すべてのカテゴリ » 知識・教養・学問 » 知識・学問 » 経済・産業

質問

終了

インドネシアの高速鉄道計画について


中国・インドネシアの合弁会社が提示した案
・耐用年数、60年 など

政府側による改善案
・耐用年数、100年
・地質調査
・地震の早期警戒システムの設置
・一部駅の移転


●質問
・耐用年数60年は、短命ですか?
・中国に、早期警戒システムの技術、ありますか?
・この改善案は、無茶振りですか?
・何かあれば、一言。

  • 質問者:匿名希望
  • 質問日時:2016-02-04 01:51:53
  • 0

回答してくれたみんなへのお礼

回答、ありがとうございました。
ソーシャルブックマークに登録する:

・短命以前に60年耐用可能な技術を持っているのか疑問です。
・どうなんでしょうねぇ?
 事故があったら車両を埋めて隠蔽しようとする早期警戒システムでしたらシナは
 優れていると思いますが…
・どう見ても無茶でしょう。
 こんな無茶振り出してシナにあきらめさせようという魂胆でしょうか?
 まあシナは手抜きと捏造は得意な分野ですからウソをついて引き受ける可能性は
 ありそうですね。
・こんな無茶振りを出すなら日本は引き受けない方が良いでしょう。

  • 回答者:とくめい (質問から4時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る