すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 経済

質問

終了

銀行に預金することは日本経済の活性化にはまったくつながらないのでしょうか?

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2011-11-14 20:04:49
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

つながると思います。
みんなが預金する→銀行が預金を融資に回す→企業は融資をもとに事業の経営をしたり設備投資をしたりして利益を稼ぐ
が今までの銀行の大きな役割ですから。ただし、最近は融資先が焦げ付いたり信用不安になるケースが多く、銀行が貸出しを渋る傾向にあるため、全預金が日本経済の活性化につながるとは限りません。でもタンス預金しているよりは日本経済の活性化につながると思います。

  • 回答者:とくめいきぼう (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

あまりつながらないと思います・・・

  • 回答者:匿名 (質問から54分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

銀行は預金を元手に投融資を行い、投融資をうけた企業は設備投資などを行う。
なので結びつきそうですが、
例えば設備投資は経済が活性化して増産が必要だからするわけで順序が逆。
投融資の需要が立たなければ石油など投機に回ってしまう。

預金するだけでは経済活性化にはほぼ効果なし。

  • 回答者:dynoz (質問から24分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

眠らせておくくらいなら、使ってくれた方が活性化するでしょう。

  • 回答者:匿名 (質問から20分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

本来ならつながるはずなのですが、現在の状況を考えた場合は

銀行にお金を預ける → 銀行が国債(国の借金)を買う → 将来の世代につけを回す

というお金の流れなので活性化しなさそうです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から16分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る