すべてのカテゴリ » 知識・教養・学問 » 知識・学問 » 芸術・言語・文学

質問

終了

徒然草より家居のつきづきしく
後徳大寺大臣、綾小路宮それぞれの体験談が書かれた段落はこのお話の中でどのような意味をもたらしているのでしょうか?
期末考査で「筆者の考えをもとに六十字以内で」という条件で出題されました。
自分なりに考えて書いてはみましたが自信がありません。皆さんはどのように考えますか?

  • 質問者:
  • 質問日時:2016-07-05 09:52:51
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る