すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 政治

質問

終了

みんなの党の内紛の内容がよくわかりません。
主にどんな意見対立がおきていたのか、わかりやすく教えてください。

  • 質問者:匿名希望
  • 質問日時:2014-11-20 12:10:03
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

簡単に云えば、与党自民党の支援政党で行きたい「渡辺氏」と、あくまで与党自民党と対立する野党政党路線を行きたい「浅尾氏」との対立と理解しています。

自民党が絶対多数の現在、これに乗っかろうとする渡辺氏の方針は、なぜ自民党を飛び出してまで「みんなの党」を作ったのか意味がないと思います。

結局は、自分たちの意見が反映されない小党では面白くないというのが実態だと理解しています。

  • 回答者:あまのじゃく (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  

野党再編を掲げて民主党との合併・合流を目論む代表の浅尾慶一郎氏に対して、合併・合流に反対する前代表の渡辺喜美氏と党内議員たちによる党内での路線対立です。
そもそも、みんなの党は地域主権の実現や脱官僚を掲げ行政改革や公務員制度改革を目指す政党であり、それに対して民主党は自治労・日教組・国交連合など公務員労働組合の集票に頼った公務員利権保護政党なので、路線違いの民主党と相容れることはできないと渡辺氏をはじめとする党内では反対する議員もおり、党内での路線の賛否による対立が続いた結果、結局党内の議員をまとめることは無理となり、みんなの党を解党することになりました。
解党後、民主党に合流したみんなの党の議員も出ている状況で、浅尾氏も自身の保身のためには合併・合流しかなく、自身の選挙区を楽にしたいという思惑があるのでしょう。

  • 回答者:とくめい (質問から7時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る