すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 政治

質問

終了

尖閣は歴史的、地理的、法的観点からみて、中国に主権があると言っています。日本人は盗み取ったことを反省すべきでしょうか。

中国、尖閣は「日本が盗み取った」…白書発表
 【北京=牧野田亨】中国政府は25日、新華社通信を通じ、「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は中国固有の領土」と題する白書を発表した。

 「歴史的、地理的、法的観点からみて、中国が争う余地のない主権を持つ」と強調している。

 白書では、釣魚島は14、15世紀に中国が発見し、命名したが、日本が1895年に日清戦争を利用して「盗み取った」と指摘。「1943年、(英米中が)台湾など日本が中国から盗み取った領土の返還を求めたカイロ宣言を発表し、日本が同宣言の実施を定めたポツダム宣言を受諾したことで、中国に返還された」と主張している。

 その上で、「日本による国有化は中国に対する重大な主権侵害で、先の指導者による領有権の『棚上げ』に背いた」と非難。「中日関係を著しく損なっただけでなく、世界の反ファシズム戦争勝利という成果への否定、挑戦」と位置づけ、日本に主権侵害行為を即時やめるよう要求している。
(2012年9月25日20時17分 読売新聞)http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120925-OYT1T01226.htm

  • 質問者:しゅうきんぺい
  • 質問日時:2012-09-25 21:35:33
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

尖閣諸島は、日本固有の領土です。
盗み取ったとは思わないし、反省なんかする必要はありません。
尖閣に資源があるとわかってから、シナは領有権を主張してきたので、もともとシナの領土だという根拠・証拠はなく、シナの主張はデタラメです。
領土だと主張するなら、デモなんかしないで国際裁判に訴えればいいだけの話なのに、それをしないのは自国の領土だという根拠・証拠がない証です。

  • 回答者:匿名 (質問から23分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

現在でも日本の領土ですから、盗み取っていません。
彼らが盗もうとしているので、勝手に文献を偽造しているのではないでしょうか。

  • 回答者:匿名 (質問から4日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

日本は盗み取っていません。尖閣は日本固有の領土ですから。

自分たちに都合の良い嘘で塗り固めた歴史はうんざりです。

日本が盗み取ったというならば国際司法裁判所に提訴すれば良いだけの話です。

  • 回答者:匿名希望 (質問から1日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

どうしょうもないですねアノ国は…。
なんか韓国と手を組んで『日本の嘘の領土問題』と訴えようとしているらしいけど…うそつきだらけの両国の発言を世界はどう考えるんでしょうかね?
まぁ、もうちょっと先手を打って日本も発言してくれたらいいんですが。でないと世界の人が嘘に洗脳されたら、あとあと面倒。

  • 回答者:匿名 (質問から20時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

洗脳されつつあります。アメリカのある町では・・・

いいかげんな「デッチアゲ」だ
中国が「発見」したなどといってるが
その当時は「琉球」の領地である

  • 回答者:出地青 (質問から18時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

事実はとにかく、彼らは盗ろうと必死なのです。どんな手をつかってでも。

いわせておけばいいのです。安保はあるし単独でも十分対応できますし。

  • 回答者:匿名 (質問から13時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

他国頼みなのですか

全くの言いがかりで尖閣は日本固有の領土です、本当に中国の物だと言うなら然るべき公的な場所でそう主張すれば良いのそれが出来ないのが何よりの証拠です
ただアイツらには常識が有りません
白いものを平気で黒と言い、それを本気で正当化しようとする人種です
日本は強硬な姿勢で尖閣を守らなければならないと思います

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

尖閣は日本の固有の領土です。
中国は嘘を言って他の国の領土を奪い取るのは常套手段です。
南沙諸島や、ロシアやチベットやラオスを色んな国で嘘を言って領土を取っています。
最低の国です。
世界のルールも知らない、自分の国さえ良ければ良いと言う自己中国です。
そろそろ、国際連盟からお灸をすえて欲しいものです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

他人頼みはダメです。

主権侵害は中国の方、別の方も書いてましたが元々日本が実行支配の為に開拓した島です。
いい加減に証拠のない「言いがかり」は辞めて欲しいものです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

それが伝統!

大声で我が領土だと叫ぶものの決してICJで争おうとは言わないw支那蓄w

  • 回答者:とくめい (質問から34分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

尖閣諸島はアメリカが沖縄返還まで管理していた。
1970年に国連が尖閣諸島に埋蔵石油がある可能性があるという事を発表した後に中国が領土主権を主張し始めた。
中国は経済大国になり余裕になった今、領土主張を強硬手段でやっている。

  • 回答者:匿名 (質問から18分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

盗人は中国のほうです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から17分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

自信たっぷりに言っていますが。

どうも 違うようです
http://www.yomiuri.co.jp/job/biz/qaworld/20120920-OYT8T00823.htm?from=y10

  • 回答者:とくめい (質問から16分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

真実は小説より奇なり、ってことにならなきゃいいのですが・・・。


尖閣諸島は日清戦争中に中国から奪ったのですか?
中国は「日本は戦勝に乗じて清国から盗み取った」と主張していますが、まったくのでたらめで、根も葉もない言いがかりです。
中華民国駐長崎領事から贈られた感謝状。1919年冬に同諸島沖で遭難した中国漁民を救助したお礼に、中華民国の駐長崎領事が石垣村(当時)職員に贈った。沖縄県石垣市立八重山博物館提供

 中国は、日本政府が日清戦争末期の1895年1月の閣議で、尖閣諸島を日本の領土に組み入れたために、勝利間近の機に乗じて略取したなどと主張していますが、これは、領土問題を歴史問題にすり替えようとするためのでっち上げです。

 なぜなら、日本政府は尖閣諸島がどこの国にも属さず、しかも人が住んでいない、いわゆる国際法上の「無主の地」であることを調べ始めたのは、それより10年も前の1885年のことで、沖縄県が出雲丸という汽船を派遣し、現地調査したのがはじまりです。詳細な調査の結果、「無主の地」であることが判明したため、すぐに日本の領土とすればよかったのですが、当時はそれができない理由がありました。

 それは、当時の清国が日本より軍事的に強大だったからです。それが証拠に、1886年には、世界最強の軍艦である「定遠」と「鎮遠」など4隻の清国北洋艦隊が長崎沖に現れ、上陸した清国水兵は暴行や略奪を繰り返し、多くの日本人が死傷するという「長崎事件」を引き起こしました。圧倒的な軍事力を背景にわが物顔の清国の前に、明治政府はなすすべもなく、賠償金なども妥協しなければなりませんでした。時の井上馨外相は、清国と事を構えれば、沖縄を取られてしまう、という危機感があったといわれています。

 逆に言えば、当時、強大な清国が尖閣諸島を自国領だと言えば、誰も文句が言えなかった時代だったのです。尖閣諸島の調査後、沖縄県は同諸島周辺で漁業活動を続けていましたが、清国を含めどこからも、自国の領土主権を侵害しているという抗議がなかったことから、ようやく95年に正式に日本領としたのです。

 国際法上、国家が領土権を主張するには、単に「無主の地」の発見による領有意思の表明だけでは不十分で、実効支配が必要とされています。このため日本政府は、尖閣諸島に「国標」である標杭を建てることに続いて、様々な開拓事業をスタートさせました。毎年のように移民を送り込み、海産物やアホウドリの羽毛を採集し、太平洋戦争が始まるまでは、カツオ節の製造事業なども営まれていました。魚釣島付近で遭難した31人の中国漁民を救助したこともあり、1920年には,当時の中国の外交機関である中華民国駐長崎領事から感謝状が贈られ、「日本帝国沖縄県八重山郡尖閣列島」と明記し、尖閣諸島を日本領土として認めています。

 戦後は、米国の施政権下に置かれ、人の居住が制限され、米軍は射爆場などとして利用してきました。ところが、1969年5月に国連アジア極東経済委員会(ECAFE)が、尖閣諸島周辺海域に膨大な石油資源が埋蔵されているとの調査結果を公表、それを機に翌70年に台湾、そして71年に中国が正式に自国領だと主張し始めたのです。台湾、中国ともそれ以前には領有権を主張したことなどなく、日本政府は72年、沖縄返還直後の国連の場で「尖閣列島に対しては日本以外のいかなる国も主権を持っていない。中国の主張はまったく根拠がない」と毅然とした態度で反論しています。

 9月下旬には国連総会が開かれますが、中国政府から送られた1920年の感謝状を示しながら、日本の主張が正しいことを、日本政府は世界に発信しなければなりません。

 (調査研究本部主任研究員 勝股秀通)
(2012年9月20日 読売新聞)

そう思うなら国際司法裁判所にでも訴えればいいと思います。
日本は必ず受けるでしょうし。

  • 回答者:匿名 (質問から7分後)
  • 2
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

しかし、奴らはブレがない!

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る