すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 国際

質問

終了

日本。
戦争で負けて、ボロボロになったにもかかわらず、すぐに戦後復興して先進国の仲間入り。
それはアメリカが、かつて敵国だったはずの日本を優遇したからだ。
日本に対する扱い方や処分はおかしい、甘すぎると思う外国人は多いのでは?
日本よ、アメリカの属国でよかったね?
ロシア(旧ソ連)の属国では北朝鮮のような国になっていて悲惨だったのにね?
なんて思ってる、ムカついてる、嫉妬してる外国人は多いのでは?

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2009-11-15 20:30:51
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

恐らく日本人の方では無いようですが
(歴史認識に間違いがあります。韓国の教科書でしょうか?)

確かに、日本の戦後の急速な復興に嫉妬している国が多いのは事実です。
東ドイツの例を見ればわかるようにロシアについていれば今のような経済発展は無かったでしょう。
ムカついている外国人は確かに多いと思いますが東アジア圏以外では非常に少ないかと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

処分が甘いとは 思ってはいません。

1行でいい。

  • 回答者:匿名 (質問から16時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

嫉妬している外国人は、少ないんちゃう?
100歩譲って米国が日本を優遇したとして、それは優遇するだけの価値があったからちゃいますか?
日本がいち早く復興したのは、そりゃあ朝鮮戦争特需があったからとか、いろんなことがあるやろうけど、最大の要素は、日本人が一丸となって頑張ったからでっせ。
歴史というのは確かに多面的な見方があり、また、多面的に見なければならんときもあるでしょう。しかしやね、過去のことに嫉妬うんぬんというのはナンセンスやで。

  • 回答者:匿名 (質問から15時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

本当に、アメリカが日本を優遇したと思っているのですか?
本当に、アメリカの日本に対する処分が甘過ぎたと思っているのですか?

正しい歴史認識のある人なら、外国人でも日本人でもそんな事思う人は居ませんよ!

復興は、戦後に一生懸命働いた先輩達のお陰です。

私達からすれば、
確かに共産圏や社会主義が出しゃばって来なくて良かったとは思います。
アメリカの交渉の旨さによる事もあるかとは思います。
しかし、それはアメリカの政策上又は戦略上から生じた事です。

アメリカが、日本を優遇したとするなら、
何故その様な事をしたのか、理由を教えて戴けますか?

  • 回答者:正しく歴史を勉強して! (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

そうかなぁ
戦後の日本を支えたのは、日本人の努力があったからだと思いますが・・・

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

知らんよ、外人にでも聞け。

  • 回答者:匿名希望 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になりました。回答ありがとうございました。

そうでもないっしょ

力があったから叩かれた

ちからがあったので復興した

  • 回答者: 匿名 (質問から22分後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

アメリカがかつて敵国だった日本を、それなりに対処したのは、アメリカ側の利害の考え

があってのことだと思います。他の国からすれば、異論はあったと思います。

ただ・・いまムカついて、嫉妬している国がいるかどうかはわかりません。

日本にとって、これからが大事だと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から15分後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

日本人の民族性ですよ!
真面目に 身を粉にして働く日本人 決して弱音を吐かない・・・・・「おしん」そのものです!
確かに、朝鮮動乱による特需で 生き返りましたが、この 民族性が無かったら、これほど早く 復興できなかったでしょう・・・・・
今の 若者に そんなヤツは・・・いてるかな???

  • 回答者:tokumei (質問から10分後)
  • 1
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る