すべてのカテゴリ » 知識・教養・学問 » 知識・学問 » 数学・サイエンス

質問

終了

単原子分子の気体なら
熱力学第1の法則より ΔU=Q+W
断熱した時はQ=0より ΔU=W
よって W=PΔV=nRΔT=ΔU
ここまでで間違いはないでしょうか?
ですが、単原子ならΔU=3/2nRΔTが使えると参考書に書いてあります。
これら2つの使い方の違いを教えてください。
どちらも成り立つなら、理由を教えてください。

  • 質問者:物理 熱力学
  • 質問日時:2015-10-07 21:07:31
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る