すべてのカテゴリ » 趣味・エンターテイメント » 音楽 » その他

質問

終了

私は今中3の女子です。

私は小さい頃からk-popにあこがれていて、k-pop歌手になろうと思っていました。
歌も得意で、スタイルも良く、顔もいい方だったので、
周りの人からは、絶対なるべきだと言われてきました。

しかし、2年前に膠原病を発病してしまいました。
今の体調は良く、姿も前と大して変わったことはなく。
そして、今も歌手になりたい夢は変わりません。

2年間ずっと悩んでいたのですが、
両親は、私が本当にやりたがっていると感じてくれているらしく。
あなたがやりたいのならやれるところまで挑戦してみたら?
って言ってくれました。

しかし自分自身、やりたい気持ちとともに、病気の事で少し怖いと感じていて、
とても迷っています。

やはり、あきらめたほうがいいでしょうか?

どんなことでもいいので、意見をいただきたいです。
お願いします。

  • 質問者:sara24jiyun
  • 質問日時:2018-05-30 00:10:09
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

私は病気のことは詳しくはわからないのですが、中学生で膠原病、大変でしょう。昔、クラスメイトが膠原病でした。確かに、膠原病や治療でよく使われる薬(ステロイド)の副作用とかって見た目が変わったりすることもありますよね。私のクラスメイトも副作用でムーンフェイスが出ていましたし、感染予防のためにずっとマスクでした。
膠原病ですから、今は良くても何かがきっかけで悪くなったりするかもしれませんし、不安ですよね。

私自身の言葉ではないですが、良ければ「神門」というヒップホップアーティストの『なら、こう生きよう』という曲を聴いてみてください。私が人生の岐路に立った時、背中を押された曲です。あなたの質問を見て、是非聴いてみて欲しいと思った曲でもあります。以下私のお気に入りの歌詞を引用します。

“恐れることない真っすぐ進め どんな道でも歩いたら輝く 正解かなんて一生分からず どの道じゃなくどの足で歩く”

人生は選択の連続です。その選択が良かったなと思うことも後悔もあります。“やらない後悔”と“やって後悔”どっちがイヤかは人によりますし、諦めた方がいい、ともやってみればいい、ともあなたの人となりを知らない第三者があれこれ言うのは難しいです。しかし、あなた自身が2年悩んでまだ持ち続けている夢ですし、あなたにとって身近な人である親御さんも背中を押してくれているようなので、チャレンジしてみてもいいのではないかと私は思います。

  • 回答者:ナツ (質問から6時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

神門さんの曲聞いてみました。
とても励まされる曲でした。
私も、また迷ったときに聞きたいと思います。

お陰様で、勇気が出てきました。
オーディションなどで、
少しずつ挑戦してみたいと思います。

素敵な回答を
ありがとうございました。

並び替え:

夢を叶えるべきだと思います。病気のことは心配だけれど、後で「歌手になればよかった」と後悔するよりも、思い切ってやった方がいい。どうするかはあなた次第ですが、応援していますね!

この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る