すべてのカテゴリ » マネー » 企業・経営 » 会計・経理・財務

質問

終了

破綻した北海道拓殖銀行と北海道銀行はどちらが大きい銀行なのでしょうか。破綻する以前のイメージで構いません。

  • 質問者:小樽
  • 質問日時:2015-03-07 11:14:49
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

北海道拓殖銀行が都市銀行であるし、公的機関の指定銀行でしたので比較にならないくらいに大きかった。
名前のとおり拓殖のため地域貢献しながら、利益が少なくとも支店を作っていました。
少しバブルで投資方法を間違え、経営に穴を開けて、大蔵省が見せしめ的につぶしたのと、マネーゲームで株価が下がっておもちゃにされました。
北海道銀行との提携も、当時の北海道銀行頭取が大蔵省の出身で合併会見のときは勝ち誇った顔をしていました。
拓殖銀行のプライドが丸つぶれになりそうだったので、第二地銀の北洋に提携をゆだねたのです。
第二地銀は以前は相互銀行と呼ばれ、無尽から発生した品も格もない印象の金融機関で、そこに身をゆだねたのですから、拓殖の行員は北海道内で肩で風を切っていたのに(態度は横柄で)、相当無残な姿になってもと拓殖にいましたともいえない状態になっていましたよ。

  • 回答者:とくめい (質問から1日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

圧倒的に拓銀ですね。
北海道では支店数、貸出先数、貸出金額ともに最大の銀行であり、
取引のない中小企業はないと言ってもいいほどに地域に密着した都市銀行でしたから
破綻した経済的影響は計り知れません。

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

拓銀のほうが大きかったです!
道銀は地方銀行で主に道内展開ですが、拓銀は都市銀行で少ないながらも全国展開していました!

  • 回答者:拓銀スキー部はジャンプの名門 (質問から11時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る