すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 社会

質問

終了

関連報道によって、危険とされる大涌谷周辺のみならず、箱根全体に訪れることが危険だと思われる風評被害が心配・・・というコメントがあったのですが、今、箱根を敬遠している人は、この点は、しっかりと把握していて、危険ではないけれども、大涌谷周辺以外箱根観光を、あえて楽しもうとまでは思わないからではないでしょうか?

この点で、風評被害が広がっている、心配というのとは違うのではないでしょうか??

  • 質問者:匿名希望
  • 質問日時:2015-05-08 18:22:16
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

箱根の大自然を楽しもうという人は少ないないはず。
その大自然観光で、大涌谷を外してしまうと、魅力は半減すると思う。
危険だからではなく、見どころの大きなひとつが無くなるから、その分、客が減るのは、当然だ。

安全なところが、危険と誤解されて、客が減ることが風評被害である。
危険なところは、危険であって、それで客が減っても、風評被害とは、言わない。

「風評被害」の使い方が、私も、おかしいと思う。

  • 回答者:団塊 (質問から4日後)
  • 0
この回答の満足度
  

たしかに危険ではないけれども、大涌谷周辺以外箱根観光を、あえて楽しもうとまでは思わないからだと思います・・・

  • 回答者:toshix (質問から4時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る