質問

終了

すきばさみについて…

自分で髪の毛をカットしてるんですが、もっぱらすきばさみのみで量を減らすのにすいたりそれで調整しながらカットしたり…
このように使ってます(横は上手くいけてます。後ろをすいたらぴっぴって上手くすけてないような…)

で、今さらなんですが持ってるすきばさみは100均(ダイソーとかでないスーパーに設置された100均)で買ったんですが、
櫛になってる部分の幅が1mmくらいなんですが、
これってすき率何%何でしょうか?(vの切れ込み入り)100均のは結構な量がすかれてしまうのでしょうか?

中側の髪の毛をねじって斜めに2〜3回カットしてるんですがすき方としてはどうなんでしょう?上手くすけるやり方あればお願いします。

また新たに市販のを買う場合今もってるのよりすく量が少ないやつを買いたいのですが、見る目安とかポイントはありますか?

すきばさみについて他色々教えて下さい。
あと自分でカットするとき失敗しないコツとか…

色々いっぱいすみませんがお願いします。

===補足===
溝ではないハサミの部分のはばが細いほうがスキ量が少なくてバッサリきれなくていいのでしょうか?
私の持ってるのは100均でうってる溝もハサミもおなじ幅で1mmくらいハサミ部分にvの切れ込み入り…です。

  • 質問者:モバイルメール
  • 質問日時:2011-10-01 12:31:34
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

1mmほどの隙間が綺麗に並んでるんでしょうか?
1mm隙間、1mmはさみ部分、1mm隙間・・・
みたいな感じですかね?

もしそうなら、すき率25~30%ほどですね^^

すき率を低くしたいのであれば
隙間部分が大きめのものがいいでしょう

例) 2mm刃、6mm隙間、2mm刃、6mm隙間・・・・・


すきバサミは、滑らすようにサッサッと切ってしまうと
髪の表面にダメージを与えやすいので
 閉じて切る。開いてから移動。
 髪の毛を払うのはクシでする。
 髪の毛全体をすきバサミだけで
 処理するのはなるべくなら避ける。
を心がけると、キューティクルを削ってしまうのも避けれます^^




参考にしていただけると幸いです^^

===補足===
そうでうね(゜∇^d)
刃が通った髪のうち3割は切れるので
多めになると思います(´ω`)

市場では5%とかいうすき率のすきばさみなども
売ってたりしますよ(^ω^)

もしヤスリなどお持ちなら
刃を削ってみても、すき率は少なくなります(^_^)v
※そのさいはお怪我に十分注意してください

リスクというか、切り方にもよりますが
ハサミを毛に沿って平行に滑らすように切っているなら
髪の表面が、削られてしまうので
ハサミを入れる際は動かさずにきれば
ダメージは少なくなります(´ω`)

すきばさみは切れない部分(隙間のとこ)が
あるので、その部分はただ挟まれてるだけの
状態になってしまうんです(。´Д⊂)
それを動かしてしまったら、
髪がちぎれてしまうのでダメージになるんです(|| ゜Д゜)

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

色々詳しくありがとうございます。そんなかんじです。隙間もハサミも物差しではかったら1mmでした(見た目では本当に1mm!?って感じですけど…1.5mmくらいに見えた)
20~30%なら結構多くすいてるってことですか?
どうしても失敗したくなくてすきばさみなら調整ができて上手くカットできてるので…横は耳だしカット後ろは肩下くらいのロングなんで…
やっぱりふつうのハサミではなくすきばさみのほうが髪にリスクがあるんですか!?知らなかった…今まで同じスタイルで切ってたので…
補足ありがとうございます。ヤスリで削るというのはハサミ部分の歯を細くして溝を広げるってことでしょうか?どこの100均にうってるやつはどれも同じですか?いいやつは高いんですよね

並び替え:

う~ん

やはりくしでとかして
バサッっといかないようにでもサッサッと切らない方がいいですね。

丁寧にしないといけないですね。

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

なるほど…ありがとうございます。

コツですが•••

整えるときはくしを使う
根元からしっかり乾かしてからする
あんまり縦にいれすぎない
しゃしゃっと流すように切らない


くらいですかね

  • 回答者:anbb (質問から2日後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

なるほど…ありがとうございます。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る