すべてのカテゴリ » 美容・健康 » 健康管理 » 生活習慣・ヘルスケア

質問

終了

日常的に食べられる濃い野菜(今思い当たるのはトマト、ピーマン、カボチャ、ナス、ニンジン、ホウレンソウ、ブロッコリーなど)が、嫌いだったらどうなりますか? 野菜食べないとできもの出来やすいとは昔聞いたことありますが、野菜嫌いによって なんかの症状や病気になりやすいとか、体自体に影響 みたいに何かあるのですか? なるとは限らないがなる確率は高くなる感じでしょうか?

  • 質問者:い野菜
  • 質問日時:2012-03-10 05:17:47
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

サプリメントで野菜と同じ栄養を取ればいいだけです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から1日後)
  • 0
この回答の満足度
  

濃い野菜、つまり緑黄色野菜に多く含まれているのは「βカロテン」というビタミンAです。

それが不足すると、鳥目、乾燥性眼炎、抵抗力の低下、成長不良などになりやすくなります。

因みに、ナスやキュウリなどは、見た目は色が濃いですが中身が白いので緑黄色野菜ではありません。
(実はトマトもカロテンが基準量に少し足りないため除外されることもあります。が、ミニトマトはカロテンの量を満たしているため、トマトも例外で含まれることが多いです。)

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

少しは影響があるでしょうね。

  • 回答者:7ninn (質問から7時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る