すべてのカテゴリ » 恋愛・人間関係の悩み » 夫婦・家族

質問

終了

初めまして。
私は三十代の独身女性ですが、同居している父と一年以上まともに話をしていません。
きっかけは些細なことで、父から頼まれた手伝い事に対して嫌な顔をしてしまったのが原因です。
その後もたまに話しかけられても常に喧嘩腰のためこちらも頭にきてしまい関係は一向に良くなりません。(話しかけられる内容は命令の様なものばかりです)
以前は父から楽しげに話しかけてくれたりしていたのですが、今はほぼ会話はない状態です。
私としてもこの現状を打開したく、話しかけては見るものの不機嫌な返事しか得られず会話は続きません。
不機嫌な理由を問うてもまともに答えてくれると思いません。
今更1年前の事を謝っても関係が改善されるとも思いませんが、私としても今後ずっとこの様な状況が続くのも耐えられません。以前は仲の良い親子関係だったと思います。
いい歳をしてお恥ずかしいのですが、何かご助言を頂ければとおもいます。

  • 質問者:けい
  • 質問日時:2015-08-14 22:09:28
  • 2

回答してくれたみんなへのお礼

ご回答くださった皆様、本当にありがとうございました。
私のようなもののために真剣に考えてくださる方がいらっしゃったことが本当に有難かったです。
すぐに解決できるとは思いませんが、以前通りにとは行かないまでも不仲ではない親子関係を築けるよう努力しようと思います。
本当にありがとうございました。
ソーシャルブックマークに登録する:

もしかしたらお父様はそろそろ更年期の年齢ではないでしょうか。
女性のイメージが強いですが、男性もなります。
そうでなくても段々と身体の不調が出で来る年代だと思いますから、なんとなく不安や鬱屈した思いがあるのではないでしょうか。
もしも更年期でしたら、治療したほうが良いです。

それと直接話すと上手くいかないならば、手紙を書いてみるのはどうでしよう。
今の気持ちや希望を書いてみる。
手紙は重いと思うならば、ちょっとした好物(お菓子とか)を買ってきて渡す時にポストイットに一言書いて一緒に渡してみるとか。手渡しは気恥ずかしかったら、なくさり気なくテーブルの上に置いて置くとかできますし。これは一度ではなく何度か繰り返して歩み寄りをはかってみる。

  • 回答者:匿名 (質問から4時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

お返事ありがとうございました。
大変ありがたく読ませていただきました。
父は昔から自分の思い通りにならないと怒る人でしたが、最近は怒ってばかりいますので私も認知症の前駆症状では無いかと恐れていましたが更年期の可能性もあるのですね。
受診を勧めたいのですがそれも馬鹿にしているのか、と怒鳴られそうで尻込みしてしまいます。
お菓子も家族のためにと言う名目で父の分も購入したりしていたのですが、「太るから」と言う理由で母を通して断られてしまいそれもできない状態です。
ただ、私の様な者のために親身になってご返答いただいたのが何より嬉しく感じます。繰り返しの歩み寄りが必要と言う言葉にも胸を打たれました。
本当にありがとうございました。

並び替え:

親子の関係は、身近に居過ぎて、難しくなる場合は多々あると思います。
私も、若いころ(20代から40代)は、そうでした。
理由は、父親が煙草を好むという、どこにでもある状況からでした。
母が、呼吸器系に弱点があったので、止めてほしいといっても、なかなか
応じてくれなかったりして、そんな些細(?)な事から、父を煙たがって
避けていて、口をきくのも、長く敬遠して、敬遠することから、なお
不愉快さが増して、全く、一方的に嫌がるようになり、そうなると、父も
私をどう扱っていいのか… ほんとうに、そんな時間がずっとありました。

ですが、親(父)が歳を重ね、体の不調がた度々あるようになると、今まで、
抱いていた感情は薄れ、徐々に、父をかばう心境に変わってきました。
私をこの世に産んでくれた親への感謝、愛おしさ、本来あるべき親子の絆が
私自身の中によみがえり、気持ちとしては、なくてはならない存在へと
変化していったのです。体が弱ってきたから、そうなったと言われれば
それまでかもしれませんが、私はそうは思ってはいません。
親と子というものは、かけがえのないものです。

切っても切れない血縁関係にある親子とは、そうなって
いくのではないでしょうか。

上手く、回答できていないかもしれませんが、質問者さまから、
半歩でも歩み寄ってみては如何でしょう。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

ご自身の体験も織り交ぜ貴重なお話を聞かせていただき、本当にありがとうございました。
確かに父も還暦も迎え、考えたくはありませんがこの先のことを考えると1日も早く以前のような関係を取り戻す必要があると感じています。
やはり煙たがられても少しずつでも歩み寄るよう、話しかけるように努力してみようと思います。
本当にありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る