すべてのカテゴリ » 恋愛・人間関係の悩み » 夫婦・家族

質問

終了

母親の事で悩んでいます。
私は現在大学1年生です。
専攻が物理学で、素粒子などに興味を持っていて将来は大学院で博士号を取り、研究者になりたいと思っています。そのような将来のことを相談するたびに、母に否定され続けています。
下にも兄弟がいるので大学院に入ったら、学生機構で学費を借りて通おうと思ってると伝えたところ「借金するなんて男の発想」「そこまでして叶わないかもしれないじゃない」など次々と否定する言葉ばかり言ってきました。
今までの受験で応援された事がなく、いつも受かってから喜ばれました。
私は母に頑張れと応援して欲しかったのですが、どこの家庭もこんな感じなのでしょうか?
お金の事も、大学院を借金して通うなんて馬鹿げてると非難轟々でした。
母は20年以上専業主婦でこれからも働く気はないようです。
その為、収入が変わりません。
ビリギャルという映画で主人公の母親が娘の塾代の為に身を削りながらパートをしてる姿を見て涙が出ました。

  • 質問者:アイボリー
  • 質問日時:2017-07-03 00:46:53
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

学力がダントツに良ければ、特待生として迎えられ、
生活面の保障も得られるでしょう。
それが無理ならば、教師業等をしながら、研究者の道を歩みませんか。
ノーベル賞をゲットされた人が、そのような人生を経て来られたと
聞いたことがあります。
〈基本的に借金を背負うことは好ましいことではありませんので、
お勧めしません〉

とにかく、断トツの脳髄に磨き上げることが必要条件と思いつつ、
十分条件が整うようにシッカリ励んでください。

アナタさまは、もはや子どもではないのですから、
親の援助等は考えないことです。私の知り合いに、一切
親の援助無しに2つの大学を卒業した女性います。

子ども=10歳未満。

この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る