すべてのカテゴリ » アンケート

質問

終了

monsterです。★女性限定☆ あなたなら、どうする? 彼の浮気疑惑編

こんにちは。

★回答いただくにあたり、教えてね あなたは ?
1. 既婚男性 2. 既婚女性 3. 独身男性(社会人) 4. 独身女性(社会人) 5. 男子学生 6. 女子学生

☆もし、実際に彼や旦那さんが浮気をしているとわかったら・・・
その時あなたは本音ではどうしますか ?  まあ、そういう事は無いと思いますが。

診断結果はすべてお礼のとこに貼りますので。 では、どうぞ !


あなたなら、どうする? ~彼の浮気疑惑編~

付き合ってそろそろ1年が経とうとする彼のタクミくん。
最初のころは結構ラブラブで楽しかった恋も、
最近は妙にお互い馴れ合いでデートもちょっとマンネリ気味。
以前は毎日電話にメールにいそしんでたのも、今ではメールこそあれ事務的だったり、
彼への不満もちょっとたまってきました。

そんなとき、共通の友人のナオミさんから
「なんかタクミさん、この前きれいな人と歩いてましたよ」ってタレコミが・・・。
「タクミったら浮気してるのかしら・・・」という不安がモクモクあなたの心に沸きあがってきます。

さて、あなたならどうしますか???

A.その日のうちに「ナオミから聞いたけど、この前、女の人と街を歩いていたんだって?
  誰?なんの用だったの?」と詰め寄る。

B.不安だけども週末のデートまでは何も気付かないふりして過ごし、
  デートの時の彼の態度から浮気の気配を探ろうとする。

C.ナオミさんに「ちょっと彼にそれとなく聞いてみてくれない?」と素行調査を依頼する。

D.「彼に限ってそんなことないわ」と聞かなかったことにする。

===補足===
★女性限定☆なのに・・・またボケちゃいました。

 2. 既婚女性  4. 独身女性(社会人)  6. 女子学生  でした。

訂正してお詫びします、ごめんなさい ベコリ !

回答してくれたみんなへのお礼

こんばんは。今から準備してコピペしますので。

回答ありがとうございました。

これ20問あります。ひまな方は自分でしてみてね。
http://www.counselingservice.jp/cgi-bin/MindTest/LoveLove/MindTestIN.cgi
これ30問あります。ひまな方は自分でしてみてね。
http://www.counselingservice.jp/cgi-bin/MindTest/Charm/MindTestIN.cgi
ソーシャルブックマークに登録する:

こんにちは。
4. 独身女性(社会人)です。

☆不安になって色々考えると思いますが聞いたり何もせず過ごします。

B.不安だけども週末のデートまでは何も気付かないふりして過ごし、
  デートの時の彼の態度から浮気の気配を探ろうとする。
実際に自分で見てないのでBです。

  • 回答者:もやし (質問から4分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんばんは、もやしさん。結果出ました、該当箇所を見て下さいね。

>☆不安になって色々考えると思いますが聞いたり何もせず過ごします。
気持ちを落ち着けて聞くことが出来るのですね。偉い ! (笑)

”A”のあなた

 詰め寄られた彼の心を考えてみましょう。
そのときのあなたの雰囲気次第では、質問というよりは尋問、尋問というよりは拷問という感じになってしまい、
彼は「いやいや、あれはなんでもないって。ほんまに。友達だって」とうそ臭い言い訳モードか、
「それはナオミの気のせいに決まってるだろ?俺を疑うのか?」と戦闘モードのどちらかしか選択肢が無くなってしまいますね。
前者は本当になんでもない場合でも、何かあるように聞こえてしまうものですし、後者はほぼ確実にあなたという人格を疑われる結果を招いてしまいます。

 あなたのこの積極性はとてもすばらしいのですが、それが一方的になってしまうのは眉唾もの。
彼にその真偽を確かめる場合は、彼が自由に安全に(!)話ができる雰囲気作りが大切です。
でも、コミュニケーションを取ろうとする姿勢はとってもいいものがありますので、後はやり方を学んでみましょう。


”B”のあなた

 デートまでのあなたはきっと不安がいっぱいで、作り笑いや楽しい振りをいつも以上にしてしまうかもしれません。
そして、デートのときもそのときの会話や景色や楽しみよりも彼の態度ばかりに注目してしまい、ある意味デートが上の空になってしまうのではないでしょうか。
それではせっかくのデートも楽しくないし、あなたもとても疲れてしまうのではないでしょうか。

 2,3時間なら鈍感なタクミ君に気付かれないかもしれませんが、それが1日中続けば「今日のお前何か変だぞ」って言われてしまうかもしれません。
そして、あなたがここで見せているパターンは、彼から本当のことを聞くのが怖いから不安を押し隠してしまう点で、この場面以外でも、いつも自分の感情を押し殺していないでしょうか。
そして、彼の顔色をうかがってしまったり、彼の態度に一喜一憂する依存的な部分もあるかもしれません。

あなたにとって彼とのコミュニケーションが一つのカギになってきます。
まずは、うれしいこと、楽しいことから伝えてみて、今まで気になっていた不満を伝えられるように少しずつ努力してみましょう。
そうすることによって、いきなり大爆発という災難を免れることができますね。


”C”のあなた

 一番安全策なようで、長期的に見ると二人の間に大きな溝を作るきっかけになりかねません。
ナオミさんは共通の友人ですから、タクミ君の味方でもありますね。だから「気軽にOKはしたものの・・・」というジレンマを招いてしまうかもしれません。
また、友達に頼ることはそれ自体は悪いことではないのですが、その調査結果が出てくるまで不安になったり、むかついたり、なかなか落ち着かないと思うんです。楽しめませんよね。

 そして、何よりも彼と電話したり、会うときのあなたの態度はどうなるでしょうか?
不信感がある分だけ、彼を疑いの目で見てしまいますよね。しかも、その調査結果が今回は「シロ(浮気の様子はない模様)」と出たとしても、次にまた問題が起きたときにもナオミさんの手を借りることになってしまいますし、彼への不信感はその結果によってもやはり残ってしまうでしょう。
それでは問題を乗り越えていくという意識がなかなかつきませんし、その結果を聞いたところで何も変わりませんね。
調査というのは結果を調べるもので、何らかの法廷資料として利用することはできても、二人の関係を高めるにはあまり役に立たないように思います。
友達に意見を聞くことは悪いことではありませんが、実際に行動するのは自分、と思っておくのが大切なようです。


”D”のあなた

 彼への信頼からその言葉が出てきたのか、それとも不安を隠すためにそう思いこむのかで大きな違いがあります。
ただ、ここで扱っているケースは「マンネリ」を感じているあなたですから、多くの場合は後者、いわゆる事勿れ主義に陥ってはいませんでしょうか。
自分の感情を押し殺したり、見なかったことにして抑圧することは心にその気持ちがごみのように溜まっていってしまいます。
そうすると、やがてそれが火山のように爆発してしまって収拾がつかなくなることも多くあります。

 今起きた問題は今二人で、あるいは今の自分が乗り越えていける問題ばかりです。
マンネリを感じているというのも、彼ではなく、あなたが何らかの変化を求められているということです。
そこでは「彼が浮気してるかもしれない」という不安な気持ちに正面から向き合うことが大切かもしれません。
この気持ちを押し隠すのはこの場面だけでしょうか?
きっと彼との関係で、職場で、友人関係で、こんなところが出てきているのではないでしょうか。

 このパターンがある人は実はとても繊細な人が多く、傷つきやすいのも確かです。でも、あなたの心はあなたのものです。
上手にケアしてあげる必要が心の健康のためには大切なこと。
自分の気持ちと向き合うのは勇気が要るかもしれませんが、頑張って乗り越えてみてください。

並び替え:

4. 独身女性(社会人)です。
Bです。
聞けないです。

  • 回答者:匿名 (質問から8時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんばんは、結果出ました、街頭箇所を見て下さいね。

訂正です 街頭箇所→該当箇所の誤りです、ごめんなさい !

>聞けないです。← 普通は聞けませんよね(笑)

”A”のあなた

 詰め寄られた彼の心を考えてみましょう。
そのときのあなたの雰囲気次第では、質問というよりは尋問、尋問というよりは拷問という感じになってしまい、
彼は「いやいや、あれはなんでもないって。ほんまに。友達だって」とうそ臭い言い訳モードか、
「それはナオミの気のせいに決まってるだろ?俺を疑うのか?」と戦闘モードのどちらかしか選択肢が無くなってしまいますね。
前者は本当になんでもない場合でも、何かあるように聞こえてしまうものですし、後者はほぼ確実にあなたという人格を疑われる結果を招いてしまいます。

 あなたのこの積極性はとてもすばらしいのですが、それが一方的になってしまうのは眉唾もの。
彼にその真偽を確かめる場合は、彼が自由に安全に(!)話ができる雰囲気作りが大切です。
でも、コミュニケーションを取ろうとする姿勢はとってもいいものがありますので、後はやり方を学んでみましょう。


”B”のあなた

 デートまでのあなたはきっと不安がいっぱいで、作り笑いや楽しい振りをいつも以上にしてしまうかもしれません。
そして、デートのときもそのときの会話や景色や楽しみよりも彼の態度ばかりに注目してしまい、ある意味デートが上の空になってしまうのではないでしょうか。
それではせっかくのデートも楽しくないし、あなたもとても疲れてしまうのではないでしょうか。

 2,3時間なら鈍感なタクミ君に気付かれないかもしれませんが、それが1日中続けば「今日のお前何か変だぞ」って言われてしまうかもしれません。
そして、あなたがここで見せているパターンは、彼から本当のことを聞くのが怖いから不安を押し隠してしまう点で、この場面以外でも、いつも自分の感情を押し殺していないでしょうか。
そして、彼の顔色をうかがってしまったり、彼の態度に一喜一憂する依存的な部分もあるかもしれません。

あなたにとって彼とのコミュニケーションが一つのカギになってきます。
まずは、うれしいこと、楽しいことから伝えてみて、今まで気になっていた不満を伝えられるように少しずつ努力してみましょう。
そうすることによって、いきなり大爆発という災難を免れることができますね。


”C”のあなた

 一番安全策なようで、長期的に見ると二人の間に大きな溝を作るきっかけになりかねません。
ナオミさんは共通の友人ですから、タクミ君の味方でもありますね。だから「気軽にOKはしたものの・・・」というジレンマを招いてしまうかもしれません。
また、友達に頼ることはそれ自体は悪いことではないのですが、その調査結果が出てくるまで不安になったり、むかついたり、なかなか落ち着かないと思うんです。楽しめませんよね。

 そして、何よりも彼と電話したり、会うときのあなたの態度はどうなるでしょうか?
不信感がある分だけ、彼を疑いの目で見てしまいますよね。しかも、その調査結果が今回は「シロ(浮気の様子はない模様)」と出たとしても、次にまた問題が起きたときにもナオミさんの手を借りることになってしまいますし、彼への不信感はその結果によってもやはり残ってしまうでしょう。
それでは問題を乗り越えていくという意識がなかなかつきませんし、その結果を聞いたところで何も変わりませんね。
調査というのは結果を調べるもので、何らかの法廷資料として利用することはできても、二人の関係を高めるにはあまり役に立たないように思います。
友達に意見を聞くことは悪いことではありませんが、実際に行動するのは自分、と思っておくのが大切なようです。


”D”のあなた

 彼への信頼からその言葉が出てきたのか、それとも不安を隠すためにそう思いこむのかで大きな違いがあります。
ただ、ここで扱っているケースは「マンネリ」を感じているあなたですから、多くの場合は後者、いわゆる事勿れ主義に陥ってはいませんでしょうか。
自分の感情を押し殺したり、見なかったことにして抑圧することは心にその気持ちがごみのように溜まっていってしまいます。
そうすると、やがてそれが火山のように爆発してしまって収拾がつかなくなることも多くあります。

 今起きた問題は今二人で、あるいは今の自分が乗り越えていける問題ばかりです。
マンネリを感じているというのも、彼ではなく、あなたが何らかの変化を求められているということです。
そこでは「彼が浮気してるかもしれない」という不安な気持ちに正面から向き合うことが大切かもしれません。
この気持ちを押し隠すのはこの場面だけでしょうか?
きっと彼との関係で、職場で、友人関係で、こんなところが出てきているのではないでしょうか。

 このパターンがある人は実はとても繊細な人が多く、傷つきやすいのも確かです。でも、あなたの心はあなたのものです。
上手にケアしてあげる必要が心の健康のためには大切なこと。
自分の気持ちと向き合うのは勇気が要るかもしれませんが、頑張って乗り越えてみてください。

4. 独身女性(社会人)

Bです。
気になるけど聞けないです。

  • 回答者:匿名 (質問から7時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんばんは、結果出ました、該当箇所を見て下さいね。

>気になるけど聞けないです。← これはねえ、繊細な問題ですしね。

”A”のあなた

 詰め寄られた彼の心を考えてみましょう。
そのときのあなたの雰囲気次第では、質問というよりは尋問、尋問というよりは拷問という感じになってしまい、
彼は「いやいや、あれはなんでもないって。ほんまに。友達だって」とうそ臭い言い訳モードか、
「それはナオミの気のせいに決まってるだろ?俺を疑うのか?」と戦闘モードのどちらかしか選択肢が無くなってしまいますね。
前者は本当になんでもない場合でも、何かあるように聞こえてしまうものですし、後者はほぼ確実にあなたという人格を疑われる結果を招いてしまいます。

 あなたのこの積極性はとてもすばらしいのですが、それが一方的になってしまうのは眉唾もの。
彼にその真偽を確かめる場合は、彼が自由に安全に(!)話ができる雰囲気作りが大切です。
でも、コミュニケーションを取ろうとする姿勢はとってもいいものがありますので、後はやり方を学んでみましょう。


”B”のあなた

 デートまでのあなたはきっと不安がいっぱいで、作り笑いや楽しい振りをいつも以上にしてしまうかもしれません。
そして、デートのときもそのときの会話や景色や楽しみよりも彼の態度ばかりに注目してしまい、ある意味デートが上の空になってしまうのではないでしょうか。
それではせっかくのデートも楽しくないし、あなたもとても疲れてしまうのではないでしょうか。

 2,3時間なら鈍感なタクミ君に気付かれないかもしれませんが、それが1日中続けば「今日のお前何か変だぞ」って言われてしまうかもしれません。
そして、あなたがここで見せているパターンは、彼から本当のことを聞くのが怖いから不安を押し隠してしまう点で、この場面以外でも、いつも自分の感情を押し殺していないでしょうか。
そして、彼の顔色をうかがってしまったり、彼の態度に一喜一憂する依存的な部分もあるかもしれません。

あなたにとって彼とのコミュニケーションが一つのカギになってきます。
まずは、うれしいこと、楽しいことから伝えてみて、今まで気になっていた不満を伝えられるように少しずつ努力してみましょう。
そうすることによって、いきなり大爆発という災難を免れることができますね。


”C”のあなた

 一番安全策なようで、長期的に見ると二人の間に大きな溝を作るきっかけになりかねません。
ナオミさんは共通の友人ですから、タクミ君の味方でもありますね。だから「気軽にOKはしたものの・・・」というジレンマを招いてしまうかもしれません。
また、友達に頼ることはそれ自体は悪いことではないのですが、その調査結果が出てくるまで不安になったり、むかついたり、なかなか落ち着かないと思うんです。楽しめませんよね。

 そして、何よりも彼と電話したり、会うときのあなたの態度はどうなるでしょうか?
不信感がある分だけ、彼を疑いの目で見てしまいますよね。しかも、その調査結果が今回は「シロ(浮気の様子はない模様)」と出たとしても、次にまた問題が起きたときにもナオミさんの手を借りることになってしまいますし、彼への不信感はその結果によってもやはり残ってしまうでしょう。
それでは問題を乗り越えていくという意識がなかなかつきませんし、その結果を聞いたところで何も変わりませんね。
調査というのは結果を調べるもので、何らかの法廷資料として利用することはできても、二人の関係を高めるにはあまり役に立たないように思います。
友達に意見を聞くことは悪いことではありませんが、実際に行動するのは自分、と思っておくのが大切なようです。


”D”のあなた

 彼への信頼からその言葉が出てきたのか、それとも不安を隠すためにそう思いこむのかで大きな違いがあります。
ただ、ここで扱っているケースは「マンネリ」を感じているあなたですから、多くの場合は後者、いわゆる事勿れ主義に陥ってはいませんでしょうか。
自分の感情を押し殺したり、見なかったことにして抑圧することは心にその気持ちがごみのように溜まっていってしまいます。
そうすると、やがてそれが火山のように爆発してしまって収拾がつかなくなることも多くあります。

 今起きた問題は今二人で、あるいは今の自分が乗り越えていける問題ばかりです。
マンネリを感じているというのも、彼ではなく、あなたが何らかの変化を求められているということです。
そこでは「彼が浮気してるかもしれない」という不安な気持ちに正面から向き合うことが大切かもしれません。
この気持ちを押し隠すのはこの場面だけでしょうか?
きっと彼との関係で、職場で、友人関係で、こんなところが出てきているのではないでしょうか。

 このパターンがある人は実はとても繊細な人が多く、傷つきやすいのも確かです。でも、あなたの心はあなたのものです。
上手にケアしてあげる必要が心の健康のためには大切なこと。
自分の気持ちと向き合うのは勇気が要るかもしれませんが、頑張って乗り越えてみてください。

6. 女子学生

B.不安だけども週末のデートまでは何も気付かないふりして過ごし、
  デートの時の彼の態度から浮気の気配を探ろうとする。

そして、気配を感じたらAをします(笑)

  • 回答者:匿名 (質問から6時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんばんは、結果出ました、該当箇所を見て下さいね。

>そして、気配を感じたらAをします(笑)←なるほどね(笑) 気持ち良くわかります。

”A”のあなた

 詰め寄られた彼の心を考えてみましょう。
そのときのあなたの雰囲気次第では、質問というよりは尋問、尋問というよりは拷問という感じになってしまい、
彼は「いやいや、あれはなんでもないって。ほんまに。友達だって」とうそ臭い言い訳モードか、
「それはナオミの気のせいに決まってるだろ?俺を疑うのか?」と戦闘モードのどちらかしか選択肢が無くなってしまいますね。
前者は本当になんでもない場合でも、何かあるように聞こえてしまうものですし、後者はほぼ確実にあなたという人格を疑われる結果を招いてしまいます。

 あなたのこの積極性はとてもすばらしいのですが、それが一方的になってしまうのは眉唾もの。
彼にその真偽を確かめる場合は、彼が自由に安全に(!)話ができる雰囲気作りが大切です。
でも、コミュニケーションを取ろうとする姿勢はとってもいいものがありますので、後はやり方を学んでみましょう。


”B”のあなた

 デートまでのあなたはきっと不安がいっぱいで、作り笑いや楽しい振りをいつも以上にしてしまうかもしれません。
そして、デートのときもそのときの会話や景色や楽しみよりも彼の態度ばかりに注目してしまい、ある意味デートが上の空になってしまうのではないでしょうか。
それではせっかくのデートも楽しくないし、あなたもとても疲れてしまうのではないでしょうか。

 2,3時間なら鈍感なタクミ君に気付かれないかもしれませんが、それが1日中続けば「今日のお前何か変だぞ」って言われてしまうかもしれません。
そして、あなたがここで見せているパターンは、彼から本当のことを聞くのが怖いから不安を押し隠してしまう点で、この場面以外でも、いつも自分の感情を押し殺していないでしょうか。
そして、彼の顔色をうかがってしまったり、彼の態度に一喜一憂する依存的な部分もあるかもしれません。

あなたにとって彼とのコミュニケーションが一つのカギになってきます。
まずは、うれしいこと、楽しいことから伝えてみて、今まで気になっていた不満を伝えられるように少しずつ努力してみましょう。
そうすることによって、いきなり大爆発という災難を免れることができますね。


”C”のあなた

 一番安全策なようで、長期的に見ると二人の間に大きな溝を作るきっかけになりかねません。
ナオミさんは共通の友人ですから、タクミ君の味方でもありますね。だから「気軽にOKはしたものの・・・」というジレンマを招いてしまうかもしれません。
また、友達に頼ることはそれ自体は悪いことではないのですが、その調査結果が出てくるまで不安になったり、むかついたり、なかなか落ち着かないと思うんです。楽しめませんよね。

 そして、何よりも彼と電話したり、会うときのあなたの態度はどうなるでしょうか?
不信感がある分だけ、彼を疑いの目で見てしまいますよね。しかも、その調査結果が今回は「シロ(浮気の様子はない模様)」と出たとしても、次にまた問題が起きたときにもナオミさんの手を借りることになってしまいますし、彼への不信感はその結果によってもやはり残ってしまうでしょう。
それでは問題を乗り越えていくという意識がなかなかつきませんし、その結果を聞いたところで何も変わりませんね。
調査というのは結果を調べるもので、何らかの法廷資料として利用することはできても、二人の関係を高めるにはあまり役に立たないように思います。
友達に意見を聞くことは悪いことではありませんが、実際に行動するのは自分、と思っておくのが大切なようです。


”D”のあなた

 彼への信頼からその言葉が出てきたのか、それとも不安を隠すためにそう思いこむのかで大きな違いがあります。
ただ、ここで扱っているケースは「マンネリ」を感じているあなたですから、多くの場合は後者、いわゆる事勿れ主義に陥ってはいませんでしょうか。
自分の感情を押し殺したり、見なかったことにして抑圧することは心にその気持ちがごみのように溜まっていってしまいます。
そうすると、やがてそれが火山のように爆発してしまって収拾がつかなくなることも多くあります。

 今起きた問題は今二人で、あるいは今の自分が乗り越えていける問題ばかりです。
マンネリを感じているというのも、彼ではなく、あなたが何らかの変化を求められているということです。
そこでは「彼が浮気してるかもしれない」という不安な気持ちに正面から向き合うことが大切かもしれません。
この気持ちを押し隠すのはこの場面だけでしょうか?
きっと彼との関係で、職場で、友人関係で、こんなところが出てきているのではないでしょうか。

 このパターンがある人は実はとても繊細な人が多く、傷つきやすいのも確かです。でも、あなたの心はあなたのものです。
上手にケアしてあげる必要が心の健康のためには大切なこと。
自分の気持ちと向き合うのは勇気が要るかもしれませんが、頑張って乗り越えてみてください。

4. 独身女性(社会人)
B.不安だけども週末のデートまでは何も気付かないふりして過ごし、
  デートの時の彼の態度から浮気の気配を探ろうとする。

  • 回答者:匿名希望 (質問から5時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんばんは、結果出ました、該当箇所を見て下さいね。

”A”のあなた

 詰め寄られた彼の心を考えてみましょう。
そのときのあなたの雰囲気次第では、質問というよりは尋問、尋問というよりは拷問という感じになってしまい、
彼は「いやいや、あれはなんでもないって。ほんまに。友達だって」とうそ臭い言い訳モードか、
「それはナオミの気のせいに決まってるだろ?俺を疑うのか?」と戦闘モードのどちらかしか選択肢が無くなってしまいますね。
前者は本当になんでもない場合でも、何かあるように聞こえてしまうものですし、後者はほぼ確実にあなたという人格を疑われる結果を招いてしまいます。

 あなたのこの積極性はとてもすばらしいのですが、それが一方的になってしまうのは眉唾もの。
彼にその真偽を確かめる場合は、彼が自由に安全に(!)話ができる雰囲気作りが大切です。
でも、コミュニケーションを取ろうとする姿勢はとってもいいものがありますので、後はやり方を学んでみましょう。


”B”のあなた

 デートまでのあなたはきっと不安がいっぱいで、作り笑いや楽しい振りをいつも以上にしてしまうかもしれません。
そして、デートのときもそのときの会話や景色や楽しみよりも彼の態度ばかりに注目してしまい、ある意味デートが上の空になってしまうのではないでしょうか。
それではせっかくのデートも楽しくないし、あなたもとても疲れてしまうのではないでしょうか。

 2,3時間なら鈍感なタクミ君に気付かれないかもしれませんが、それが1日中続けば「今日のお前何か変だぞ」って言われてしまうかもしれません。
そして、あなたがここで見せているパターンは、彼から本当のことを聞くのが怖いから不安を押し隠してしまう点で、この場面以外でも、いつも自分の感情を押し殺していないでしょうか。
そして、彼の顔色をうかがってしまったり、彼の態度に一喜一憂する依存的な部分もあるかもしれません。

あなたにとって彼とのコミュニケーションが一つのカギになってきます。
まずは、うれしいこと、楽しいことから伝えてみて、今まで気になっていた不満を伝えられるように少しずつ努力してみましょう。
そうすることによって、いきなり大爆発という災難を免れることができますね。


”C”のあなた

 一番安全策なようで、長期的に見ると二人の間に大きな溝を作るきっかけになりかねません。
ナオミさんは共通の友人ですから、タクミ君の味方でもありますね。だから「気軽にOKはしたものの・・・」というジレンマを招いてしまうかもしれません。
また、友達に頼ることはそれ自体は悪いことではないのですが、その調査結果が出てくるまで不安になったり、むかついたり、なかなか落ち着かないと思うんです。楽しめませんよね。

 そして、何よりも彼と電話したり、会うときのあなたの態度はどうなるでしょうか?
不信感がある分だけ、彼を疑いの目で見てしまいますよね。しかも、その調査結果が今回は「シロ(浮気の様子はない模様)」と出たとしても、次にまた問題が起きたときにもナオミさんの手を借りることになってしまいますし、彼への不信感はその結果によってもやはり残ってしまうでしょう。
それでは問題を乗り越えていくという意識がなかなかつきませんし、その結果を聞いたところで何も変わりませんね。
調査というのは結果を調べるもので、何らかの法廷資料として利用することはできても、二人の関係を高めるにはあまり役に立たないように思います。
友達に意見を聞くことは悪いことではありませんが、実際に行動するのは自分、と思っておくのが大切なようです。


”D”のあなた

 彼への信頼からその言葉が出てきたのか、それとも不安を隠すためにそう思いこむのかで大きな違いがあります。
ただ、ここで扱っているケースは「マンネリ」を感じているあなたですから、多くの場合は後者、いわゆる事勿れ主義に陥ってはいませんでしょうか。
自分の感情を押し殺したり、見なかったことにして抑圧することは心にその気持ちがごみのように溜まっていってしまいます。
そうすると、やがてそれが火山のように爆発してしまって収拾がつかなくなることも多くあります。

 今起きた問題は今二人で、あるいは今の自分が乗り越えていける問題ばかりです。
マンネリを感じているというのも、彼ではなく、あなたが何らかの変化を求められているということです。
そこでは「彼が浮気してるかもしれない」という不安な気持ちに正面から向き合うことが大切かもしれません。
この気持ちを押し隠すのはこの場面だけでしょうか?
きっと彼との関係で、職場で、友人関係で、こんなところが出てきているのではないでしょうか。

 このパターンがある人は実はとても繊細な人が多く、傷つきやすいのも確かです。でも、あなたの心はあなたのものです。
上手にケアしてあげる必要が心の健康のためには大切なこと。
自分の気持ちと向き合うのは勇気が要るかもしれませんが、頑張って乗り越えてみてください。

こんにちは 可愛いネコちゃんさん

2既婚女性 
D「彼に限ってそんなことないわ」と聞かなかったことにする。

ですね。
そのうち天が定めたようになるでしょ。

  • 回答者:美猫 (質問から5時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんばんは、美猫さん。結果出ました、街頭箇所を見て下さいね。

>そのうち天が定めたようになるでしょ。← 愛無き、修羅場とかすことも(笑)

”A”のあなた

 詰め寄られた彼の心を考えてみましょう。
そのときのあなたの雰囲気次第では、質問というよりは尋問、尋問というよりは拷問という感じになってしまい、
彼は「いやいや、あれはなんでもないって。ほんまに。友達だって」とうそ臭い言い訳モードか、
「それはナオミの気のせいに決まってるだろ?俺を疑うのか?」と戦闘モードのどちらかしか選択肢が無くなってしまいますね。
前者は本当になんでもない場合でも、何かあるように聞こえてしまうものですし、後者はほぼ確実にあなたという人格を疑われる結果を招いてしまいます。

 あなたのこの積極性はとてもすばらしいのですが、それが一方的になってしまうのは眉唾もの。
彼にその真偽を確かめる場合は、彼が自由に安全に(!)話ができる雰囲気作りが大切です。
でも、コミュニケーションを取ろうとする姿勢はとってもいいものがありますので、後はやり方を学んでみましょう。


”B”のあなた

 デートまでのあなたはきっと不安がいっぱいで、作り笑いや楽しい振りをいつも以上にしてしまうかもしれません。
そして、デートのときもそのときの会話や景色や楽しみよりも彼の態度ばかりに注目してしまい、ある意味デートが上の空になってしまうのではないでしょうか。
それではせっかくのデートも楽しくないし、あなたもとても疲れてしまうのではないでしょうか。

 2,3時間なら鈍感なタクミ君に気付かれないかもしれませんが、それが1日中続けば「今日のお前何か変だぞ」って言われてしまうかもしれません。
そして、あなたがここで見せているパターンは、彼から本当のことを聞くのが怖いから不安を押し隠してしまう点で、この場面以外でも、いつも自分の感情を押し殺していないでしょうか。
そして、彼の顔色をうかがってしまったり、彼の態度に一喜一憂する依存的な部分もあるかもしれません。

あなたにとって彼とのコミュニケーションが一つのカギになってきます。
まずは、うれしいこと、楽しいことから伝えてみて、今まで気になっていた不満を伝えられるように少しずつ努力してみましょう。
そうすることによって、いきなり大爆発という災難を免れることができますね。


”C”のあなた

 一番安全策なようで、長期的に見ると二人の間に大きな溝を作るきっかけになりかねません。
ナオミさんは共通の友人ですから、タクミ君の味方でもありますね。だから「気軽にOKはしたものの・・・」というジレンマを招いてしまうかもしれません。
また、友達に頼ることはそれ自体は悪いことではないのですが、その調査結果が出てくるまで不安になったり、むかついたり、なかなか落ち着かないと思うんです。楽しめませんよね。

 そして、何よりも彼と電話したり、会うときのあなたの態度はどうなるでしょうか?
不信感がある分だけ、彼を疑いの目で見てしまいますよね。しかも、その調査結果が今回は「シロ(浮気の様子はない模様)」と出たとしても、次にまた問題が起きたときにもナオミさんの手を借りることになってしまいますし、彼への不信感はその結果によってもやはり残ってしまうでしょう。
それでは問題を乗り越えていくという意識がなかなかつきませんし、その結果を聞いたところで何も変わりませんね。
調査というのは結果を調べるもので、何らかの法廷資料として利用することはできても、二人の関係を高めるにはあまり役に立たないように思います。
友達に意見を聞くことは悪いことではありませんが、実際に行動するのは自分、と思っておくのが大切なようです。


”D”のあなた

 彼への信頼からその言葉が出てきたのか、それとも不安を隠すためにそう思いこむのかで大きな違いがあります。
ただ、ここで扱っているケースは「マンネリ」を感じているあなたですから、多くの場合は後者、いわゆる事勿れ主義に陥ってはいませんでしょうか。
自分の感情を押し殺したり、見なかったことにして抑圧することは心にその気持ちがごみのように溜まっていってしまいます。
そうすると、やがてそれが火山のように爆発してしまって収拾がつかなくなることも多くあります。

 今起きた問題は今二人で、あるいは今の自分が乗り越えていける問題ばかりです。
マンネリを感じているというのも、彼ではなく、あなたが何らかの変化を求められているということです。
そこでは「彼が浮気してるかもしれない」という不安な気持ちに正面から向き合うことが大切かもしれません。
この気持ちを押し隠すのはこの場面だけでしょうか?
きっと彼との関係で、職場で、友人関係で、こんなところが出てきているのではないでしょうか。

 このパターンがある人は実はとても繊細な人が多く、傷つきやすいのも確かです。でも、あなたの心はあなたのものです。
上手にケアしてあげる必要が心の健康のためには大切なこと。
自分の気持ちと向き合うのは勇気が要るかもしれませんが、頑張って乗り越えてみてください。

すみません・・・該当箇所を見て下さいね。の誤りです。

こんにちは 既婚女性 です
不安だけども週末のデートまでは何も気付かないふりして過ごし、
  デートの時の彼の態度から浮気の気配を探ろうとする。

  • 回答者:ちなみに (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんばんは、ちなみにさん。結果出ました、街頭箇所を見て下さいね。

”A”のあなた

 詰め寄られた彼の心を考えてみましょう。
そのときのあなたの雰囲気次第では、質問というよりは尋問、尋問というよりは拷問という感じになってしまい、
彼は「いやいや、あれはなんでもないって。ほんまに。友達だって」とうそ臭い言い訳モードか、
「それはナオミの気のせいに決まってるだろ?俺を疑うのか?」と戦闘モードのどちらかしか選択肢が無くなってしまいますね。
前者は本当になんでもない場合でも、何かあるように聞こえてしまうものですし、後者はほぼ確実にあなたという人格を疑われる結果を招いてしまいます。

 あなたのこの積極性はとてもすばらしいのですが、それが一方的になってしまうのは眉唾もの。
彼にその真偽を確かめる場合は、彼が自由に安全に(!)話ができる雰囲気作りが大切です。
でも、コミュニケーションを取ろうとする姿勢はとってもいいものがありますので、後はやり方を学んでみましょう。


”B”のあなた

 デートまでのあなたはきっと不安がいっぱいで、作り笑いや楽しい振りをいつも以上にしてしまうかもしれません。
そして、デートのときもそのときの会話や景色や楽しみよりも彼の態度ばかりに注目してしまい、ある意味デートが上の空になってしまうのではないでしょうか。
それではせっかくのデートも楽しくないし、あなたもとても疲れてしまうのではないでしょうか。

 2,3時間なら鈍感なタクミ君に気付かれないかもしれませんが、それが1日中続けば「今日のお前何か変だぞ」って言われてしまうかもしれません。
そして、あなたがここで見せているパターンは、彼から本当のことを聞くのが怖いから不安を押し隠してしまう点で、この場面以外でも、いつも自分の感情を押し殺していないでしょうか。
そして、彼の顔色をうかがってしまったり、彼の態度に一喜一憂する依存的な部分もあるかもしれません。

あなたにとって彼とのコミュニケーションが一つのカギになってきます。
まずは、うれしいこと、楽しいことから伝えてみて、今まで気になっていた不満を伝えられるように少しずつ努力してみましょう。
そうすることによって、いきなり大爆発という災難を免れることができますね。


”C”のあなた

 一番安全策なようで、長期的に見ると二人の間に大きな溝を作るきっかけになりかねません。
ナオミさんは共通の友人ですから、タクミ君の味方でもありますね。だから「気軽にOKはしたものの・・・」というジレンマを招いてしまうかもしれません。
また、友達に頼ることはそれ自体は悪いことではないのですが、その調査結果が出てくるまで不安になったり、むかついたり、なかなか落ち着かないと思うんです。楽しめませんよね。

 そして、何よりも彼と電話したり、会うときのあなたの態度はどうなるでしょうか?
不信感がある分だけ、彼を疑いの目で見てしまいますよね。しかも、その調査結果が今回は「シロ(浮気の様子はない模様)」と出たとしても、次にまた問題が起きたときにもナオミさんの手を借りることになってしまいますし、彼への不信感はその結果によってもやはり残ってしまうでしょう。
それでは問題を乗り越えていくという意識がなかなかつきませんし、その結果を聞いたところで何も変わりませんね。
調査というのは結果を調べるもので、何らかの法廷資料として利用することはできても、二人の関係を高めるにはあまり役に立たないように思います。
友達に意見を聞くことは悪いことではありませんが、実際に行動するのは自分、と思っておくのが大切なようです。


”D”のあなた

 彼への信頼からその言葉が出てきたのか、それとも不安を隠すためにそう思いこむのかで大きな違いがあります。
ただ、ここで扱っているケースは「マンネリ」を感じているあなたですから、多くの場合は後者、いわゆる事勿れ主義に陥ってはいませんでしょうか。
自分の感情を押し殺したり、見なかったことにして抑圧することは心にその気持ちがごみのように溜まっていってしまいます。
そうすると、やがてそれが火山のように爆発してしまって収拾がつかなくなることも多くあります。

 今起きた問題は今二人で、あるいは今の自分が乗り越えていける問題ばかりです。
マンネリを感じているというのも、彼ではなく、あなたが何らかの変化を求められているということです。
そこでは「彼が浮気してるかもしれない」という不安な気持ちに正面から向き合うことが大切かもしれません。
この気持ちを押し隠すのはこの場面だけでしょうか?
きっと彼との関係で、職場で、友人関係で、こんなところが出てきているのではないでしょうか。

 このパターンがある人は実はとても繊細な人が多く、傷つきやすいのも確かです。でも、あなたの心はあなたのものです。
上手にケアしてあげる必要が心の健康のためには大切なこと。
自分の気持ちと向き合うのは勇気が要るかもしれませんが、頑張って乗り越えてみてください。

すみません・・・該当箇所を見て下さいね。の誤りです。.

こんにちは。
既婚女性。

A.その日のうちに「ナオミから聞いたけど、この前、女の人と街を歩いていたんだって?
  誰?なんの用だったの?」と詰め寄る。  かな。

  • 回答者:♪ (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんばんは、♪さん、結果出ました、街頭箇所を見て下さいね。

本当はもっと激しかったり(笑)

”A”のあなた

 詰め寄られた彼の心を考えてみましょう。
そのときのあなたの雰囲気次第では、質問というよりは尋問、尋問というよりは拷問という感じになってしまい、
彼は「いやいや、あれはなんでもないって。ほんまに。友達だって」とうそ臭い言い訳モードか、
「それはナオミの気のせいに決まってるだろ?俺を疑うのか?」と戦闘モードのどちらかしか選択肢が無くなってしまいますね。
前者は本当になんでもない場合でも、何かあるように聞こえてしまうものですし、後者はほぼ確実にあなたという人格を疑われる結果を招いてしまいます。

 あなたのこの積極性はとてもすばらしいのですが、それが一方的になってしまうのは眉唾もの。
彼にその真偽を確かめる場合は、彼が自由に安全に(!)話ができる雰囲気作りが大切です。
でも、コミュニケーションを取ろうとする姿勢はとってもいいものがありますので、後はやり方を学んでみましょう。


”B”のあなた

 デートまでのあなたはきっと不安がいっぱいで、作り笑いや楽しい振りをいつも以上にしてしまうかもしれません。
そして、デートのときもそのときの会話や景色や楽しみよりも彼の態度ばかりに注目してしまい、ある意味デートが上の空になってしまうのではないでしょうか。
それではせっかくのデートも楽しくないし、あなたもとても疲れてしまうのではないでしょうか。

 2,3時間なら鈍感なタクミ君に気付かれないかもしれませんが、それが1日中続けば「今日のお前何か変だぞ」って言われてしまうかもしれません。
そして、あなたがここで見せているパターンは、彼から本当のことを聞くのが怖いから不安を押し隠してしまう点で、この場面以外でも、いつも自分の感情を押し殺していないでしょうか。
そして、彼の顔色をうかがってしまったり、彼の態度に一喜一憂する依存的な部分もあるかもしれません。

あなたにとって彼とのコミュニケーションが一つのカギになってきます。
まずは、うれしいこと、楽しいことから伝えてみて、今まで気になっていた不満を伝えられるように少しずつ努力してみましょう。
そうすることによって、いきなり大爆発という災難を免れることができますね。


”C”のあなた

 一番安全策なようで、長期的に見ると二人の間に大きな溝を作るきっかけになりかねません。
ナオミさんは共通の友人ですから、タクミ君の味方でもありますね。だから「気軽にOKはしたものの・・・」というジレンマを招いてしまうかもしれません。
また、友達に頼ることはそれ自体は悪いことではないのですが、その調査結果が出てくるまで不安になったり、むかついたり、なかなか落ち着かないと思うんです。楽しめませんよね。

 そして、何よりも彼と電話したり、会うときのあなたの態度はどうなるでしょうか?
不信感がある分だけ、彼を疑いの目で見てしまいますよね。しかも、その調査結果が今回は「シロ(浮気の様子はない模様)」と出たとしても、次にまた問題が起きたときにもナオミさんの手を借りることになってしまいますし、彼への不信感はその結果によってもやはり残ってしまうでしょう。
それでは問題を乗り越えていくという意識がなかなかつきませんし、その結果を聞いたところで何も変わりませんね。
調査というのは結果を調べるもので、何らかの法廷資料として利用することはできても、二人の関係を高めるにはあまり役に立たないように思います。
友達に意見を聞くことは悪いことではありませんが、実際に行動するのは自分、と思っておくのが大切なようです。


”D”のあなた

 彼への信頼からその言葉が出てきたのか、それとも不安を隠すためにそう思いこむのかで大きな違いがあります。
ただ、ここで扱っているケースは「マンネリ」を感じているあなたですから、多くの場合は後者、いわゆる事勿れ主義に陥ってはいませんでしょうか。
自分の感情を押し殺したり、見なかったことにして抑圧することは心にその気持ちがごみのように溜まっていってしまいます。
そうすると、やがてそれが火山のように爆発してしまって収拾がつかなくなることも多くあります。

 今起きた問題は今二人で、あるいは今の自分が乗り越えていける問題ばかりです。
マンネリを感じているというのも、彼ではなく、あなたが何らかの変化を求められているということです。
そこでは「彼が浮気してるかもしれない」という不安な気持ちに正面から向き合うことが大切かもしれません。
この気持ちを押し隠すのはこの場面だけでしょうか?
きっと彼との関係で、職場で、友人関係で、こんなところが出てきているのではないでしょうか。

 このパターンがある人は実はとても繊細な人が多く、傷つきやすいのも確かです。でも、あなたの心はあなたのものです。
上手にケアしてあげる必要が心の健康のためには大切なこと。
自分の気持ちと向き合うのは勇気が要るかもしれませんが、頑張って乗り越えてみてください。

すみません・・・該当箇所を見て下さいね。の誤りです。.

独身女性


A.その日のうちに「ナオミから聞いたけど、この前、女の人と街を歩いていたんだって?
  誰?なんの用だったの?」と詰め寄る。


姐さんのボケがうつりました?

  • 回答者:プーさんのママ (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんばんは、結果出ました、街頭箇所を見て下さいね。

はい、もう感染しました(笑) ボケてますよね、これで2度目ですよ(笑)

”A”のあなた

 詰め寄られた彼の心を考えてみましょう。
そのときのあなたの雰囲気次第では、質問というよりは尋問、尋問というよりは拷問という感じになってしまい、
彼は「いやいや、あれはなんでもないって。ほんまに。友達だって」とうそ臭い言い訳モードか、
「それはナオミの気のせいに決まってるだろ?俺を疑うのか?」と戦闘モードのどちらかしか選択肢が無くなってしまいますね。
前者は本当になんでもない場合でも、何かあるように聞こえてしまうものですし、後者はほぼ確実にあなたという人格を疑われる結果を招いてしまいます。

 あなたのこの積極性はとてもすばらしいのですが、それが一方的になってしまうのは眉唾もの。
彼にその真偽を確かめる場合は、彼が自由に安全に(!)話ができる雰囲気作りが大切です。
でも、コミュニケーションを取ろうとする姿勢はとってもいいものがありますので、後はやり方を学んでみましょう。


”B”のあなた

 デートまでのあなたはきっと不安がいっぱいで、作り笑いや楽しい振りをいつも以上にしてしまうかもしれません。
そして、デートのときもそのときの会話や景色や楽しみよりも彼の態度ばかりに注目してしまい、ある意味デートが上の空になってしまうのではないでしょうか。
それではせっかくのデートも楽しくないし、あなたもとても疲れてしまうのではないでしょうか。

 2,3時間なら鈍感なタクミ君に気付かれないかもしれませんが、それが1日中続けば「今日のお前何か変だぞ」って言われてしまうかもしれません。
そして、あなたがここで見せているパターンは、彼から本当のことを聞くのが怖いから不安を押し隠してしまう点で、この場面以外でも、いつも自分の感情を押し殺していないでしょうか。
そして、彼の顔色をうかがってしまったり、彼の態度に一喜一憂する依存的な部分もあるかもしれません。

あなたにとって彼とのコミュニケーションが一つのカギになってきます。
まずは、うれしいこと、楽しいことから伝えてみて、今まで気になっていた不満を伝えられるように少しずつ努力してみましょう。
そうすることによって、いきなり大爆発という災難を免れることができますね。


”C”のあなた

 一番安全策なようで、長期的に見ると二人の間に大きな溝を作るきっかけになりかねません。
ナオミさんは共通の友人ですから、タクミ君の味方でもありますね。だから「気軽にOKはしたものの・・・」というジレンマを招いてしまうかもしれません。
また、友達に頼ることはそれ自体は悪いことではないのですが、その調査結果が出てくるまで不安になったり、むかついたり、なかなか落ち着かないと思うんです。楽しめませんよね。

 そして、何よりも彼と電話したり、会うときのあなたの態度はどうなるでしょうか?
不信感がある分だけ、彼を疑いの目で見てしまいますよね。しかも、その調査結果が今回は「シロ(浮気の様子はない模様)」と出たとしても、次にまた問題が起きたときにもナオミさんの手を借りることになってしまいますし、彼への不信感はその結果によってもやはり残ってしまうでしょう。
それでは問題を乗り越えていくという意識がなかなかつきませんし、その結果を聞いたところで何も変わりませんね。
調査というのは結果を調べるもので、何らかの法廷資料として利用することはできても、二人の関係を高めるにはあまり役に立たないように思います。
友達に意見を聞くことは悪いことではありませんが、実際に行動するのは自分、と思っておくのが大切なようです。


”D”のあなた

 彼への信頼からその言葉が出てきたのか、それとも不安を隠すためにそう思いこむのかで大きな違いがあります。
ただ、ここで扱っているケースは「マンネリ」を感じているあなたですから、多くの場合は後者、いわゆる事勿れ主義に陥ってはいませんでしょうか。
自分の感情を押し殺したり、見なかったことにして抑圧することは心にその気持ちがごみのように溜まっていってしまいます。
そうすると、やがてそれが火山のように爆発してしまって収拾がつかなくなることも多くあります。

 今起きた問題は今二人で、あるいは今の自分が乗り越えていける問題ばかりです。
マンネリを感じているというのも、彼ではなく、あなたが何らかの変化を求められているということです。
そこでは「彼が浮気してるかもしれない」という不安な気持ちに正面から向き合うことが大切かもしれません。
この気持ちを押し隠すのはこの場面だけでしょうか?
きっと彼との関係で、職場で、友人関係で、こんなところが出てきているのではないでしょうか。

 このパターンがある人は実はとても繊細な人が多く、傷つきやすいのも確かです。でも、あなたの心はあなたのものです。
上手にケアしてあげる必要が心の健康のためには大切なこと。
自分の気持ちと向き合うのは勇気が要るかもしれませんが、頑張って乗り越えてみてください。

すみません・・・該当箇所を見て下さいね。の誤りです。.

2 B
なかなか直接は聞きにくいですね。

  • 回答者:匿名希望 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんばんは、結果出ました、該当箇所を見て下さいね。

”A”のあなた

 詰め寄られた彼の心を考えてみましょう。
そのときのあなたの雰囲気次第では、質問というよりは尋問、尋問というよりは拷問という感じになってしまい、
彼は「いやいや、あれはなんでもないって。ほんまに。友達だって」とうそ臭い言い訳モードか、
「それはナオミの気のせいに決まってるだろ?俺を疑うのか?」と戦闘モードのどちらかしか選択肢が無くなってしまいますね。
前者は本当になんでもない場合でも、何かあるように聞こえてしまうものですし、後者はほぼ確実にあなたという人格を疑われる結果を招いてしまいます。

 あなたのこの積極性はとてもすばらしいのですが、それが一方的になってしまうのは眉唾もの。
彼にその真偽を確かめる場合は、彼が自由に安全に(!)話ができる雰囲気作りが大切です。
でも、コミュニケーションを取ろうとする姿勢はとってもいいものがありますので、後はやり方を学んでみましょう。


”B”のあなた

 デートまでのあなたはきっと不安がいっぱいで、作り笑いや楽しい振りをいつも以上にしてしまうかもしれません。
そして、デートのときもそのときの会話や景色や楽しみよりも彼の態度ばかりに注目してしまい、ある意味デートが上の空になってしまうのではないでしょうか。
それではせっかくのデートも楽しくないし、あなたもとても疲れてしまうのではないでしょうか。

 2,3時間なら鈍感なタクミ君に気付かれないかもしれませんが、それが1日中続けば「今日のお前何か変だぞ」って言われてしまうかもしれません。
そして、あなたがここで見せているパターンは、彼から本当のことを聞くのが怖いから不安を押し隠してしまう点で、この場面以外でも、いつも自分の感情を押し殺していないでしょうか。
そして、彼の顔色をうかがってしまったり、彼の態度に一喜一憂する依存的な部分もあるかもしれません。

あなたにとって彼とのコミュニケーションが一つのカギになってきます。
まずは、うれしいこと、楽しいことから伝えてみて、今まで気になっていた不満を伝えられるように少しずつ努力してみましょう。
そうすることによって、いきなり大爆発という災難を免れることができますね。


”C”のあなた

 一番安全策なようで、長期的に見ると二人の間に大きな溝を作るきっかけになりかねません。
ナオミさんは共通の友人ですから、タクミ君の味方でもありますね。だから「気軽にOKはしたものの・・・」というジレンマを招いてしまうかもしれません。
また、友達に頼ることはそれ自体は悪いことではないのですが、その調査結果が出てくるまで不安になったり、むかついたり、なかなか落ち着かないと思うんです。楽しめませんよね。

 そして、何よりも彼と電話したり、会うときのあなたの態度はどうなるでしょうか?
不信感がある分だけ、彼を疑いの目で見てしまいますよね。しかも、その調査結果が今回は「シロ(浮気の様子はない模様)」と出たとしても、次にまた問題が起きたときにもナオミさんの手を借りることになってしまいますし、彼への不信感はその結果によってもやはり残ってしまうでしょう。
それでは問題を乗り越えていくという意識がなかなかつきませんし、その結果を聞いたところで何も変わりませんね。
調査というのは結果を調べるもので、何らかの法廷資料として利用することはできても、二人の関係を高めるにはあまり役に立たないように思います。
友達に意見を聞くことは悪いことではありませんが、実際に行動するのは自分、と思っておくのが大切なようです。


”D”のあなた

 彼への信頼からその言葉が出てきたのか、それとも不安を隠すためにそう思いこむのかで大きな違いがあります。
ただ、ここで扱っているケースは「マンネリ」を感じているあなたですから、多くの場合は後者、いわゆる事勿れ主義に陥ってはいませんでしょうか。
自分の感情を押し殺したり、見なかったことにして抑圧することは心にその気持ちがごみのように溜まっていってしまいます。
そうすると、やがてそれが火山のように爆発してしまって収拾がつかなくなることも多くあります。

 今起きた問題は今二人で、あるいは今の自分が乗り越えていける問題ばかりです。
マンネリを感じているというのも、彼ではなく、あなたが何らかの変化を求められているということです。
そこでは「彼が浮気してるかもしれない」という不安な気持ちに正面から向き合うことが大切かもしれません。
この気持ちを押し隠すのはこの場面だけでしょうか?
きっと彼との関係で、職場で、友人関係で、こんなところが出てきているのではないでしょうか。

 このパターンがある人は実はとても繊細な人が多く、傷つきやすいのも確かです。でも、あなたの心はあなたのものです。
上手にケアしてあげる必要が心の健康のためには大切なこと。
自分の気持ちと向き合うのは勇気が要るかもしれませんが、頑張って乗り越えてみてください。

4. 独身女性(社会人)

A.その日のうちに「ナオミから聞いたけど、この前、女の人と街を歩いていたんだって?
  誰?なんの用だったの?」と詰め寄る。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんばんは、結果出ました、該当箇所を見て下さいね。

”A”のあなた

 詰め寄られた彼の心を考えてみましょう。
そのときのあなたの雰囲気次第では、質問というよりは尋問、尋問というよりは拷問という感じになってしまい、
彼は「いやいや、あれはなんでもないって。ほんまに。友達だって」とうそ臭い言い訳モードか、
「それはナオミの気のせいに決まってるだろ?俺を疑うのか?」と戦闘モードのどちらかしか選択肢が無くなってしまいますね。
前者は本当になんでもない場合でも、何かあるように聞こえてしまうものですし、後者はほぼ確実にあなたという人格を疑われる結果を招いてしまいます。

 あなたのこの積極性はとてもすばらしいのですが、それが一方的になってしまうのは眉唾もの。
彼にその真偽を確かめる場合は、彼が自由に安全に(!)話ができる雰囲気作りが大切です。
でも、コミュニケーションを取ろうとする姿勢はとってもいいものがありますので、後はやり方を学んでみましょう。


”B”のあなた

 デートまでのあなたはきっと不安がいっぱいで、作り笑いや楽しい振りをいつも以上にしてしまうかもしれません。
そして、デートのときもそのときの会話や景色や楽しみよりも彼の態度ばかりに注目してしまい、ある意味デートが上の空になってしまうのではないでしょうか。
それではせっかくのデートも楽しくないし、あなたもとても疲れてしまうのではないでしょうか。

 2,3時間なら鈍感なタクミ君に気付かれないかもしれませんが、それが1日中続けば「今日のお前何か変だぞ」って言われてしまうかもしれません。
そして、あなたがここで見せているパターンは、彼から本当のことを聞くのが怖いから不安を押し隠してしまう点で、この場面以外でも、いつも自分の感情を押し殺していないでしょうか。
そして、彼の顔色をうかがってしまったり、彼の態度に一喜一憂する依存的な部分もあるかもしれません。

あなたにとって彼とのコミュニケーションが一つのカギになってきます。
まずは、うれしいこと、楽しいことから伝えてみて、今まで気になっていた不満を伝えられるように少しずつ努力してみましょう。
そうすることによって、いきなり大爆発という災難を免れることができますね。


”C”のあなた

 一番安全策なようで、長期的に見ると二人の間に大きな溝を作るきっかけになりかねません。
ナオミさんは共通の友人ですから、タクミ君の味方でもありますね。だから「気軽にOKはしたものの・・・」というジレンマを招いてしまうかもしれません。
また、友達に頼ることはそれ自体は悪いことではないのですが、その調査結果が出てくるまで不安になったり、むかついたり、なかなか落ち着かないと思うんです。楽しめませんよね。

 そして、何よりも彼と電話したり、会うときのあなたの態度はどうなるでしょうか?
不信感がある分だけ、彼を疑いの目で見てしまいますよね。しかも、その調査結果が今回は「シロ(浮気の様子はない模様)」と出たとしても、次にまた問題が起きたときにもナオミさんの手を借りることになってしまいますし、彼への不信感はその結果によってもやはり残ってしまうでしょう。
それでは問題を乗り越えていくという意識がなかなかつきませんし、その結果を聞いたところで何も変わりませんね。
調査というのは結果を調べるもので、何らかの法廷資料として利用することはできても、二人の関係を高めるにはあまり役に立たないように思います。
友達に意見を聞くことは悪いことではありませんが、実際に行動するのは自分、と思っておくのが大切なようです。


”D”のあなた

 彼への信頼からその言葉が出てきたのか、それとも不安を隠すためにそう思いこむのかで大きな違いがあります。
ただ、ここで扱っているケースは「マンネリ」を感じているあなたですから、多くの場合は後者、いわゆる事勿れ主義に陥ってはいませんでしょうか。
自分の感情を押し殺したり、見なかったことにして抑圧することは心にその気持ちがごみのように溜まっていってしまいます。
そうすると、やがてそれが火山のように爆発してしまって収拾がつかなくなることも多くあります。

 今起きた問題は今二人で、あるいは今の自分が乗り越えていける問題ばかりです。
マンネリを感じているというのも、彼ではなく、あなたが何らかの変化を求められているということです。
そこでは「彼が浮気してるかもしれない」という不安な気持ちに正面から向き合うことが大切かもしれません。
この気持ちを押し隠すのはこの場面だけでしょうか?
きっと彼との関係で、職場で、友人関係で、こんなところが出てきているのではないでしょうか。

 このパターンがある人は実はとても繊細な人が多く、傷つきやすいのも確かです。でも、あなたの心はあなたのものです。
上手にケアしてあげる必要が心の健康のためには大切なこと。
自分の気持ちと向き合うのは勇気が要るかもしれませんが、頑張って乗り越えてみてください。

4独身女性(社会人)

いや~そんな話ききたくないけど
Aをやっちゃうかもw

すぐに聞きたい気持ちと相手の様子で
わかると思うので聞いちゃいますね。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんばんは、結果出ました、街頭箇所を見て下さいね。

>すぐに聞きたい気持ちと相手の様子で
確かに気持ちは焦るし・・難しいですね。

”A”のあなた

 詰め寄られた彼の心を考えてみましょう。
そのときのあなたの雰囲気次第では、質問というよりは尋問、尋問というよりは拷問という感じになってしまい、
彼は「いやいや、あれはなんでもないって。ほんまに。友達だって」とうそ臭い言い訳モードか、
「それはナオミの気のせいに決まってるだろ?俺を疑うのか?」と戦闘モードのどちらかしか選択肢が無くなってしまいますね。
前者は本当になんでもない場合でも、何かあるように聞こえてしまうものですし、後者はほぼ確実にあなたという人格を疑われる結果を招いてしまいます。

 あなたのこの積極性はとてもすばらしいのですが、それが一方的になってしまうのは眉唾もの。
彼にその真偽を確かめる場合は、彼が自由に安全に(!)話ができる雰囲気作りが大切です。
でも、コミュニケーションを取ろうとする姿勢はとってもいいものがありますので、後はやり方を学んでみましょう。


”B”のあなた

 デートまでのあなたはきっと不安がいっぱいで、作り笑いや楽しい振りをいつも以上にしてしまうかもしれません。
そして、デートのときもそのときの会話や景色や楽しみよりも彼の態度ばかりに注目してしまい、ある意味デートが上の空になってしまうのではないでしょうか。
それではせっかくのデートも楽しくないし、あなたもとても疲れてしまうのではないでしょうか。

 2,3時間なら鈍感なタクミ君に気付かれないかもしれませんが、それが1日中続けば「今日のお前何か変だぞ」って言われてしまうかもしれません。
そして、あなたがここで見せているパターンは、彼から本当のことを聞くのが怖いから不安を押し隠してしまう点で、この場面以外でも、いつも自分の感情を押し殺していないでしょうか。
そして、彼の顔色をうかがってしまったり、彼の態度に一喜一憂する依存的な部分もあるかもしれません。

あなたにとって彼とのコミュニケーションが一つのカギになってきます。
まずは、うれしいこと、楽しいことから伝えてみて、今まで気になっていた不満を伝えられるように少しずつ努力してみましょう。
そうすることによって、いきなり大爆発という災難を免れることができますね。


”C”のあなた

 一番安全策なようで、長期的に見ると二人の間に大きな溝を作るきっかけになりかねません。
ナオミさんは共通の友人ですから、タクミ君の味方でもありますね。だから「気軽にOKはしたものの・・・」というジレンマを招いてしまうかもしれません。
また、友達に頼ることはそれ自体は悪いことではないのですが、その調査結果が出てくるまで不安になったり、むかついたり、なかなか落ち着かないと思うんです。楽しめませんよね。

 そして、何よりも彼と電話したり、会うときのあなたの態度はどうなるでしょうか?
不信感がある分だけ、彼を疑いの目で見てしまいますよね。しかも、その調査結果が今回は「シロ(浮気の様子はない模様)」と出たとしても、次にまた問題が起きたときにもナオミさんの手を借りることになってしまいますし、彼への不信感はその結果によってもやはり残ってしまうでしょう。
それでは問題を乗り越えていくという意識がなかなかつきませんし、その結果を聞いたところで何も変わりませんね。
調査というのは結果を調べるもので、何らかの法廷資料として利用することはできても、二人の関係を高めるにはあまり役に立たないように思います。
友達に意見を聞くことは悪いことではありませんが、実際に行動するのは自分、と思っておくのが大切なようです。


”D”のあなた

 彼への信頼からその言葉が出てきたのか、それとも不安を隠すためにそう思いこむのかで大きな違いがあります。
ただ、ここで扱っているケースは「マンネリ」を感じているあなたですから、多くの場合は後者、いわゆる事勿れ主義に陥ってはいませんでしょうか。
自分の感情を押し殺したり、見なかったことにして抑圧することは心にその気持ちがごみのように溜まっていってしまいます。
そうすると、やがてそれが火山のように爆発してしまって収拾がつかなくなることも多くあります。

 今起きた問題は今二人で、あるいは今の自分が乗り越えていける問題ばかりです。
マンネリを感じているというのも、彼ではなく、あなたが何らかの変化を求められているということです。
そこでは「彼が浮気してるかもしれない」という不安な気持ちに正面から向き合うことが大切かもしれません。
この気持ちを押し隠すのはこの場面だけでしょうか?
きっと彼との関係で、職場で、友人関係で、こんなところが出てきているのではないでしょうか。

 このパターンがある人は実はとても繊細な人が多く、傷つきやすいのも確かです。でも、あなたの心はあなたのものです。
上手にケアしてあげる必要が心の健康のためには大切なこと。
自分の気持ちと向き合うのは勇気が要るかもしれませんが、頑張って乗り越えてみてください。

4. 独身女性(社会人)
A.その日のうちに「ナオミから聞いたけど、この前、女の人と街を歩いていたんだって?
  誰?なんの用だったの?」と詰め寄る。

です。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんばんは、結果出ました、該当箇所を見て下さいね。

”A”のあなた

 詰め寄られた彼の心を考えてみましょう。
そのときのあなたの雰囲気次第では、質問というよりは尋問、尋問というよりは拷問という感じになってしまい、
彼は「いやいや、あれはなんでもないって。ほんまに。友達だって」とうそ臭い言い訳モードか、
「それはナオミの気のせいに決まってるだろ?俺を疑うのか?」と戦闘モードのどちらかしか選択肢が無くなってしまいますね。
前者は本当になんでもない場合でも、何かあるように聞こえてしまうものですし、後者はほぼ確実にあなたという人格を疑われる結果を招いてしまいます。

 あなたのこの積極性はとてもすばらしいのですが、それが一方的になってしまうのは眉唾もの。
彼にその真偽を確かめる場合は、彼が自由に安全に(!)話ができる雰囲気作りが大切です。
でも、コミュニケーションを取ろうとする姿勢はとってもいいものがありますので、後はやり方を学んでみましょう。


”B”のあなた

 デートまでのあなたはきっと不安がいっぱいで、作り笑いや楽しい振りをいつも以上にしてしまうかもしれません。
そして、デートのときもそのときの会話や景色や楽しみよりも彼の態度ばかりに注目してしまい、ある意味デートが上の空になってしまうのではないでしょうか。
それではせっかくのデートも楽しくないし、あなたもとても疲れてしまうのではないでしょうか。

 2,3時間なら鈍感なタクミ君に気付かれないかもしれませんが、それが1日中続けば「今日のお前何か変だぞ」って言われてしまうかもしれません。
そして、あなたがここで見せているパターンは、彼から本当のことを聞くのが怖いから不安を押し隠してしまう点で、この場面以外でも、いつも自分の感情を押し殺していないでしょうか。
そして、彼の顔色をうかがってしまったり、彼の態度に一喜一憂する依存的な部分もあるかもしれません。

あなたにとって彼とのコミュニケーションが一つのカギになってきます。
まずは、うれしいこと、楽しいことから伝えてみて、今まで気になっていた不満を伝えられるように少しずつ努力してみましょう。
そうすることによって、いきなり大爆発という災難を免れることができますね。


”C”のあなた

 一番安全策なようで、長期的に見ると二人の間に大きな溝を作るきっかけになりかねません。
ナオミさんは共通の友人ですから、タクミ君の味方でもありますね。だから「気軽にOKはしたものの・・・」というジレンマを招いてしまうかもしれません。
また、友達に頼ることはそれ自体は悪いことではないのですが、その調査結果が出てくるまで不安になったり、むかついたり、なかなか落ち着かないと思うんです。楽しめませんよね。

 そして、何よりも彼と電話したり、会うときのあなたの態度はどうなるでしょうか?
不信感がある分だけ、彼を疑いの目で見てしまいますよね。しかも、その調査結果が今回は「シロ(浮気の様子はない模様)」と出たとしても、次にまた問題が起きたときにもナオミさんの手を借りることになってしまいますし、彼への不信感はその結果によってもやはり残ってしまうでしょう。
それでは問題を乗り越えていくという意識がなかなかつきませんし、その結果を聞いたところで何も変わりませんね。
調査というのは結果を調べるもので、何らかの法廷資料として利用することはできても、二人の関係を高めるにはあまり役に立たないように思います。
友達に意見を聞くことは悪いことではありませんが、実際に行動するのは自分、と思っておくのが大切なようです。


”D”のあなた

 彼への信頼からその言葉が出てきたのか、それとも不安を隠すためにそう思いこむのかで大きな違いがあります。
ただ、ここで扱っているケースは「マンネリ」を感じているあなたですから、多くの場合は後者、いわゆる事勿れ主義に陥ってはいませんでしょうか。
自分の感情を押し殺したり、見なかったことにして抑圧することは心にその気持ちがごみのように溜まっていってしまいます。
そうすると、やがてそれが火山のように爆発してしまって収拾がつかなくなることも多くあります。

 今起きた問題は今二人で、あるいは今の自分が乗り越えていける問題ばかりです。
マンネリを感じているというのも、彼ではなく、あなたが何らかの変化を求められているということです。
そこでは「彼が浮気してるかもしれない」という不安な気持ちに正面から向き合うことが大切かもしれません。
この気持ちを押し隠すのはこの場面だけでしょうか?
きっと彼との関係で、職場で、友人関係で、こんなところが出てきているのではないでしょうか。

 このパターンがある人は実はとても繊細な人が多く、傷つきやすいのも確かです。でも、あなたの心はあなたのものです。
上手にケアしてあげる必要が心の健康のためには大切なこと。
自分の気持ちと向き合うのは勇気が要るかもしれませんが、頑張って乗り越えてみてください。

4. 独身女性(社会人)
A.その日のうちに「ナオミから聞いたけど、この前、女の人と街を歩いていたんだって?
  誰?なんの用だったの?」と詰め寄る。

  • 回答者:匿名 (質問から50分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんばんは、結果出ました、街頭箇所を見て下さいね。

”A”のあなた

 詰め寄られた彼の心を考えてみましょう。
そのときのあなたの雰囲気次第では、質問というよりは尋問、尋問というよりは拷問という感じになってしまい、
彼は「いやいや、あれはなんでもないって。ほんまに。友達だって」とうそ臭い言い訳モードか、
「それはナオミの気のせいに決まってるだろ?俺を疑うのか?」と戦闘モードのどちらかしか選択肢が無くなってしまいますね。
前者は本当になんでもない場合でも、何かあるように聞こえてしまうものですし、後者はほぼ確実にあなたという人格を疑われる結果を招いてしまいます。

 あなたのこの積極性はとてもすばらしいのですが、それが一方的になってしまうのは眉唾もの。
彼にその真偽を確かめる場合は、彼が自由に安全に(!)話ができる雰囲気作りが大切です。
でも、コミュニケーションを取ろうとする姿勢はとってもいいものがありますので、後はやり方を学んでみましょう。


”B”のあなた

 デートまでのあなたはきっと不安がいっぱいで、作り笑いや楽しい振りをいつも以上にしてしまうかもしれません。
そして、デートのときもそのときの会話や景色や楽しみよりも彼の態度ばかりに注目してしまい、ある意味デートが上の空になってしまうのではないでしょうか。
それではせっかくのデートも楽しくないし、あなたもとても疲れてしまうのではないでしょうか。

 2,3時間なら鈍感なタクミ君に気付かれないかもしれませんが、それが1日中続けば「今日のお前何か変だぞ」って言われてしまうかもしれません。
そして、あなたがここで見せているパターンは、彼から本当のことを聞くのが怖いから不安を押し隠してしまう点で、この場面以外でも、いつも自分の感情を押し殺していないでしょうか。
そして、彼の顔色をうかがってしまったり、彼の態度に一喜一憂する依存的な部分もあるかもしれません。

あなたにとって彼とのコミュニケーションが一つのカギになってきます。
まずは、うれしいこと、楽しいことから伝えてみて、今まで気になっていた不満を伝えられるように少しずつ努力してみましょう。
そうすることによって、いきなり大爆発という災難を免れることができますね。


”C”のあなた

 一番安全策なようで、長期的に見ると二人の間に大きな溝を作るきっかけになりかねません。
ナオミさんは共通の友人ですから、タクミ君の味方でもありますね。だから「気軽にOKはしたものの・・・」というジレンマを招いてしまうかもしれません。
また、友達に頼ることはそれ自体は悪いことではないのですが、その調査結果が出てくるまで不安になったり、むかついたり、なかなか落ち着かないと思うんです。楽しめませんよね。

 そして、何よりも彼と電話したり、会うときのあなたの態度はどうなるでしょうか?
不信感がある分だけ、彼を疑いの目で見てしまいますよね。しかも、その調査結果が今回は「シロ(浮気の様子はない模様)」と出たとしても、次にまた問題が起きたときにもナオミさんの手を借りることになってしまいますし、彼への不信感はその結果によってもやはり残ってしまうでしょう。
それでは問題を乗り越えていくという意識がなかなかつきませんし、その結果を聞いたところで何も変わりませんね。
調査というのは結果を調べるもので、何らかの法廷資料として利用することはできても、二人の関係を高めるにはあまり役に立たないように思います。
友達に意見を聞くことは悪いことではありませんが、実際に行動するのは自分、と思っておくのが大切なようです。


”D”のあなた

 彼への信頼からその言葉が出てきたのか、それとも不安を隠すためにそう思いこむのかで大きな違いがあります。
ただ、ここで扱っているケースは「マンネリ」を感じているあなたですから、多くの場合は後者、いわゆる事勿れ主義に陥ってはいませんでしょうか。
自分の感情を押し殺したり、見なかったことにして抑圧することは心にその気持ちがごみのように溜まっていってしまいます。
そうすると、やがてそれが火山のように爆発してしまって収拾がつかなくなることも多くあります。

 今起きた問題は今二人で、あるいは今の自分が乗り越えていける問題ばかりです。
マンネリを感じているというのも、彼ではなく、あなたが何らかの変化を求められているということです。
そこでは「彼が浮気してるかもしれない」という不安な気持ちに正面から向き合うことが大切かもしれません。
この気持ちを押し隠すのはこの場面だけでしょうか?
きっと彼との関係で、職場で、友人関係で、こんなところが出てきているのではないでしょうか。

 このパターンがある人は実はとても繊細な人が多く、傷つきやすいのも確かです。でも、あなたの心はあなたのものです。
上手にケアしてあげる必要が心の健康のためには大切なこと。
自分の気持ちと向き合うのは勇気が要るかもしれませんが、頑張って乗り越えてみてください。

2. 既婚女性

C.ナオミさんに「ちょっと彼にそれとなく聞いてみてくれない?」と素行調査を依頼する。

  • 回答者:匿名 (質問から46分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんばんは、結果出ました、街頭箇所を見て下さいね。

”A”のあなた

 詰め寄られた彼の心を考えてみましょう。
そのときのあなたの雰囲気次第では、質問というよりは尋問、尋問というよりは拷問という感じになってしまい、
彼は「いやいや、あれはなんでもないって。ほんまに。友達だって」とうそ臭い言い訳モードか、
「それはナオミの気のせいに決まってるだろ?俺を疑うのか?」と戦闘モードのどちらかしか選択肢が無くなってしまいますね。
前者は本当になんでもない場合でも、何かあるように聞こえてしまうものですし、後者はほぼ確実にあなたという人格を疑われる結果を招いてしまいます。

 あなたのこの積極性はとてもすばらしいのですが、それが一方的になってしまうのは眉唾もの。
彼にその真偽を確かめる場合は、彼が自由に安全に(!)話ができる雰囲気作りが大切です。
でも、コミュニケーションを取ろうとする姿勢はとってもいいものがありますので、後はやり方を学んでみましょう。


”B”のあなた

 デートまでのあなたはきっと不安がいっぱいで、作り笑いや楽しい振りをいつも以上にしてしまうかもしれません。
そして、デートのときもそのときの会話や景色や楽しみよりも彼の態度ばかりに注目してしまい、ある意味デートが上の空になってしまうのではないでしょうか。
それではせっかくのデートも楽しくないし、あなたもとても疲れてしまうのではないでしょうか。

 2,3時間なら鈍感なタクミ君に気付かれないかもしれませんが、それが1日中続けば「今日のお前何か変だぞ」って言われてしまうかもしれません。
そして、あなたがここで見せているパターンは、彼から本当のことを聞くのが怖いから不安を押し隠してしまう点で、この場面以外でも、いつも自分の感情を押し殺していないでしょうか。
そして、彼の顔色をうかがってしまったり、彼の態度に一喜一憂する依存的な部分もあるかもしれません。

あなたにとって彼とのコミュニケーションが一つのカギになってきます。
まずは、うれしいこと、楽しいことから伝えてみて、今まで気になっていた不満を伝えられるように少しずつ努力してみましょう。
そうすることによって、いきなり大爆発という災難を免れることができますね。


”C”のあなた

 一番安全策なようで、長期的に見ると二人の間に大きな溝を作るきっかけになりかねません。
ナオミさんは共通の友人ですから、タクミ君の味方でもありますね。だから「気軽にOKはしたものの・・・」というジレンマを招いてしまうかもしれません。
また、友達に頼ることはそれ自体は悪いことではないのですが、その調査結果が出てくるまで不安になったり、むかついたり、なかなか落ち着かないと思うんです。楽しめませんよね。

 そして、何よりも彼と電話したり、会うときのあなたの態度はどうなるでしょうか?
不信感がある分だけ、彼を疑いの目で見てしまいますよね。しかも、その調査結果が今回は「シロ(浮気の様子はない模様)」と出たとしても、次にまた問題が起きたときにもナオミさんの手を借りることになってしまいますし、彼への不信感はその結果によってもやはり残ってしまうでしょう。
それでは問題を乗り越えていくという意識がなかなかつきませんし、その結果を聞いたところで何も変わりませんね。
調査というのは結果を調べるもので、何らかの法廷資料として利用することはできても、二人の関係を高めるにはあまり役に立たないように思います。
友達に意見を聞くことは悪いことではありませんが、実際に行動するのは自分、と思っておくのが大切なようです。


”D”のあなた

 彼への信頼からその言葉が出てきたのか、それとも不安を隠すためにそう思いこむのかで大きな違いがあります。
ただ、ここで扱っているケースは「マンネリ」を感じているあなたですから、多くの場合は後者、いわゆる事勿れ主義に陥ってはいませんでしょうか。
自分の感情を押し殺したり、見なかったことにして抑圧することは心にその気持ちがごみのように溜まっていってしまいます。
そうすると、やがてそれが火山のように爆発してしまって収拾がつかなくなることも多くあります。

 今起きた問題は今二人で、あるいは今の自分が乗り越えていける問題ばかりです。
マンネリを感じているというのも、彼ではなく、あなたが何らかの変化を求められているということです。
そこでは「彼が浮気してるかもしれない」という不安な気持ちに正面から向き合うことが大切かもしれません。
この気持ちを押し隠すのはこの場面だけでしょうか?
きっと彼との関係で、職場で、友人関係で、こんなところが出てきているのではないでしょうか。

 このパターンがある人は実はとても繊細な人が多く、傷つきやすいのも確かです。でも、あなたの心はあなたのものです。
上手にケアしてあげる必要が心の健康のためには大切なこと。
自分の気持ちと向き合うのは勇気が要るかもしれませんが、頑張って乗り越えてみてください。

4、独身女性(社会人)

B、不安だけども週末のデートまで何も気づかないフリをして過ごし、
  デートの時の彼の態度から浮気の気配を探ろうとする。

基本的には、他の人から そのような噂を聞いても
すぐに信用して感情的には怒らないですね。
まずは自分の心の中で整理してから 相手に確認をしてみます。

  • 回答者:yuu (質問から29分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんばんは、yuuさん。結果出ました、該当箇所を見て下さいね。

>まずは自分の心の中で整理してから 相手に確認をしてみます。
ほー、冷静なんですね、度胸がすわってるのかも(笑)

”A”のあなた

 詰め寄られた彼の心を考えてみましょう。
そのときのあなたの雰囲気次第では、質問というよりは尋問、尋問というよりは拷問という感じになってしまい、
彼は「いやいや、あれはなんでもないって。ほんまに。友達だって」とうそ臭い言い訳モードか、
「それはナオミの気のせいに決まってるだろ?俺を疑うのか?」と戦闘モードのどちらかしか選択肢が無くなってしまいますね。
前者は本当になんでもない場合でも、何かあるように聞こえてしまうものですし、後者はほぼ確実にあなたという人格を疑われる結果を招いてしまいます。

 あなたのこの積極性はとてもすばらしいのですが、それが一方的になってしまうのは眉唾もの。
彼にその真偽を確かめる場合は、彼が自由に安全に(!)話ができる雰囲気作りが大切です。
でも、コミュニケーションを取ろうとする姿勢はとってもいいものがありますので、後はやり方を学んでみましょう。


”B”のあなた

 デートまでのあなたはきっと不安がいっぱいで、作り笑いや楽しい振りをいつも以上にしてしまうかもしれません。
そして、デートのときもそのときの会話や景色や楽しみよりも彼の態度ばかりに注目してしまい、ある意味デートが上の空になってしまうのではないでしょうか。
それではせっかくのデートも楽しくないし、あなたもとても疲れてしまうのではないでしょうか。

 2,3時間なら鈍感なタクミ君に気付かれないかもしれませんが、それが1日中続けば「今日のお前何か変だぞ」って言われてしまうかもしれません。
そして、あなたがここで見せているパターンは、彼から本当のことを聞くのが怖いから不安を押し隠してしまう点で、この場面以外でも、いつも自分の感情を押し殺していないでしょうか。
そして、彼の顔色をうかがってしまったり、彼の態度に一喜一憂する依存的な部分もあるかもしれません。

あなたにとって彼とのコミュニケーションが一つのカギになってきます。
まずは、うれしいこと、楽しいことから伝えてみて、今まで気になっていた不満を伝えられるように少しずつ努力してみましょう。
そうすることによって、いきなり大爆発という災難を免れることができますね。


”C”のあなた

 一番安全策なようで、長期的に見ると二人の間に大きな溝を作るきっかけになりかねません。
ナオミさんは共通の友人ですから、タクミ君の味方でもありますね。だから「気軽にOKはしたものの・・・」というジレンマを招いてしまうかもしれません。
また、友達に頼ることはそれ自体は悪いことではないのですが、その調査結果が出てくるまで不安になったり、むかついたり、なかなか落ち着かないと思うんです。楽しめませんよね。

 そして、何よりも彼と電話したり、会うときのあなたの態度はどうなるでしょうか?
不信感がある分だけ、彼を疑いの目で見てしまいますよね。しかも、その調査結果が今回は「シロ(浮気の様子はない模様)」と出たとしても、次にまた問題が起きたときにもナオミさんの手を借りることになってしまいますし、彼への不信感はその結果によってもやはり残ってしまうでしょう。
それでは問題を乗り越えていくという意識がなかなかつきませんし、その結果を聞いたところで何も変わりませんね。
調査というのは結果を調べるもので、何らかの法廷資料として利用することはできても、二人の関係を高めるにはあまり役に立たないように思います。
友達に意見を聞くことは悪いことではありませんが、実際に行動するのは自分、と思っておくのが大切なようです。


”D”のあなた

 彼への信頼からその言葉が出てきたのか、それとも不安を隠すためにそう思いこむのかで大きな違いがあります。
ただ、ここで扱っているケースは「マンネリ」を感じているあなたですから、多くの場合は後者、いわゆる事勿れ主義に陥ってはいませんでしょうか。
自分の感情を押し殺したり、見なかったことにして抑圧することは心にその気持ちがごみのように溜まっていってしまいます。
そうすると、やがてそれが火山のように爆発してしまって収拾がつかなくなることも多くあります。

 今起きた問題は今二人で、あるいは今の自分が乗り越えていける問題ばかりです。
マンネリを感じているというのも、彼ではなく、あなたが何らかの変化を求められているということです。
そこでは「彼が浮気してるかもしれない」という不安な気持ちに正面から向き合うことが大切かもしれません。
この気持ちを押し隠すのはこの場面だけでしょうか?
きっと彼との関係で、職場で、友人関係で、こんなところが出てきているのではないでしょうか。

 このパターンがある人は実はとても繊細な人が多く、傷つきやすいのも確かです。でも、あなたの心はあなたのものです。
上手にケアしてあげる必要が心の健康のためには大切なこと。
自分の気持ちと向き合うのは勇気が要るかもしれませんが、頑張って乗り越えてみてください。

2. 既婚女性
A.その日のうちに「ナオミから聞いたけど、この前、女の人と街を歩いていたんだって? 誰?なんの用だったの?」と詰め寄る。

  • 回答者:匿名 (質問から23分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

6. 女子学生

A.その日のうちに「ナオミから聞いたけど、この前、女の人と街を歩いていたんだって?
  誰?なんの用だったの?」と詰め寄る。
気になるのではっきり聞きます。

  • 回答者:匿名 (質問から21分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

こんばんは、結果出ました、該当箇所を見て下さいね。

>気になるのではっきり聞きます。 意外と度胸いりますよ(笑)

”A”のあなた

 詰め寄られた彼の心を考えてみましょう。
そのときのあなたの雰囲気次第では、質問というよりは尋問、尋問というよりは拷問という感じになってしまい、
彼は「いやいや、あれはなんでもないって。ほんまに。友達だって」とうそ臭い言い訳モードか、
「それはナオミの気のせいに決まってるだろ?俺を疑うのか?」と戦闘モードのどちらかしか選択肢が無くなってしまいますね。
前者は本当になんでもない場合でも、何かあるように聞こえてしまうものですし、後者はほぼ確実にあなたという人格を疑われる結果を招いてしまいます。

 あなたのこの積極性はとてもすばらしいのですが、それが一方的になってしまうのは眉唾もの。
彼にその真偽を確かめる場合は、彼が自由に安全に(!)話ができる雰囲気作りが大切です。
でも、コミュニケーションを取ろうとする姿勢はとってもいいものがありますので、後はやり方を学んでみましょう。


”B”のあなた

 デートまでのあなたはきっと不安がいっぱいで、作り笑いや楽しい振りをいつも以上にしてしまうかもしれません。
そして、デートのときもそのときの会話や景色や楽しみよりも彼の態度ばかりに注目してしまい、ある意味デートが上の空になってしまうのではないでしょうか。
それではせっかくのデートも楽しくないし、あなたもとても疲れてしまうのではないでしょうか。

 2,3時間なら鈍感なタクミ君に気付かれないかもしれませんが、それが1日中続けば「今日のお前何か変だぞ」って言われてしまうかもしれません。
そして、あなたがここで見せているパターンは、彼から本当のことを聞くのが怖いから不安を押し隠してしまう点で、この場面以外でも、いつも自分の感情を押し殺していないでしょうか。
そして、彼の顔色をうかがってしまったり、彼の態度に一喜一憂する依存的な部分もあるかもしれません。

あなたにとって彼とのコミュニケーションが一つのカギになってきます。
まずは、うれしいこと、楽しいことから伝えてみて、今まで気になっていた不満を伝えられるように少しずつ努力してみましょう。
そうすることによって、いきなり大爆発という災難を免れることができますね。


”C”のあなた

 一番安全策なようで、長期的に見ると二人の間に大きな溝を作るきっかけになりかねません。
ナオミさんは共通の友人ですから、タクミ君の味方でもありますね。だから「気軽にOKはしたものの・・・」というジレンマを招いてしまうかもしれません。
また、友達に頼ることはそれ自体は悪いことではないのですが、その調査結果が出てくるまで不安になったり、むかついたり、なかなか落ち着かないと思うんです。楽しめませんよね。

 そして、何よりも彼と電話したり、会うときのあなたの態度はどうなるでしょうか?
不信感がある分だけ、彼を疑いの目で見てしまいますよね。しかも、その調査結果が今回は「シロ(浮気の様子はない模様)」と出たとしても、次にまた問題が起きたときにもナオミさんの手を借りることになってしまいますし、彼への不信感はその結果によってもやはり残ってしまうでしょう。
それでは問題を乗り越えていくという意識がなかなかつきませんし、その結果を聞いたところで何も変わりませんね。
調査というのは結果を調べるもので、何らかの法廷資料として利用することはできても、二人の関係を高めるにはあまり役に立たないように思います。
友達に意見を聞くことは悪いことではありませんが、実際に行動するのは自分、と思っておくのが大切なようです。


”D”のあなた

 彼への信頼からその言葉が出てきたのか、それとも不安を隠すためにそう思いこむのかで大きな違いがあります。
ただ、ここで扱っているケースは「マンネリ」を感じているあなたですから、多くの場合は後者、いわゆる事勿れ主義に陥ってはいませんでしょうか。
自分の感情を押し殺したり、見なかったことにして抑圧することは心にその気持ちがごみのように溜まっていってしまいます。
そうすると、やがてそれが火山のように爆発してしまって収拾がつかなくなることも多くあります。

 今起きた問題は今二人で、あるいは今の自分が乗り越えていける問題ばかりです。
マンネリを感じているというのも、彼ではなく、あなたが何らかの変化を求められているということです。
そこでは「彼が浮気してるかもしれない」という不安な気持ちに正面から向き合うことが大切かもしれません。
この気持ちを押し隠すのはこの場面だけでしょうか?
きっと彼との関係で、職場で、友人関係で、こんなところが出てきているのではないでしょうか。

 このパターンがある人は実はとても繊細な人が多く、傷つきやすいのも確かです。でも、あなたの心はあなたのものです。
上手にケアしてあげる必要が心の健康のためには大切なこと。
自分の気持ちと向き合うのは勇気が要るかもしれませんが、頑張って乗り越えてみてください。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る