すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 政治

質問

終了

台湾冷遇問題では、なぜ二転3転するのでしょうか。

官房長官「問題ない」発言を一転撤回 「事務的にも問題。お詫びしたい」
2012.3.15 00:41 [野田首相]

 東日本大震災一周年追悼式典で台湾代表として出席した羅坤燦(らこんさん)台北駐日経済文化代表処副代表が指名献花から外された問題で、藤村修官房長官は14日の参院予算委員会で「配慮が足りなかった点についてはおわびしたい」と陳謝、13日の「事務レベルの仕切りに問題があったとは思わない」との発言を撤回した。

 12日の参院予算委で問題を取り上げた世耕弘成氏(自民)が再び追及した。藤村氏は、指名献花での対応を「事務的に問題はなかったが、もう少し配慮があってしかるべきだった。新聞報道は発言の一部で私の言ったこととちょっと違う」と強弁。羅氏を1階の来賓席ではなく2階の一般席に案内したことも「何か問題があったということではない」と開き直った。

 ところが、世耕氏が「記者会見で明言したではないか」と迫ると、藤村氏は「式典の運びに配慮が足りなかったことは問題で反省材料としたい。事務的にも問題があったことをきちんと認め、おわびしたい」と渋々発言を撤回した。

 一方、野田佳彦首相は「私はやはり失礼があったと思う。きちんとご案内しなかったことも含めて心からおわびしたい」と陳謝。藤村氏の13日の発言についても「誤解を招いたならば申し訳ない」と述べた。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120315/plc12031500450002-n1.htm

  • 質問者:匿名希望
  • 質問日時:2012-03-15 07:37:17
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

台湾の人達は、
TVでチャリティー番組・応援ソング・小学校では「頑張れ」とのメッセージ等、
台湾内でも私達の為に色々活動して下さいましたし、
実際に私の知る限りでは60億円位の義捐金を下さったり、被災地に来て料理を振舞ってくれたり
色々な物資を送ってくれたり
被災地の子供達に、台湾へのホームステイの道も開いてくれています。

私は、台湾の人達は心から心配して下さっていると思っています。

ああ、それなのに日本政府は・・・・・???
中国に配慮したのかどうか分かりませんが、この事を知り、本当に腹が立ちます。

陳謝する以前に、失礼が無い様にすべきで、
「誤解・・・」じゃ無いだろうと言いたくなります。
政府が心から反省しなければ、暴れん坊将軍の様に、「潔く切腹しろ!」と言いたくなります。
事の重大性が分からなかったり、責務を全う出来ないなら、辞任すべきです。

私は被災地の人間ではありませんが、
同じ日本人として、台湾人の心の優しさを知った時は嬉しかったし、心強く感じました。

もし、台湾の方がこのページをご覧になっていらしたら、
「日本政府は兎も角、心から感謝している日本人も居る事を分かって欲しい」
と伝えたいです。

===補足===
失礼しました。
コレをキッカケに、台湾についてもう少し勉強してみます。

  • 回答者:台湾ダイスキ! (質問から3日後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

200億円です。

並び替え:

中国の顔色ばかり伺う政権ですから。
本当にいいかげんにしてほしい。
昨年の震災発生直後の比例に続いて何度こんなことをするのか。
さすが山猿の集まりと言われても仕方ないこと。

  • 回答者:ごみあくた (質問から17時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

この政権は言っている事と
やっている事がコロコロ変わる
芯の無い内閣だからです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から13時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

親中売国政権だからしようがありません。
早く政権交代しないとどうにもならないです。

  • 回答者:匿名 (質問から31分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

これ本当にひどすぎますよ。
テレビでバンバンやらないと。
非礼にもほどがある。
震災後あれだけのことやってくれたのに。
日本人としてはずかしい。

  • 回答者:匿名 (質問から14分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る