すべてのカテゴリ » 知識・教養・学問 » 教養・マナー » 一般教養・雑学

質問

終了

中学校の成績証明書というものがあります。発行期限の5年間以内に発行したものです。その中のある教科の評定がどうしても納得出来なかったので、当時(中学校時代)の教師に抗議をしました。当時の教師が過ちを認めて、謝罪してくれました。それを受けて教育委員会のトップである学校教育課長が当該の教科の評定を書き換えてくれて、○○市教育委員会と書いてくれました。当該の教科の評定の部分には教育委員会で使用している更新という印鑑を押してくれました。書き換える前と後とどちらが有効だと思われますか。ご意見をお寄せください。

  • 質問者:山本修平
  • 質問日時:2018-06-07 08:23:11
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

有効なのは書き換えた後の物でしょう。
書き換え後に教育委員会で使用されている更新の印鑑が押されているのですから
そちらの方がお墨付きとして証明書扱いになると思います。

  • 回答者:とくめい (質問から17時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

有印私文書は、日付が新しいほうが有効。

この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る