すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 経済

質問

終了

今までのエネループと混ぜて使ってもいいのでしょうか。これってすごい製品でしょうか?

1800回充電でき、充電から5年たっても使える新「eneloop」、11月14日発売
2011年10月07日 12:00

三洋電機は、繰り返し充電できるとして人気のニッケル水素充電池「eneloop(エネループ)」を刷新し、2011年11月14日に発売する。

1回フル充電すると5年たっても70%が残存する仕様で、災害時などの買い置きとして役立つ。希望小売価格は単3形2個パック「HR-3UTGB-2」が1260円、単4形2個パック「HR-4UTGB-2」が1050円などとなっている。

併せて電池と充電器のセットも刷新して発売する。スマートフォンなどにeneloopからUSBで充電できる機器も用意する。

エネループ最大の特長である自然放電の抑制性能を向上しており、フル充電して保管した場合、1年後で約90%、5年後でも約70%を維持できる。

また繰り返し充電できる回数を、従来品と比べ約2割多い約1800回に増やした。1充電当たりの電気代を0.2円とすると、これに製品価格を充電回数で割って上乗せした使用コストは、従来の約2.5円から約2.2円に低下し、経済性も高まった。

エネループ出荷時の充電分に相当する電力は、太陽光発電による「グリーン電力」で賄っている。太陽光で発電し、充電池に蓄えて使用する「energy loop(エネルギー循環)」という三洋電機の目標に沿った取り組みだ。

また既売品の「エネループソーラーチャージャー」と組み合わせて使用すると、家庭や事務所でも手軽に太陽光による発電、充電ができ、災害時の停電対策などにも役立つ。

誤使用時に電池の温度が上昇しにくく、より安全性が高い「eneloop plus(エネループプラス)」も1800回充電、5年後の使用に対応し、2011年12月1日から発売する予定。

(植木 皓=ニューズフロント)
http://dt.business.nifty.com/articles/6932.html

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2011-10-07 23:52:13
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

ご質問者様・・・

充電時の電圧降下がなければ混ぜて使用することが出来ます。

つまりは、はじめのうちは混ぜて使うことが出来ますが、
今までのエネループの参考寿命である1500回を越えると、
新型の性能と同等の出力が得られないです。

ということになります。
1500回までは混ぜて使っていただいても問題はありません。

ご参考になりましたら幸いです。

  • 回答者:Sooka! (質問から16時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

これはスゴイ製品だと思います。欲しくなりました。

従来のものとは混ぜられないのでは?

  • 回答者:匿名 (質問から9時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る