すべてのカテゴリ » 知識・教養・学問 » 知識・学問 » その他

質問

終了

中華そばとラーメンの違いは何ですか?

  • 質問者:匿名
  • 質問日時:2012-09-13 16:53:41
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

同じだと、思います。

  • 回答者:匿名希望 (質問から29分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

昭和20年代のまだ食料事情が完全に解決していない時代、
外食は大衆食堂とそば屋がメインでした。
中華料理屋が一般に普及するのは少し先です。
そのころ栄養価が高いということで中華そばがもてはやされました。
これは黄色いメンに、普通のそば出しを中華風にアレンジしたもの、それに豚肉が少々入っていたものだったそうです。
当時の新聞記事には
「食堂でそばと言えば中華そばを差す風潮があり、普通のそばは日本そばと言わねばならない」
というような旨の記述が見られます。
しかし、そば屋は自分たちを決して「日本そば屋」とは言わなかったので、中華そばという呼び名だけが残りました。

また中国大陸からの引揚者の中には屋台を引く人も多く、古くからある「夜鳴きそば」の流れの中国風ということで
「中華そば」と名乗って普及したという側面もあります。

当時は日本はまだ敗戦国であり、戦勝国である中国人は有利な状況にありました。
従って中華料理店は今で言うフランス料理店のような、ちょっと高級な料理店として、リッチな人々を相手にしていました。
一方、世相が落ち着いてくると中華を作れる日本人が安い中華料理=日本風中華を次々に編み出し、
今のような大衆的な中華料理店が増えていきます。
その中で、大衆食堂やそば屋と区別するために、ラーメンという中国風の名前を使うようになります。

つまり、日本のそばと区別するために「中華そば」が、
中華そばと差別化するために『ラーメン」という名前が普及していくことになるのです。

中華そばは、中国風そばを
ラーメンは、日本風中国麺を
それぞれルーツにしているとも言えます。

  • 回答者:Sooka! (質問から2時間後)
  • 3
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る