すべてのカテゴリ » 知識・教養・学問 » 知識・学問 » 歴史・地理

質問

終了

冷泉隆豊の辞世の句 「みもや立つ 雲も煙もなか空に さそいし風の 末ものこさず」の意味を教えてください

  • 質問者:なつ
  • 質問日時:2017-03-13 00:38:38
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

彼の辞世はネット上でも何首かあって、微妙に異なっていますね。
ただ、初句は「見よや立つ」で<みもや立つ>は、質問者様の記されたケースのみです。
結句の「末ものこさず」は<音も残らず>となっていますね。
質問者様の引用は教科書なのでしょうか。
彼の墓所を管理している教育委員会等に確認して、
再質問してみませんか。

  • 回答者:quiqui (質問から22時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

なるほど、何首かあるのですね!もう少し詳しく調べてみます^_^ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る