すべてのカテゴリ » 暮らし » 家事・住宅 » 家事

質問

終了

東電以外の電気を買っているところって、下記の様に他にあるのですか。


たんぽぽ舎に、事務所を置く「反原発自治体議員連盟(準)」の会合で発表された
注目を浴びた「東京・立川市で電気料金を1700万円も安く、入札・契約した」明るいニュースです

地方自治体でも反原発の議論を推し進めましょう

                  立川市議会議員 大沢ゆたか

私は立川市で10数年議員をしています。
反原発に関する議論をするのはなかなか難しく、大きな事故があったりすると、
環境問題やエネルギー問題に関するところで原発問題を論じることはできるのですが、
たいていは「そんなの立川市には関係ない」というヤジが飛んできます。

しかし、電力の自由化が進行する中
2005年(平成17年)からは50kw以上の需要家も利用できるようになったために、
電力の購入先が選べるところが多くなってきました。
そこで一つのビルが丸ごと、原発を持つ電力会社から高価な電力を買うのではなく、
入札などによって安い電力を提供する新規の電力会社から購入することが出来るようになりました。

立川市でも低迷する競輪事業部が昨年電力購入を見積もり合わせで選びました。
4社による見積もり合わせで、東京電力を100とすると、
他の新規の電力会社は71、77、79という価格でしたので、かなり安価な契約となりました。
2010年度の12月までの実績を見ても昨年よりも73%の価格で推移しています。
このままいけば6,200万円もしていた1年間の電気代が4,500万円で済み、
1,700万円も節減できることになります。
(これは競輪事業から一般会計に繰り入れられる金額1,000万円を上回る経済的な効果です!)

こうした状況に危機感を持った東京電力選出の議員が「CO2排出を考慮した入札参加資格で、
すそ切り方式などにした環境配慮型契約をしてほしい」などと発言をするようになりました。
こうした議論に対応する形で、ここぞとばかりに原発の危険性や非経済性などの議論を展開できました。
(実際にはCO2排出係数は新規電力会社も東京電力などとあまり変わらなかったり、低いところもあり
ます。)

また、立川市では学校給食共同調理場がPFI方式で建設されようとしています。
その仕様書を読んでみると、インフラ関係で電力を東京電力から購入するように書かれていました。
これについて質問をしてみると
「必ずしも東京電力と決めているわけではなく、自由化の中でより良いものから購入するということになる」と
担当課長は答弁しています。
こうした新たな事業展開で電力をどこから購入するかを反原発の視点を入れて議論していくことで、
原発とあまり関係のなかった地方自治体でも十分な議論の展開が出来、
関心のなかった議員や職員や市民の方々の中に原子力発電の意味を周知できるのではないかと考えています。

立川市の今後の電力購入についても、
市側は自由化についてはもっと進めていきたいと考えているようです。
例えば一つの建物や学校ごとに電力の購入を考えています。
さらに言えば、昨年夏の暑さで小中学校にもエアコンを導入する予定ですが、
必ずしも電力ではないようになるでしょう。
場合によってはエアコンもガス方式でエアコンを稼働させることも考えています。

資源エネルギー庁でさえ「電力自由化と原子力発電」という資料の中で
原発の経済性に問題があり、
巨大発電規模であるが故のリスク、需要の伸びの低迷などを課題に挙げています。

地方議員、都議・県議、国会議員の皆さんで勉強し、認識を共有しながら
地方自治体の中で財政問題をキーワードとして、原発の持つ意味を議論していって
原発など必要ではない、むしろ厄介なお荷物だということを市民の中に広げていきたいと考えています。

なお、反原発自治体議員連盟事務局は、中央官公庁や県庁、市・町役所が
東京電力以外のどこの会社から電力を購入しているか、調査活動中です。

東京電力以外から電力を購入している企業、官公庁、県・市役所はかなりたくさんあります。(50kw以上)

わかり次第、随時、反原発自治体議員連盟の了承を得てから、メールマガジンで報告致します(乞うご期待)。

さらに、電気事業者の監督官庁 - 経済産業省、「もんじゅ」の監督官庁 -
文部科学省も東京電力以外の会社から電力を購入しています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

うそ・・・文部科学省も???

というか・・・東電以外からも電気が買えることを知らなかったです
個人でも選べる時代がきたらいいのに
そうしたら絶対に原発の電気は買わないのにと思います
http://kiikochan.blog136.fc2.com/blog-entry-207.html

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2011-09-22 01:59:58
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

発電しているのは大手電力会社だけではないですからね。
Jパワーとか電源開発とか言う会社は大手電力会社系ではないんですよ。
でも一般家庭には電力を供給していません。
一般家庭にも電力を供給していれば、私は購入したいですね。

なので話は知っていますよ、詳細はよく知りませんが、何だか面倒な法律があるようです。
それは大手電力会社を守る為の法律らしいです。
すごい癪ですね。

確か大阪府の施設も関西電力から電気を購入していない場所があるって聞いてますよ。

  • 回答者:匿名希望 (質問から6時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

そういうこともできるんですね。初めて知りました。

自由にさせてもらいたい。

  • 回答者:匿名 (質問から7日後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

こういうことができるとは、知りませんでした。

無理に東電を押し付けないでほしいですね。

  • 回答者:匿名 (質問から14時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

以前テレビで見て知っていました。
ある程度の大きさの使用量がなければなりませんが、もっと世間に知らしめて利用させるべきとは思います。
まだ運用自体に問題があるかとは思いますが、利用者が多くなれば改善されていくのでは。

  • 回答者:匿名 (質問から8時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

こういうことがあるとは知りませんでした。
電気自由化にして欲しいです。

  • 回答者:匿名 (質問から5時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

言いたいことはよく分かるのですが、コスト重視の、少規模発電特に再生可能エネルギーと言われる太陽光発電には、大きなリスクがあり、全体総量の1%程度なら、天候などによる電力喪失が起きても、火力や水力、原子力で補完できますが、30%の原子力と置き換えたとすると、台風が来ると電力不足で停電し、排水システムのポンプが動作できないとか、病院が機能を発揮できない等の、事態に陥りませんか、良くも悪くも東電が最大時の電力を供給できる用にしているから、そのようなことにならないですが、これが分断化した場合に、各発電会社が発電量相当のバックアップ発電装置を持つ必要性が責任として発生すると思います、そうでないと平等では無いですから、その場合本当に安くなるのでしょうか?
まあ、金沢の下水処理をつかったバイオマスや長野の森林組合のバイオマスの様に常に安定供給できる、システムならある程度低価格は可能ですが、小規模しか出来ないと言う面もあります。
そう考えると電力会社の傘の中でやっている分には、絶対供給量の確保と言う責任は無いですが、分割した場合は、絶対供給量の責任と言う問題は避けて通れません。
 ソフトバンクのメガソーラなどまさにそれで、機材は韓国サムソン製と言われていますが、それだと日本の製造分野の経済効果はありません、大半がソフトバンクの出資なら、金額の安いサムソンになっても、入札で勝つわけですから、誰も文句言えませんが、でもあのシステムに、絶対量の安定供給の保証はありません。
 安定した電気と絶対量の保証がなければ、企業が益々日本から離れてしまうという面があるので、それらを全てクリアしてからでないと、賛同できないと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から35分後)
  • 1
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

他にあるのかどうか。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る