すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 国際

質問

終了

中国は、どんな手で尖閣を手に入れようとするでしょうか。



尖閣諸島騒動の裏で、「かつお節工場」が狙われている

石原慎太郎都知事がぶちあげた「尖閣諸島の買い取り」。中国だけではなく政府も巻き込んでかなり波紋を広げているが、この騒動に乗じて日本の生命線が危険にさらされている。

石原慎太郎・東京都知事が尖閣諸島を東京都が買うと言いだした。

 わざわざワシントンで発表したことからも政府に対する挑発であり、この問題をどうにか動かしたいという真意もよく分かる。しかし、ひとつの心配として「オレが買う」「いや、オレが」なんて小競り合いをしている間に、日本の「生命線」が危険にさらされているという点だ。

 それは「かつお節工場」である。

 ご存じの方も多いと思うが、尖閣諸島はかつて多くの人々が生活し、住居のほか、かつお節工場などがあった。

 今から4年前、石垣島へ行って仲間均石垣市議に取材をしたことがある。海上保安庁の制止を振り切って、尖閣諸島にちょいちょい上陸している御仁で、今年のお正月にも上陸を果たしてニュースになった。

 その仲間市議から1枚の写真をいただいて、がくぜんとしたことがある。

 かつて「かつお節工場」だった高く積み上げられた石垣が破壊されてしまっているのだ。

人民解放軍が上陸して「掘ったて小屋」を建てる?

 下の写真をご覧になっていただければ分かると思うが、場所によっては原型をとどめていないほど崩れてしまっている。
yd_kubota1.jpg 「かつお節工場」は台風や強い風のせいで、原型をとどめていないほど崩れている(出典:仲間均石垣市議)

 この惨状を目にして思わず「中国人の活動家が壊したんですか?」と尋ねたが、仲間市議によると、台風や強い海風のせいだという。

 なんにせよ、あれから4年の月日が流れ、崩壊はさらにすすんでいるはずだ。

 なんて話を聞くと、「たかが古くさい石垣が壊れてるぐらいじゃねえか」と思うかもしれないが、実はこの「かつお節工場」こそが、中国からの「防波堤」になるのだ。

 尖閣諸島の海域は波がかなり高い。それを言い訳に、あのあたりで領海侵犯している中国籍や台湾籍の漁船が、「乗員の安全のため緊急避難したい」と上陸する恐れがある。

 それは裏を返せば、「自称漁民」の人民解放軍が上陸して、しれっとした顔で「掘ったて小屋」を建てることもできるということだ。

 もしそんな事態になったら、都が所有しているとか、歴史的にうんたらと訴えても意味はない。例えば、かつて福建省の漁民が尖閣諸島付近で遭難し、魚釣島の漁民たちが救助した時、中国政府が「沖縄県八重山郡尖閣列島」と明記して感謝状を送った「史実」もあるが、中国側は無視している。

 こうなると競売物件に居座るヤクザと同じで、漫画『カバチタレ』の世界でいえば「占有事実」がカギとなる。つまり、ここでは200人以上の日本人が暮らしていた住居跡や「かつお節工場」だ。上陸した「自称・漁民」は真っ先にこれを破壊するはずだ。

 だから、そうなる前に一刻も早く文化財なりに指定して修復をし、きっちりと保存をする。今のままでは、破壊して「台風のせいだろ」とトボけられても我々には確認しようがない。

 そんなの考え過ぎだ、と呆れるかもしれないが、現実に「かつお節工場」がなかったばっかりに、自国に「掘ったて小屋」を建てられた人々がいる。

「世界一幸せな国」を襲った不幸な侵略

 「世界一幸せな国」として知られるブータンと、中国(チベット自治区)と接するあたりは、山奥でほとんど人がおらず、漢方でおなじみの冬虫夏草(とうちゅうかそう、ふゆむしなつくさ)がとれ、ヤクの放牧にも適していた。要するに、尖閣諸島と同じく「豊富な資源」の眠るところだった。

 そこへある時、人民解放軍がひょいと領土をまたいで、しれっとした顔で「掘ったて小屋」を建てた。抗議すると、中国は「おまえらの領土だって証拠はどこにある?」とばかりに新しい地図をつくって、こう言い放った。

 「絶対に譲れない」――。

 結果、ブータン国土は約4万6500キロ平方メートルからおおよそ2割減の約3万8400キロ平方メートルになった。今も交渉中だが相手が悪い。もう取られたと思った方がいい。

 国土を奪われるというのは、国家元首にとっては身体を切り刻まれるよう苦痛である。そんな心労がたたったブータン国王夫妻を、日本のマスコミは嫌味のように「世界一の幸せ者」とヨイショ攻めにした。なかでも際立っていたのが『朝日新聞』で、わざわざ今年の正月の社説で「ひとつの未来をみいだした」として、日本人はブータンを見習うべきだと綴っていた。

 その『朝日新聞』が都知事の「尖閣諸島買取」に対して「無責任だ」と批判し、尖閣諸島問題は放っておけ、「日中両国民がお互いに批判しあって、何か得るものがあるのか」と言いだした。

 大方、「尖閣諸島を奪われたって、幸せが得られればいいじゃないか」などと言いたいのだろうが、あいにく日本人はそこまでブータンに憧れていない。

 ちなみに朝日新聞といえば、文化財に助成をする財団ももつ。どうすれば「かつお節工場」を文化財にできるかを説いてくれた方が、よほどためになる。http://bizmakoto.jp/makoto/articles/1204/24/news006_3.html

  • 質問者:竹島は日本領
  • 質問日時:2012-10-09 10:00:29
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

年々、シナ活動家による尖閣の上陸活動の回数が増えていくと思います。
上陸回数が増えるごとに、活動家の中には過激な者も含まれており、武装して上陸して居座る可能性があるでしょう。
早急に、自衛隊または海上保安庁による陸上部隊ほ編成して、尖閣に配備して実効支配すべきです。
そして、自衛隊と海上保安庁の武力行使については、現場での判断に委ねる法改正をすべきです。

  • 回答者:匿名 (質問から5時間後)
  • 1
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

並び替え:

国民を扇動して反日活動を続行させ数の力で奪取をしようとしているのですから油断できませんから、ちゃんと自衛隊を派遣して護るべきです。

  • 回答者:匿名 (質問から4日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

そう思います。
いかれた国なので。

  • 回答者:匿名希望 (質問から1日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

中国の作戦は、書かれていたとおりでしょうねぇ。
漁民のふりをして強制占拠し、実行支配に移る。

馬鹿な国民は大喜びと言った所でしょう。中国勝利と沸き立つ様子が目に浮かびます。
しかしそんなことを許してはいけません。

早く自衛隊を常駐させるべきでしょう。

  • 回答者:匿名希望 (質問から14時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

今は尖閣領海侵犯で日本の対応を伺う事を何度も繰り返している。
日本の対応次第で中国側が尖閣上陸というカードを切るかもしれません。そのときは戦争になる。
今の首相だと自衛隊による奪還命令を出すとは思えず、竹島みたいに不法占拠させてしまうかもしれません。

  • 回答者:匿名 (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

ぜひ漁民のふりして上陸してきた人民解放軍と一戦交えていただきたいものです。
がんばれ、自衛隊!

  • 回答者:匿名 (質問から45分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

漁船や監視船をじわじわ増やして
やがて上陸して居座る可能性がありますね。

  • 回答者:匿名 (質問から20分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

心配いらない。どのような理由であろうと強制送還するだけである
またその力はある。

  • 回答者:匿名 (質問から5分後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

現に竹島は占領され、強制送還できていません。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る