すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 国際

質問

終了

中国に応じてはいけないのではないでしょうか。奴らはどんな手を使うか分かりません。買収や裏工作などは行われるでしょうか。



中国提訴なら「応じる」 尖閣で長島首相補佐官 藤村官房長官は「必要なし」
2012.9.28 13:09 [尖閣諸島問題]

 長島昭久首相補佐官は28日午前のTBS番組で、沖縄県・尖閣諸島の領有権を中国が一方的に主張していることに関連し、「仮に中国が国際司法裁判所(ICJ)に提訴するようなことがあれば応じる」と述べた。

 ICJには「強制管轄権」の制度があり、日本など強制管轄権を受諾している国同士であれば、一方が紛争をICJに付託した場合、相手国は裁判に応じる義務を負うことになる。

 ただ、藤村修官房長官は同日の記者会見で「中国はICJの強制管轄権を受諾しておらず(裁判に応じる義務を負うケースに)該当しない。現時点で尖閣諸島をめぐる状況について、国際司法機関で争う必要性を感じていない」と述べ、提訴に応じる必要はないとの見解を示した。
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120928/plc12092813090011-n1.htm

  • 質問者:官房バカ長官
  • 質問日時:2012-09-28 22:43:21
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

ICJの強制管轄権を受諾していない中国の提訴は義務を伴わないものですがら
応じる必要性はないです。
まあ裁判で徹底的に向こうの矛盾や問題を叩いて勝訴できれば二度とこういう問題は起きないかもしれませんが、
汚い手を使ってくる連中ですから下手に隙を見せるのは危険です。
応じないのが今の時点では最良だと思います。

  • 回答者:匿名 (質問から3日後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

はったりだけで強気に出ているだけですから、公の場ではっきりすべき問題だと思います。

あちらには確固たる証拠がありませんから。何の法的効力も持ちません。

  • 回答者:匿名希望 (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

勝った者が正義です。法はどうでもよい。そういう国です。

下手に出てはいけません
調子に乗るだけです

  • 回答者:sooda (質問から5日後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

中国ではなく、支那です。
支那人はインチキ、ねつ造文化ですから裏工作は当たりまえです。

  • 回答者:支那人排斥運動 (質問から2日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

応じなくて良いです。
中国が提訴する時は、インチキをする時です。
判定する国々が買収されています。
相手にしないことです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から17時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

応じればいいと思います。相手は提訴しないと思います。日本の領土という事がはっきりしているのですから。

  • 回答者:匿名 (質問から12時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

裏工作が準備できた時点で、提訴するでしょう。

応じる必要はないです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から10時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

シナが国際裁判に提訴するなら応じるべきですがシナによる買収・裏工作はありえるでしょうね。
日本もそれを予期して買収・裏工作の妨害工作をしながら尖閣諸島は日本の領土であると積極的に外交努力すべきです。

  • 回答者:匿名 (質問から3時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

日本はその辺は、全くだめです。
そんな荒てな争いをしたら、負けます。正義が負けてしまう。

応じればいいですよ。
100%負けませんから。

  • 回答者:匿名 (質問から6分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

彼らが提訴するときは、勝つ準備(工作)ができたときです。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る