すべてのカテゴリ » マネー » その他

質問

終了

ポイントサイトで稼ぎたいために年会費無料のクレジットカード作りまくるとどんなデメリットがありますか?

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2015-01-19 10:05:39
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

・個人情報漏洩の危険性
入会されたカード会社は、合法的にあなたの住所・氏名・生年月日・性別・勤務先・年収・家族構成・個人資産等の個人情報を入手することになります。
入会の無料・有料問わず、カードを一切使わなくても、カードが増えることで、漏洩の危険性が高まる可能性があるでしょう。
カード会社も、個人情報は管理していますが、100%確実に守られる保証があるわけではなく、どのような事態で情報が流れるかわかりませんから、あらゆる事態を想定することを考慮するなら、カードを増やさない方が良いでしょう。

・カード管理の手間がかかる
クレジットカードを複数枚持てば、1ヵ月に引落日が複数回やってきます。
1ヵ月にあまりに頻繁に引落がくると口座の残高の確認などが大変で、引落しが1回にまとめられるというクレジットカードの魅力もなくなってしまいます。
また、財布を落とした時には、持っているクレジットカードのクレジットカード会社全てに連絡を入れなけらばなりません。
いくつかのクレジットカードは使わずに自宅に置いていたとしても、それはそれで普段使わないため、失くしても気づきにくいというリスクがあります。
クレジットカードを多く持っていると、どうしても管理がおろそかになり、不正利用されていたとしても気づきにくくなってしまいます。

・与信枠圧迫
クレジットカード会社などの金融機関は、その人の年収などの信用状態をもとにクレジットカードやローンサービスの審査をしています。
クレジットカードを複数枚持っていると、それだけ使える与信枠(ショッピング枠・キャッシング枠)が増えます。
新たにクレジットカードをつくる時や他のローンサービス(銀行のカードローン、住宅ローン、教育ローンなど)を利用する時に、その金融機関がその人の信用状態に対して他社の与信枠が多いと判断すると、利用を断られたり与信枠が減額されてしまいます。
クレジットカードのショッピング枠やキャッシング枠があれば、すぐに利用できるので金融機関もそれを考慮のうえで与信枠を決定します。

  • 回答者:とくめい (質問から6時間後)
  • 2
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る