すべてのカテゴリ » 恋愛・人間関係の悩み » 夫婦・家族

質問

終了

よろしくお願いします。四年前に妻と離婚しました。現在子供は元妻がみております。養育費は払っておりません。
なぜかと言うと、離婚前妻の浮気が発覚し、元妻から離婚したいといってきました。しかし、子供がいるので抵抗したのですが、上記の通り4年前に離婚しました。その際、養育費は入らないから離婚してくれとの事でした。口約束になりますけど、養育費は僕が個人的に貯めておく事をつたえ、離婚にいたりましたが、現在になって養育費を要求してきました。払うのは当たり前かと思いますが、何かよい方法はないのでしょうか?

===補足===
補足させて頂きます。上記の質問から話をしても前に進まずだったので連絡を無視しておりました。その後、家庭裁判書から書類が届きました。提出して出向こうかとおもっておりますが、おそらく弁護士等立てているのかと思うのですが、何か、元妻の要望を全てのんでいるように思えどうにも納得できないです。不倫相手に対して慰謝料当の請求などは私は全く考えておりませんが、何か反発できる事などないでしょうか?よろしくお願いいたします。

  • 質問者:ばんち
  • 質問日時:2016-07-17 23:28:52
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

慰謝料を払う事を条件として突っぱねる事"がよろしいかと.

しかし、多分それははねつけてくるのでしょうね。
4年後というのは浮気の慰謝料請求の時効(知った時から2年)を狙ったものかもしれませんね。

しかし、今更、養育費の話をしてくるなんて実際の生活状態が窺い知れるというものですね。
これでは実際にお金を払ってもちゃんと養育に使うかどうか心配になりますね。
そもそも浮気は信頼の裏切り行為です。更にこれでは詐欺だと思います。

「信用してほしい」とか、親御さんが出てきて同じようなことを言ったとしても
浮気をいう負の実績を持つ者やその縁者に
信用などと言う言葉を簡単に言ってほしくないですよね。

もしも食い下がってくるようなら相手は法律※を盾に話をしてくると思います。
※養育費は子供の権利であり、受け取る養育者の問題とは切り離されたもの

しかし、浮気自体の時効は20年です。
こちらも事実を盾にこのような対応をしてはどうしょうか?

「子供との面会を条件としたい。」
「ちゃんと説明させてほしい。」
「毎月、子供合い、子供を大切に思っている事。」
「これらを伝えて、理解させたいし自分でも確認したい。」
「そして、それが実行されたら翌日に振り込む」

面会は法律上、正当な権利の履行ですし、信頼できない養育環境での
最悪な事態を避けることにもつながります。つまり、
その機会を持ち続ける事と事実を子供に伝える事、繋がりを持ち続けることは、
家庭環境に問題が生じれば父親に逃げるという選択肢を子供に与える事が出来もします。
それこそ子供の為です。

そして、これは暗にもう一つの意味を持ちますね。
「妻有責での離婚で止む無くこうしてお金を運んでくることで会いに来ることが出来る事」
「自分は子供を引き取りたかった事」
「妻が自分の罪の肩代わりとして、子供の養育費を天秤にかけた事。」
「そして今、妻はそれを反故にしてでもお金を欲しがっている事。」

詐欺師や悪意なき偽善者たちは
「子供が混乱する」などと言い、お金だけ要求するのかも知れません。

「子供が誤解し父親を恨むことを黙認しろというのなら
それに対する補償を求めたい」として返したいところですよね。
「本当に子供の事を考えているのなら、
 私を悪者にしてでも今の環境を守りたいというのなら、
 たからずに実力で示せ」と返してやりましょう。

そもそも誰が望んで今の事態を招いたのか。
思い出してもらいましょう。

どちらにせよ面会が断たれれば
有責者の都合のいい様に子供は洗脳されていきます。

子供に罪が無いのはもちろんですが、子供を盾にして
自分に都合のいいことばかり言う人間を信用出来ません。

今度こそ、ちゃんとした書面(公正証書)を交わし、
しっかり子供を陰から支えられる様に出来ると良いですね。

===補足===
いろいろ書きましたが、裁判所へは行ってください。
しかし、必ず離婚に強い弁護士の指示を受けてから臨むことを
お勧めします。

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

色々とありがとうございます!

並び替え:

wara-bさんのおっしゃる通り、養育費は子どもの権利であり、
子どもに罪は無いので、離婚時にどのような取り決めがあろうと
質問者様は支払う義務があります。
裁判になれば質問者様に支払い能力がある限り、支払わざるを得ません。

質問者様はお子様への愛情はお持ちですか?
そうであれば、離婚時のいきさつと現在の元奥様の状況を整理したうえで
親権を取りに行く手もあります。
ただし民事は現状維持を良しとしますので、元奥様の現状によっぽど
問題が無ければ難しいです。

浮気は病気でなかなか治らないものです。
別れさせ屋をやとって再度浮気させて証拠を押さえたり、裏の手を使って
元奥様を闇に落とし、育児能力無しと司法に判断させるのが良いかと。

この回答の満足度
  

誓約書が無いので何とも言えませんが、元妻は再婚は浮気相手としていないのでしょうか?
質問者さんは養育費を払う必要が無いと思います。
もう一度、離婚したときの元妻からの要望を思い出して、伝え、拒否してください。

できれば、電話でも録音をしたほうが良いと思います。

この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る