すべてのカテゴリ » 美容・健康 » 健康管理 » 生活習慣・ヘルスケア

質問

終了

お酒って体に良いのでしょうか?周りが酒豪なのでお酒=体に悪いというイメージがありますが、カクテルとかチューハイとか発泡酒とかなら、缶ビールの半分くらいなら毎日飲んだ方が体にいいのでしょうか?

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2012-04-22 21:23:01
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

飲んだほうがいいということはないと思いますよ

酒は百薬の長なんて言葉がありますが

あくまでも適量 ほどほどにってことでしょうね

  • 回答者:匿名希望 (質問から4時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

お酒だけでなく、アルコールは急激に大量に摂取すれば身体には良くないと思いますが、少量ならよいと思います。

  • 回答者:ヤマ (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

基本的に毎日飲むのは、その量にかかわらずアル中の仲間です、必ず週に2日ほどの休肝日を作らないと、肝臓を痛めます。
また、お酒は百薬の長とも言われ飲み方によっては健康によいともされています、日本酒だとおちょこ2杯程度、ビールなら缶ビール1/2本程度(150cc)と言われています、実情は異なり、アルコールを分解できない体質の人もいます、また他の原因で肝臓を痛めている人も飲まないほうが良いです、逆に体質的に肝臓が丈夫でお酒に強い人もいます。
ので量はなんとも言えません、本人の体調次第ですが、毎日は良くないことだけは確かです。
渡しの場合は、病気で服用している薬の副作用で、アルコールを飲むと大変な事になるので飲めません。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  

顔などが赤くなる人=お酒に弱い人は 飲むのは体によくないそうです。

  • 回答者:とくめい (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

ほどほどに飲めば長生きできる、という統計データがあります。

『「まったく飲まない人や大量飲酒する人に比べて、適度な飲酒者の死亡率は総じて低い」
という、お酒好きにはちょっと嬉しいデータもある。1日に日本酒換算で1~2合程度の
飲酒をする人が、心疾患や事件・事故などの死亡リスクが一番少ないというのだ。ただし、
それ以上の量を飲むと、一気に死亡率が跳ね上がってしまうからご用心。
この現象は、グラフに表したときの形から「Jカーブ」と呼ばれている。』
http://www.health.ne.jp/library/3000/w3000848.html

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

いいか悪いかだったら、悪いと思います。
毎日、飲んでますが。 趣味なので。

  • 回答者:匿名希望 (質問から45分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

飲まない方が良いです。
ただお酒が好きな人で飲んで気分がリラックスできるのであれば
その方が健康に良いと言うだけの話だと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から6分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る