すべてのカテゴリ » 知識・教養・学問 » 知識・学問 » 哲学・宗教

質問

終了

私は幼い頃から冷めています。

例えば、どうして他の子が悪い事をしても親は怒らないのに、
自分の子供が悪いことすると怒るのか?
それは、「自分」が責任を取らなければならない為であり、
つまり「自分」が最も大切な証拠なんだ、とか、

「好き」と言われれば、私の中に「相手の利益」があるからで、
例えば私が精神異常だったり意地悪だったり暴力的だったりしたら「好き」とは言えないだろうと考えており、
「優しいから好き」とか「お金があるから好き」とか、「好き」には必ず条件があって、それがあれば誰だっていいわけですね。
だから、人はその人を愛しているんじゃなくて、「条件」が好きなんだと。

また、人から好意を寄せられるようにするのは簡単であり、条件を満たせばモテることなど容易で、それ故に恋愛に興味が全くありません。
人は「条件」を備えた人を好きになるだけで、「その人」を愛しているわけではないということです。
条件とは、優しさとか誠実さとか心の強さとか自己犠牲心とかです。
それを鍛える術を知っていたので、益々アホらしいと思っていました。

学生時代は、くだらない会話が多いと感じていて、超無口な生徒でした。
ただ、相談される事が多かったです。
精神学にしか興味がなく、学問はずっと平均でした。

今、25歳になりましたが、冷めた性格は変わっておりません。
また、話が通じる人とも巡り会っていません。
どなたか、理解できる方はいらっしゃいませんでしょうか。
色々お聞きしてみたいです。

===補足===
つまり、その条件によって自分が嬉しい・楽しいわけですから、
ようは自分が好きなのであって、相手が好きなんじゃないと。
精神異常でも意地悪でも暴力的でも相手の幸福を望めなければ愛ではないと思っておりました。
自分を愛しているから、トラブルが絶えないと。
また、生物学的に3年以上の恋愛はそもそも無理なので、ずっと恋愛が嫌いでした。

知人に理解できる方がいなかったのでこちらに投稿させていただきました。

  • 質問者:水野 早紀
  • 質問日時:2017-09-22 18:05:08
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

いろんな考えの人がいてあなたもその一人です。
私にとって人を愛するというのは、はしかみたいなもので
相手の条件にかかわらず一定期間、好きになってしまうことだと思っています。
その場合相手の条件(欠点)は目に入らないので、そのような状況で結婚してしまうと冷めたときに離婚の可能性も高くなります。
人を好きになるのには貴方が言うような条件も必要でしょう。
しかし良くも悪くもそれと関係なく人を好きになる、愛する人はたくさん居ます。
むしろ後者が多いと思っています。
親の子供に対する想いは特別で自分を犠牲にして子供につくします。
貴方の両親はそうではなかったのかもしれませんね。
>精神異常でも意地悪でも暴力的でも相手の幸福を望めなければ愛ではないと
このために不幸な生活を送っている人はたくさん居ます。
条件も必要でしょう。でもそれだけではありません。
もっとも貴方は、理解者が欲しいのであってこのような回答では納得しないでしょう。
ようはいろんな考えの人がいてあなたもその一人なのです。

この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る