すべてのカテゴリ » 趣味・エンターテイメント » 本・雑誌・コミック » 書籍

質問

終了

私は、小さい頃から、物語を考えるのが、とても好きでした。
今もそうなのですが、

最近、素直に、物語を考えて、小説を作ることを楽しめないのです。

「長編書きたいけど、自信ないよ......。」

「出だしは書けたのに、展開が思いつかない。」

とか、色々悩んじゃって、
本来なら楽しいはずの、自由な創作が
辛いと思ってしまいます。

決して、将来 小説家になりたい!
と、思っている訳では無いのです。

ただ、趣味として、執筆を楽しみたいのです。

甘ったれたことを言って、すみません。

  • 質問者:チィナナ
  • 質問日時:2015-07-27 22:37:31
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

悩むのは当然ですよ。
簡単に出来てしまった作品なんて面白くもないでしょう。
ただ創作に行き詰るなんて事も珍しくはないことですから
自分の中の視野を広める事が大事だと思いますよ。
その為にいろいろなものに興味を持つことです。
どんな些細な事でも構わないですよ。それがきっかけになるなんて事も当然あるのですから。

  • 回答者:匿名 (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

趣味で小説書いてます。
私の場合は、そういう時はあえて書かない。
書くことから離れて全く別のことをしてみると、ある時から猛烈に書きたくなります。

書く時は動かないので、体を動かすのも良いです。
村上春樹さんが毎日マラソンしているのは有名ですよね。
書くための集中力も養われるそうです。

原因の一つとして、インプットとアウトプットのバランスがとれてないので、インプットを多くする。そうすれば自然とアウトプットされます。
離れてしまうと不安。どうしても書きたいのならば、書くのに必要な資料を集めたり読み込んだれすればいいと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から21分後)
  • 1
この回答の満足度
  
参考になりました。回答ありがとうございました。

小説家を志望していないなら
書きたいときにちょっとずつ書けばいいですよ。

  • 回答者:匿名 (質問から15分後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になりました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る