すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 地震・災害

質問

終了

脱原発への手順を教えてください。

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2012-06-01 20:11:54
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

何が「脱原発」を阻害しているのか、その分析から始めたいと思います。

<「脱原発」を阻害するのもの>
①既得権益層(特に官僚)の利権を温存したいという我欲
②その既得権益層から甘い汁を吸う政治家の我欲
③その既得権益層から甘い汁を吸う大メディアの我欲
④その大メディアの報道で事実を知らない純朴な国民

未だに「脱原発」をすべきでは無いと考えている方の多くは、④に該当する人か、もしくは既得権益から甘い汁を吸う人なのだと思います。


ここで、脱原発の最終的なゴールは何かを示しておきたいと思います。

<脱原発のゴール>
①産業構造の変革(原発以外で賄えるエネルギー政策)
②発送電分離と電力の自由化

これらの脱原発のゴールを実現するには、「政治」(=統治機構の枠組み)を変えるしかありません。

一方で、政治を変えるには、民意が集約すると共に民度も同時に上がらなければなりません。


よって、「脱原発」をするための手順は以下のようになると考えております。

<脱原発の手順>
①国民の知識レベルを上げ、しっかりと行動ができるように変わること
 国民が批判するだけの政治から、参加する政治に変わること。
②国民が、政治家・メディアを変えること
 本来、政治家もメディアも国民がお客さんです。
③解散総選挙
 正しい政治理念を持ち、既得権益と本気で闘う覚悟を持った政治家を選ぶ。

「官僚機構」を変えるのは本当に大変です。あの橋下徹氏でさえ、「事実上の敗北宣言」をした程です。私は同時に民意の後押しが足りなかったとも感じております。

今の野田佳彦内閣を見ていても、如何に官僚機構に逆らって政治をする事が困難かが分かります。官僚の枠組みで政治をすることでしか、野田佳彦内閣は、政権を維持する事ができません。

ですので、最も大変なのが、官僚機構を変えることであると言えます。

官僚機構を変えるには、政治家とメディアを変えるしかありませんし、政治家とメディアを変えられるように国民が変わるしかないのです。

時間がかかりますが、気付いた人から、しっかりと行動をしていくことが、徐々に国の在り方を変えていくのだと思います。

ぼやいたり、呟いたり、妄想をしているだけでは、脱原発は無理でしょう。

気付いた人が、まともな政治家やメディアをしっかりと応援し、誤った政治家やメディアには厳しい意見と変化を恐れずに変わって頂く事を伝えていくだけでも、世の中は変わっていくと思います。

この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

再稼動を簡単に容認させないことがまずは大事でしょうね

でも極論は日本から原発がなくなることは ないでしょうね

  • 回答者:匿名希望 (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

やはり、点検中の原発の再稼動を認めないことが一番の近道だと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から16時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

安楽死を認めれば死ぬ人が増え人口減少でいけるでしょう。

  • 回答者:匿名 (質問から7時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

何故脱原発??意味無いでしょう?
そもそも韓国で新しい原発を作っています、韓国は日本海側の韓国を縦に貫く大断層の上に作っているのですが、万が一事故が起きた場合偏西風で、全て関西、関東に放射線部物質は降り注ぎます、しかも2011年4月、2012年1月に全電源喪失を、人為的ミスで行なっているのです(復旧が30分遅れればメルトダウンしていたと言われています、災害じゃないから間に合っただけ、地震の時なら間に合わなかった)、日本が全て辞めても韓国で起これば、同じ事でしょう。
それに核反応炉は日本が一番進んでいます、これも原発の最終形態ですが、燃料は重水素とへリュームです、少なくとも液化天然ガスよりは安全だと言われています、これも辞めてしまうのでしょうか??
また今回の事故は明らかな人災です、まず設計寿命を超えた1号炉を使っていた、設計寿命間近の3号炉は定格の120%のプルトニューム混合燃料(プルサーマル)を使っていた、建屋のコンクリがクラックだらけでオンブズマンの指摘に答えず補修さえしていなかった。また災害史、原子炉の再使用ができなくなるのを恐れて、ホウ酸の注入をアメリカやフランスから100トンづつ提供すると言うのを断り、空輸中の飛行機が12日引き返した、そもそもホウ酸を準備しておくべき、そして、原子炉で使える電源車を持って居なかった200台も集まったが使い物にならなかった、米軍から使用できる電源車のオファーがあったが無視したと言われている。
そして現在最も安全な冷却方法へリューム冷却が震災当初から提案があったが無視した。
止めに原子炉が錆びるから海水の注入を辞めろと官邸から支持があったが、やめることのリスクの大きさを充分知っている、原発所長が続行したから最悪の事態は免れたのかもしれない。そもそも政権が民主でなく自民なら、アメリカがホウ酸の注入と言ったら素直に従っていただろうし、発電車も受け入れていただろう、良くも悪くもアメリカに無理に逆らわない党ですから。
では逆に日本が原発を全部やめたからといって、どう安全なのでしょう、中国のゴビ砂漠から黄砂が舞って来るわっけで、韓国だけでなく中国で事故が起きても日本には放射能が大量に降り注そそぐ訳です、それでも、日本がやめることで安全を確保できるの、それより原発に安全装置を多重化して、20年以内の新設以外のものは廃炉にする、アメリカやフランスの最新以上の安全性が確保できないならば作らないという事が重要だと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から53分後)
  • 4
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

ではどんどん作りましょう。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る