すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 経済

質問

終了

米国が最上級の信用格付けを失うと
何が起こるの?

===補足===
最悪の場合不履行になり格付けが下がることでしょう。

国の威信にかけ不履行はないような気がするので
格付けが下がる時の影響が知りたいです。

ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

ドルの価格が下がります
そして 株価も・・・
世界大恐慌が起こります。

  • 回答者:匿名希望 (質問から3日後)
  • 0
この回答の満足度
  

ドルの価値が下がります。

  • 回答者:匿名 (質問から1日後)
  • 0
この回答の満足度
  

米国債が売り浴びせられ、ドルの信用がちに落ちます その後はどうなるかわかりません・・・

  • 回答者:匿名 (質問から1日後)
  • 0
この回答の満足度
  

破滅論者じゃありませんので、デフォルト云々、紙切れ云々については語りません。

国の格付けが下がると債権(国債)の信用が下がります。アメリカ自身に限って言えば国債発行の際に信用が落ちた分、余計に利息を払わなくてはいけなくなるので、国家運営にあたって足を引っ張る事になります。(新規の資金調達が不利になり、予算が組みにくくなる。新規発行国債の利払いが大きくなる)
新規新規と書いていますが、国債はロールオーバー(新たに国債を発行して、期限が来た過去の国債の償還に当てる)が多いので、過去発行した国債の分も影響を受けます。

アメリカに限った事ではありませんが、殆どの国は、国債購入者における外国人の割合が非常に高いです。アメリカ債を持っている外国人の立場から見れば、自分の資産残高が落ちる事を意味します。個人なら泣けば良いだけですが、金融機関ならば自己資本比率に影響しますので、最悪の場合は融資が出来なくなります。(いわゆる貸し渋りってやつ)
その結果、市場で負けてるものの銀行の温情でナントカ首の皮一枚繋がっているような瀕死重傷の会社は間違いなく御陀仏になるでしょう。失業者が増え、景気に影響を与えます。

日本政府は大量のドル債権を持っていますので、連鎖倒産の危機・・・と思うかもしれませんが、サムライ債(外国通貨での債権)は発行していませんし、日本国債の8割近くは日本人が買っていますので、円の価値は相対的に上がるでしょう。1ドル60円時代到来っすか。輸出産業死にますね。

まあ、長々書いてもしょうがないので一言で言えば、
物価高騰、景気最悪と。

  • 回答者:とくめい (質問から17時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

世界大恐慌が起きますね。
アメリカの国債などが、紙切れになりますね。
共和党とオバマの民主党の
自己保身のせめぎ合いをしていますから
8月2日までに、多分、決着はすると思いますが・・・。
格ずけが下がると、
ドル安になり、自然と円買いで
円高になり、日本の輸出企業は大赤字になり
不況で、失業者が溢れることになりますね。

  • 回答者:匿名 (質問から12時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
やや参考になりました。回答ありがとうございました。

世界恐慌みたいな状態になるかもしれません。

  • 回答者:匿名 (質問から11時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
回答ありがとうございました。

金融機関が米国債を処分したくても
格付けが下がったものを引き受けてくれないと思います。
資本力の無い金融機関は不良債権を処理できないので倒産すると思います。

  • 回答者:匿名 (質問から9時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
やや参考になりました。回答ありがとうございました。

世界が大変な事になると思います

  • 回答者:匿名 (質問から8時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
回答ありがとうございました。

仰るように、国の威信を掛けて不履行はないと思います。現在は、与党野党間の駆け引きの材料になっているのが事実と思います。

それにしても、アメリカの財政状況も良くないことは事実ですから、株式市場も低迷しているのだと思います。

万に一つ「不履行」が発生した場合は、間違いなく「世界大不況」が来ると思います。最大の債権国「中国」、「日本」の資産が大幅減価することを始め、世界中の債券市場、株式市場の相場低下が発生し、財政破綻をきたす国が続出することは間違いないと思います。

いくらなんでも、アメリカの議員達はそこまで馬鹿ではないでしょう。
と思っています。

  • 回答者:あまのじゃく (質問から7時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

非常に難しい問題だと思います、NY発世界恐慌が起こりかねません、投資家なんて、ささいな事でも一気に動く、例えばブラックマンデー等。
中国は大口の輸出先を失うのと同時に、今にも弾けそうな中国バブルが経済の流動性が落ちた時点で弾けるでしょう、日本にしても大口の輸出先が失うのに等しくなります。
北米、アジア、EUの均衡が取れて初めて安定するわけですから、その一画が崩れることは、どの位のダメージになるかは予想できません。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になりました。回答ありがとうございました。

私も詳しくは判りませんが、最悪の場合に債務不履行に陥り、日本が保有する米国債(7688億ドル分:2009.12時点)が、ただの紙くずとなる可能性があります。

また、日本だけではなく中国など色々な国が米国債を持っていますから、リーマンショック以上の経済的な津波が各国を襲うことになるでしょう・・・。

そうならないことを祈りたいものです・・・。

  • 回答者:うに (質問から11分後)
  • 0
この回答の満足度
  
回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る