すべてのカテゴリ » アンケート

質問

終了

ノートについてです。
今、ノートがぐちゃぐちゃで見る気がない感じなので、綺麗に色分けをしたいと思うのですが。

ある物
・シャーペン・オレンジ蛍光ペン・黄色蛍光ペン
・緑蛍光ペン・ピンク蛍光ペン・紫のペン
・赤のペン・青のペン・黒のペン・緑のペン
・・・です。

色分けを教えてください!!

例))
赤のペンは◎付け用
黒のペンは要らない
紫のペンは・・・・
ピンク蛍光ペンは重要なところの下を線で引く
緑の蛍光ペンはかこむよう・・

         など・・

細かく、教えてください。

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2011-09-04 23:53:06
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

暗記を中心としたノートにしたい場合は、

使うのは
シャーペンと赤ペン・必要だったら緑のペンで十分です^^

重要な単語は赤で、線を引く場合は緑で
赤シートで隠せるようにしましょう♪

もし、暗記用は別とする場合…

きれいに仕上げたいのなら
単元ごとに、線で囲むとか
赤ペン→○付け
オレンジ→線

または、青系を入れてもいいと^^

ペンの使いすぎは、混乱を招くので
シンプルにした方がいいです。

自分の中でしっかり色分けしてみましょう♪

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

1冊のノートで色々な色を使っちゃうと見ずらいしどこが大事な場所かも分からなくなってしまいます。
なので、1冊1冊科目ごとに色分けするといいと思います。

例えば
国語・・・シャーペン+大事な部分に緑のペン
社会・・・シャーペン+大事な部分に赤のペン
と言った感じで。

1冊に赤も緑も蛍光も…と使うと、ごっちゃごちゃになりますので避けましょう。

  • 回答者:匿名 (質問から18時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

何色も使うと、かえってゴチャゴチャして、醜くなります。

三色もあったら、もう十分です。

普通の部分は黒、重要な部分は赤、アクセントに黄色のマーカー。

  • 回答者:匿名 (質問から16時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

黒板に書いてあるのを書いてるとして…

普通の白チョークで書かれた文ゎ
シャーペンで書いて
その中で自分が大事だと思う言葉などに
アンダーラインひいたりすればいいと思います
(色ゎ好きな色で^^)
黒板に黄色や赤で書かれた文ゎ
ペンで書けばいいと思います
その中でも特に重要な言葉などゎ
ノートを二行使って
大きく書けばいいと思います

ひとつポイントで
マスのノートでも
行のノートでも
つめて書けばきたなく見えてしまうので
間をあけて書けば
きれいに見えると思います。
色ゎ1ページに
最低2色使って
最高でも4色までが
きれいに見えると思いますよ
頑張ってくださいね☆

長文失礼しました><

  • 回答者:1 (質問から15時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

赤ペンは○つけよう
青ペンで重要なところにアンダーラインもしくは青で書く

シンプルがいいと思います

  • 回答者:匿名 (質問から9時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

赤のペン⇒○付けする用
オレンジの蛍光ペン⇒覚えたい用語の文字を書く用(後で赤シートで隠せるため
青ペン⇒×が○になったら付ける用

自分はこのように分けています。
赤で×うった所の問題を繰り返して正解だったら青ペンで○をつけると区別がつきやすく
見やすくなると思いますよ。

  • 回答者:リボーン (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

私の場合は・・・。
赤のペン→丸付け用
青のペン→間違い直し用
オレンジ蛍光→大事な所に線を引く

この3つぐらいしか使ってません。
私も昔は、たくさんペンを使ってたんですが・・・。
ごちゃごちゃするんで・・・少なくしました。

ペンを使う量を少なくしたら、、
ノートまとめるの綺麗だねって先生に言われる回数も増えてノート点も上がるようになりました。

良かったら参考にしてくださいbb

  • 回答者:もえ (質問から26分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る