すべてのカテゴリ » 仕事・キャリア » 就職・転職

質問

終了

英文の履歴書の書き方を教えてください。

  • 質問者:мао
  • 質問日時:2011-11-09 20:07:13
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

英文履歴書は、履歴書と職務経歴書の両方の機能を備えています。英文履歴書の基本的な構成要素は、以下のとおりで数字の順に記入していきます。

1. Heading(名前・住所・電話番号、メールアドレスなど)
2. Objective (希望職種)
3. Profile(技能と業績の要約)
4. Employment(職歴)
5. Education (学歴)
6. Skills(資格・特技など)

職歴、学歴、資格など期間や年号が入るものについては、通常は新しいものから古いものへと書いていきます。
枚数はキャリアの浅い人で1枚、キャリアを積んだ人間で2枚が基準です。
新卒や社会経験が1~2年の場合は、学歴を職歴より上に持ってきます。

各構成要素の中身については、日本の履歴書とは考え方が異なるところがあり、
構成要素ごとの項目立てにもかなりの柔軟性があります。

例えば、職歴には正社員、契約社員、アルバイト、ボランティア活動なども含めます。
学歴は、正規の学校教育のほかに、広義の教育として社内研修や職務に関連するスクールや講座などを入れることができますし、正規教育とは別項目を作って書き出すこともできます。
資格・特技はProfileの中に入れ、この項目は省略する人もいます。
希望職種や技能と業績の要約も、必要がなければ省略してもよいです。

各項目の名称もさまざまです。
例えば職歴については、「Employment」のほかに、「Professional Experience」「Experience」「Business History」など、自分のキャリアに最もふさわしい表現を使います。

要は、自分のキャリアを最もよくアピールするように項目を立て、その名称を考えることです。

  • 回答者:Foreign company (質問から40分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

ありがとうございます☆

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る