すべてのカテゴリ » 暮らし » エコ・環境問題 » 環境問題

質問

終了

人口が増加しするとエネルギー資源の生産量、消費量が増えます。このままではいつの日か資源が枯渇してしまいます。このような事態を防ぐ方法として、どのような解決策があると思いますか?

===補足===
また、わたしたちにも出来ることってありますか?

  • 質問者:(^-^)
  • 質問日時:2012-01-09 17:36:05
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

人口の増加の抑制です。

途上国の増加を抑えないと世界が破たんします。

  • 回答者:ユニコーン (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  

国家なんて縮小してもいいんです。

  • 回答者:匿名 (質問から1日後)
  • 0
この回答の満足度
  

もつと世の中が安定し裕福になれば人口の上昇は抑えられ上昇は下降に変わります。
そして再生エネルギーを増やします。それでごみから金属を選別します。これで資源は枯渇しなくなります。

  • 回答者:匿名 (質問から23時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

意外性のある技術開発ですね。

もうすでに、特殊塗料を塗るだけで発電することが
進められています。
あとは、バイオ燃料(トウモロコシなど)で航空機を
飛ばすとか・・・
色々と始まっています。

  • 回答者:匿吾郎 (質問から17時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

たぶん食糧難がさきにきます。
日本では、人口は減少していますがそのうち地球外にでることになります。
たとえば宇宙からエネルギーを得ることです。太陽光です。電気は無線でおくります。

  • 回答者:匿名 (質問から17時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

新技術の開発しかないですよ。

  • 回答者:匿名 (質問から6時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

これ以上人間を増やさないことです。

  • 回答者:匿名 (質問から4時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

資源の枯渇で最初に来るのは「食料と水」。そして第三世界の人口爆発はもう目前です。
先進国は食料自給率を上げることを本気で考えておくべきでしょうね。

日本として取るべき道は、田舎の農地を集合させ大規模化することによる「農業の再生」を達成し、来るべき食糧危機においては「穀物の輸出国」として振舞うことでしょう。

そうすれば日本は復権できます。

しかしそうなる前に我々日本人がするべきことは、日本産の農作物を食べることです。
日本の農業を「それまでの期間」守りましょう。

  • 回答者:匿名希望 (質問から4時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

新しい資源の開発、再利用。

  • 回答者:いのり (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

新しい技術を考える
傲慢にならない
分け合うことを真剣に考える
世界の軍事費を農業、畜産にあてる
唯足ると知る

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

中国のように一人っ子政策でしょうかね。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

各自が節電を意識するくらいでしょうか。

  • 回答者:匿名希望 (質問から56分後)
  • 0
この回答の満足度
  

事実を知り、予測を考える事。

何もしないこと(今まで通り)も 良いことです。


逆に聞きますけど 資源枯渇とは?
原油の事ですか? 無くなるかもしれないが
どこの資料でも ○○年くらい無くなる
その後新しい技術で 延長されてます。
太陽が無くなる それも事実でしょうが
新エネルギーに期待。

人口抑制 優勢思考派ですが だれの子孫はokでNGですか?
それをやるには ...。

エゴとエコに惑わされるくらいなら
なにもしないのが良いです。

  • 回答者:事実を知り考える事 (質問から48分後)
  • 0
この回答の満足度
  

一人っ子政策のような事をするしかないかも。

  • 回答者:匿名 (質問から39分後)
  • 0
この回答の満足度
  

人口を抑えないといけないのでしょうが、そうはならないでしょう。

近い将来、水戦争、食糧不足、エネルギー問題など人類が滅亡に直面する時期が来ると思います。

兎に角、爆発する人口増を抑えることが必要です。

世界の政治家がそれに向き合っていないのが致命傷です。

  • 回答者:パソコンおじさん (質問から5分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る