すべてのカテゴリ » マネー » 保険・税金・年金 » 保険

質問

終了

保険の見直しについて
現在24歳 子なしの主婦です。
昨年かんぽの新ながいきくん(おたのしみ型)に加入しましたが、あまりよいものではないとの意見をネットで見ました。

基本保障500万
災害特約500万
入院特約 日額7500円

1ヶ月16250円の保険料で
36年で総額7020000円払うことになります。

担当してくれた方のお話では
54歳で解約すれば払込保険料累計が5850000円、解約金が5430000円でほとんど損はないと言う点を強調されましたが、実際のところはどうなのでしょうか?

無知なものでお恥ずかしいですが、お力添えをお願いいたします。

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2015-09-18 08:36:54
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

解約金が支払い金額を下回っているので、ほとんど損はないと言っても損していることには変わりありません。
基本的には、解約しても元本を下回らない保険に加入した方がいいですよ!

私も25歳で保険に加入しましたが(出産後)、満期を向かえた時点で解約しなければその後も利息がついて長く預けているほど戻り金が多い保険に加入しています。
年払いで18万程度のものです。

保険はいくつか入っていますが、これは学資保険も兼ねて加入しました。元が学資保険ではないので、死亡保証もしっかりついていて、死んだときには毎月10万ずつ振り込まれるようになっています。

今のところは、学資保険のつもりで入っていますが、学資金は別で貯金し、こちらの保険は満期以降も預けて老後の資金にしたいと考えています。(多分満期は子どもが18歳の時だった気がします)

保険に詳しくないのであれば、一つの保険会社で説明を受けるのではなく、FP(ファイナンシャルプランナー)に相談して決めた方がいいですよ。
一つの保険会社だけだと、自社の商品を売るために色々といいことばかり言われてしまいます。

FPは、様々な種類の保険を扱っているので、特定の保険を勧められるのではなく自分のライフプランに合ったものを提案してくれます。

まだ加入したばかりであれば、一度FPに相談してみてはいかがでしょうか?
数年後に解約となると支払ったお金が無駄になってしまうので、1日でも早い方が良いと思います。

この回答の満足度
  

少し新ながいきくん(おたのしみ型)について調べてみましたので書き直しますね。
一応この保険は生涯保障の終身保険の様なので
払込期間満了後からは蓄えた掛け金を食い潰して行く形になります。
基本保障は500万円ですが1年6ヶ月後からは倍額の1千万円の保障となり
掛け金の払い込み満了まで1千万円の保障が続きます。
ですから最終の掛け金が700万円位の支払いになっている様です。
基本保障500万円では75歳を過ぎて亡くなられた場合100万円の支払いなのですが
倍額の200万円となりこれが一生涯続くんじゃないのかな?
(高齢で亡くなったとしても葬式費用には十分な額)
災害特約と入院特約も一生涯

簡保の養老保険の新フリープランで基本保障を500万円の30年満期で設定した場合
掛け金の総額は558万円(月払い)
54歳までの保障内容はほぼ同じで満期に500万円の受け取りとなり
新ながいきくん(おたのしみ型)を54歳で解約した方が
16万円損失が少なくなるのでお得の様な感じになりますね。
(因みに私が加入していたのが養老保険の方です)

54歳で解約した方が良いか?払込満了期間まで支払って終身保障にした方が良いか?は
判断の難しいところ。
何故なら保険って若い時よりも歳とってから支払い請求する可能性の方が高いんですよ。
高齢で保険に加入すると掛け金が高いし下手すれば加入出来ない。
高齢で入れる医療保険の場合掛け捨てになりますが
これは預貯金で葬儀代費用に200万円以上残せば問題は解決するとも言える。
ただし30年後の保険体制がどの様になっているかは予測できないと言う問題はある。
私としては掛け金が支払えるのなら
解約せずに生涯保障を選んだ方が良いのでは?と思います。
一般的に高額の生命保険に加入するのは旦那さんの方が多いと思います。
例えば嫁さんが専業主婦なら旦那が急逝するとお金に困るでしょ?
嫁さんが急逝しても旦那は働き続ければお金には困らない。
それを考えれば主婦は終身保険ではなく医療保険で十分とも言えますから
54歳で解約して医療保険を考えても問題は無いと思います。
その時に魅力のある保険が無ければ解約せずに生涯保障を選べば良いのでは?

===補足===
それと参考までに言えば
死亡保障のみの1000万円の掛け捨て傷害保険で考えれば
掛け金は月々1000~2000円位じゃないかと思います。
http://www.rakuten-life.co.jp/event/dlp03/?sclid=a_sn_pc_g0001356&trflg=1
それに終身の医療保険を組み合わせるなんて方法もありますね。
この傷害保険の場合10年掛けで切り替え時には保険料も上がりますが
一時期クレジットカード会社やプロバイダなんかが団体契約で
傷害保険の勧誘していた時期があったんですよ。
(10年位前だから現在24歳の質問者さんでは縁のない話にはなりますが)
結局お得すぎて掛け金の改定が行われ加入当時より値上がりしましたが
補償年齢が75歳までなのでそれでもお得???
自動車の任意保険なんかもそうですが
景気がある程度良くて金利が高ければ保険会社の運用も良くなるので
好条件の保険に加入出来ますが
景気が悪くなり金利も低い、更に加入者への支払いが増えれば
加入条件は悪くなる事になります。
保険加入も投資と一緒で運によって特になったり損したり・・・
判断は難しいと思います。

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

わざわざ調べて頂いたそうで、本当にありがとうございます。とても分かりやすく説明していただき、勉強になりました。

今すぐ答えを出すことはできませんが、同じ保障でも様々な選択肢があることがわかり、視野がグッと広がりました。本当にありがとうございます。

私も勧められました。
私は他の保険に加入しているので入りませんでしたが
良い保険だとは思います。入っている間は保障が付いてるし
掛け捨てではないので他に保険に加入していないなら
入っても損はしないと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
お礼コメント

ありがとうございます。
初めて加入した保険なので、分からないことが多く、不安に思ったのでした。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る