泡沫候補といわれるような人でしょうね。

  • 回答者:匿 名 (質問から21時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

庶民感覚からすると300万は巨額ですが、夢のような額でもなんでもなく、年収より低い、頑張れば数年で貯められる金額と思います。
個人的には、これくらいは払える人でないと、当選して政治家になった後にマトモな政治活動できないんじゃないかと思ってます。
問題が全くない訳じゃないですが、政治家になろうと、政治家になって世の中を変えていこうという志を持つなら、供託金程度の些事をうまく切り抜けられる才覚も必要なんじゃないかと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から6時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る