すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 地震・災害

質問

終了

嘘がまかり通っているんでしょうか? これは嘘ですか?


世田谷の高線量率と福島の新米(緊急)

哀しい事実と、国や自治体のウソがまだ続いています。

もともと、原発事故というのは「原子炉からの放射線で被曝する」のではなく「自分の身の周りに飛んできた死の灰」によって被曝するのですから、「距離には関係が少ない」と覚えた方が被曝を減らせます。

それを、事故が起こった直後、政府、NHK、東大教授の連合軍が「遠くに逃げろ、距離の二乗に反比例する」、「直ちに健康に影響がない」と科学的に間違ったことを言ったので、多くの人が「余計な被曝」をしました。またかつては言論が自由だったので「死の灰」と呼んでいた放射性物質を「言葉狩り」が流行しているので使えずに綺麗な言葉を使ったために分かりにくく、これも「余計な被曝」につながりました。
・・・・・・・・
世田谷で1時間あたり2.7ミリシーベルトが観測されましたが、道路の脇の藪の傍で、当然、死の灰の性質からいって予想されることです。毒物が飛散した場合、「どこに毒物があるか」というスタンスで毒物の多いところを探して、そこを警戒するのに、「できるだけ事故を小さく見せたい」ということで公園の真ん中など意味のないところを測定していたのです。

だれでもわかるように「毒物が飛散した」というと道路の真ん中や公園の広場を調べるのではなく、丹念に「どこに行ったか?」を調べるのですが、今までは「なさそうなところ」を測るというとんでもないことをやっていたのです。

さらに、1年は1日が24時間、1年が365日ですから、それをかけて8760時間ですから、今回の汚染は1年24ミリに相当します。しかし世田谷区は5000時間ぐらいで計算し「年間14ミリシーベルトだから20ミリより少ない」と説明しています。国の言い分としては「そこに24時間いないから」と言いますが、その人は残りの時間は「放射線が全くないところ」にいるのでしょうか? そこはどこでしょうか?

このトリックは禁手です。もし1日14時間とするなら、後の10時間をどこでどのように過ごすかを決めて、そこでの被曝を計算に入れなければならないのです。つまり「被曝側の立場」に立つことが安全の基礎中の基礎です。世田谷区の人のうちもっとも被曝を受ける人を決めて、その人を基準にすることはできないので、普通は「24時間」とするのです。

この事件の教訓は、「細かくマップを作れば危険なところを避けることができる」ということですから、早速、東京の人は高性能の線量計を使って付近をくまなく測り、マップで被曝から子供の健康を守りましょう。国、自治体、専門家、NHKはまったく頼りになりません。被曝させるのに一所懸命ですから。災いを転じて福となすためには、測定すること、自治体やNHKを排除することがポイントです。
・・・・・・・・・
福島の新米を買うことができなくなりました。それは「二本松のお米が400ベクレルていど汚れている」からではありません。「ベクレル表示せずに販売する」からです。国の暫定基準である500ベクレルというのは1年間に5ミリシーベルト程度の被曝になりますから、労災適応ギリギリということです。明らかなダブルスタンダードですから、子供たちに福島のお米を食べさせることはできません。

残念です。もし福島の新米を出荷するときに福島が「ベクレル表示をする」と決めてくれれば、安心して買うことができたのですが、「ベクレル表示をせず、食べる人を被曝させます」という宣言ではとうてい、信用することができないからです。

福島県が「1年100ミリまで大丈夫」という違法学者を雇用した理由が少しずつわかってきました。それは福島の人が決めることですから良いのですが、福島のお米を絶対に他県に出さないでください。法を守ることは国民の大切な義務です。

ある道路を走っていて制限速度が60キロなのに「おれは運転がうまいから100キロでも大丈夫だ」などというのは誠意ある大人とは言えません。

最近、食材はますますひどい状態になってきました。無理矢理、関東、福島の野菜を食べさせるために、汚染されていない各地の野菜を出荷しないように圧力がかかっています。こんなことが起こるなんて、自由で明るい国、日本とは思えないですね。

(平成23年10月13日) 武田邦彦
http://takedanet.com/2011/10/post_242c.html

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2011-10-13 17:20:02
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

ニュースで流れているのは
嘘ばかりです

放射線量はテレビで報道している量の
何倍も出ています

東大の教授のなかには
地震後すぐに生徒を非難させたところも
あるそうです


東北地方の野菜はとっくに出回っています
でもそれも仕方がないと思います
食べないなんてことは正直絶対無理です

だから少しでも免疫力を高める事が
1番いいと思います

ニュースなんて嘘ばかりですからね

  • 回答者:匿名 (質問から12分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

うそではないでしょう。
すべて真実かどうかはわからないですが、余りにも色々な人がいろんな事を言うので、わからなくなってきてしまいました。
いっそ全品検査をして日本国内のモノは安全であると証明して欲しいですね。

  • 回答者:匿名希望 (質問から2日後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

何故びんの中にラジウムが入っていたのか?
しかも、前住んでいた人もあったことすらわからなかった!
誰がなんのために置いたのだろう、こんな危険な物・・。

  • 回答者:匿名(^ω^) (質問から24時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

世田谷の件に関しては、原発事故の影響ではなかったようですね。
おそらくラジウム鉱石かウランガラスでもしまっていたのではないかと思います。
確かに行政や東電に物申したいことが山ほどありますが、
事実関係を確かめもせず叩くのはいかがなものかと思います。
このごろ、何かにつけ東電は東電は・・・と親の仇のように叩く人が増えましたが、
これでは何でもかんでも「日本が悪い」と騒ぐ朝鮮人と同じです。

武田教授は科学的根拠や数的根拠を大事にする方で、いろいろな面で尊敬していますが、
こういった勇み足がちょくちょくあるのが残念でなりません。

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

うーん。もう、何を信じていいか分からないね。

だけどこの意見の大筋は間違ってはいないように感じます。

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

先ほど、ニュースでこの世田谷の放射能が検出された隣家の床下にあったダンボールの中の瓶から放射能を感知した。と言ってました。
まだ、詳しい事はわかっていない様子ですが、それが事実なら個人宅の床下に放射性物質を瓶に入れて保管しているアホが実在すると言うことになります。

何がなんだかさっぱり・・・

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

言うとおりだと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
参考になり、満足しました。回答ありがとうございました。

警戒せよというのはなんとなく分かりますが・・武田氏いつもオーバーに言っていると思っています。

  • 回答者:匿名 (質問から41分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

公的機関が調べられるところは限られるので、実態を正確に把握しているとは限らないdすね。
今後市民レベルでの計測による高線量率の場所が次々と明らかになってると思われます。
多すぎてそのうちニュースにならないぐらいのレベルになるかも。
武田さんの意見は最悪を想定してるのかもしれませんが、間違ってはいないと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から39分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

理由がわからないで済むレベルではない

浄水場や下水処理場やゴミ処理場など凝集しやすいところ以外では尋常な数値ではありませんよね

  • 回答者:秘匿 (質問から25分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

距離は関係ないのですね。
恐ろしいです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から21分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

武田邦彦 さんの言うとおりだと思います。
殺人政府だと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から18分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る