すべてのカテゴリ » 趣味・エンターテイメント » 芸能・テレビ・ラジオ » テレビ・ドラマ・バラエティ

質問

終了

結局、デート〜恋とはどんなものかしら〜で作者は一番何を伝えたかったのですか?
メディア的観点(読み手と書き手)からみてどう考察、分析しますか?

  • 質問者:もふもふ
  • 質問日時:2015-04-11 14:06:12
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

メディア的観点ですか・・・

タイトルからすると、やはり「恋とはつらいものだ」ということだったんだろうと思うのですが。

つまり、恋愛不可能だった二人が初めてそれに前向きに取り組んでみた。

「ただひたすら甘い、楽しいものであろう」と幻想を抱いたが、そうではなかったという結論だったとは思います・・・

ただ、結婚が主目的だったので、はからずも「恋愛してしまった」という展開となり、全体に面白おかしく描かれていましたね。コメディとして成立させる、その辺が狙いだったんじゃないですかね?

  • 回答者:とくめい (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る