すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 地震・災害

質問

終了

平成28年5月1日(日)午前10時50分頃、家島から姫路港に向け航行
中の姫路港沖約4キロメートルの播磨灘において、機関故障のため漂泊してい
た旅客船「しろやま」を発見し、乗客45名を救助した汽船はやなみ船長ほか
3名の方々に、平成28年5月18日に姫路海上保安部長から感謝状を贈呈し
ました。

感謝状を贈呈した方々
小林 勇太(こばやし ゆうた) 34歳(汽船はやなみ船長)
八田 昇 (はちだ のぼる) 66歳( 〃 乗組員)
楠田 誠二(くすだ せいじ) 39歳( 〃 乗組員)
前田 力 (まえだ ちから) 50歳( 〃 乗組員)

こんなことが本当にあるんだと感動。
誰か、救助とかしたことあります?

  • 質問者:abkegodng934
  • 質問日時:2017-02-24 17:14:57
  • 0

並び替え:

その事故は新聞で読んで覚えています。
機関故障で漂流している「しろやま」の近くで航行していた2隻の船に乗客を移して救助して
無事に姫路港に到着したのですよね。
この事故でケガ人が1人も出なくて良かったですよね。

陸上自衛隊にいた頃に北海道南西沖地震(平成5年)で救助活動した経験があります。
災害派遣で先遣隊に加わって奥尻島にヘリコプターに乗って行った時ヘリコプターから見たその惨状に驚愕しましたね。
被災地で警察官・海上保安庁・消防隊などと一緒に救助活動・行方不明者捜索・遺体回収などをしました。
この地震がキッカケで自衛官を辞めましたがテレビで阪神淡路大震災や東北地方太平洋沖地震の映像を見ると今でもあの時のことを思い出します。

  • 回答者:とくめい (質問から3時間後)
  • 3
この回答の満足度
  

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る