すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 政治

質問

終了

太平洋戦争は日本の侵略戦争だったかどうか、よく議論を聞きますが、政府の公式見解はどうなっているのでしょうか?侵略戦争だと認めての損害賠償を関係国に支払っているのではないのでしょうか。

  • 質問者:匿名希望
  • 質問日時:2011-08-16 21:40:57
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

最終的に後出しジャンケンだと思います。所詮日本が負けたから悪になって侵略戦争って事になってますが、いろんな批評がありますが必ずしも、私は日本が悪だと思いません、簡単に言ってみると、日本が明らかに違う米国、その他の同盟国と負けるかもしれない戦争をしなければいけなかったのは何故でしょうね
凄く難しい問題ですね
これだけは、忘れていけないのは、先人の犠牲があるから今の日本の繁栄があるんだって言う事でしょう。 それを語ると戦争賛美とか書かれるといけないので、これで終えておきます
必ずしも、日本は悪だとは思いません
だから村山談話は軽率ではなかったかなと私は思います

===補足===
あなたも是非に、九段の丘靖国神社に行き遊就館に行くと新たなる考えが浮かぶと思いますよ、先人に感謝の気持ちが生まれるのではと思います

この回答の満足度
  

所謂「村山談話」で、公式に認めたものとされてはいますが、閣議決定の成立過程には、不自然な部分があります。
①閣議の前日に行われる事務次官会議に諮られていない。
 つまり…事務方の審議を経ていない。
②閣議の当日にいきなり提出された。
 つまり…誰もしっかりした審議と推敲のいとまを与えられていない。
③閣議の直前に「どうか何も言わずに了解してほしい」との根回しがあった。
 つまり…理非もクソもあったものではない。

また、大日本帝国政府と、日本政府との間には、敗戦によって米国に占領支配された経緯があり、一貫性のあるものではありません。
過去の政策を、現代の政権が勝手に批判する事には、何らの正当性もありはしません。
先の大戦は、当事国との様々な要因があって起きた事であって、歴史家ですらない政治家ごときが、侵略などと決め付ける権利など何処にもありません。
損害賠償については、サンフランシスコ平和条約に基づいて、対象国との取り決めが行われ、個別に賠償が行われたものですが、これらは戦争被害についての賠償であり、侵略戦争による賠償をしたという事実は何処にもありません。

  • 回答者:匿名 (質問から18時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

政府の公式見解ではきちんと侵略戦争だと認めていますね。

  • 回答者:匿名 (質問から14時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

みとめっています。

あの時代そうしなかったら
日本も植民地にされていたと思います。

  • 回答者:匿名   (質問から10時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

政府は侵略戦争を認めています。
賠償は東南アジアにODA援助が続いています。
中国向けODA援助は止めて欲しい。中国軍事費に貢いでいるようなもんです。

  • 回答者:匿名 (質問から9時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

公式見解は侵略戦争であることを認めています。

  • 回答者:初戦挑戦 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

戦は勝った者が正義で日本は負けたので悪です、無条件降伏したので政府の公式見解は「侵略戦争でした」です。

問題は政府が認めようが謝罪しようがイチャモンを付けてくる国があるということです。
まあ靖国参拝や戦地売春婦問題(従軍慰安婦問題)を最初に大騒ぎしたのは日本
(朝日新聞)ですがw

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 1
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る