すべてのカテゴリ » ニュース・時事 » 政治

質問

終了

ネットサーフィン中で見つけた記事。
TV・モバイルで、見かけなかったので、皆さんのご意見をお聞かせください。。。

 日本の衆議院議員が元慰安婦と面会「謝罪と賠償を努力する」=韓国

 日本共産党に所属する葛西昭(60)衆議院議員が18日、京畿道広州にある元慰安婦らが共同生活する施設である「ナヌムの家」を訪ね、「(従軍慰安婦の女性たちが)生きている間に、日本政府が謝罪して賠償するように努力する」と明らかにした。複数の韓国メディアが報じた。

  韓国メディアは、「日本の議員“慰安婦犯罪、謝罪し努力する”」「日本の次期首相候補は靖国参拝、共産党議員は慰安婦のおばあさんを見つけ謝罪」などと題し、日本の衆議院議員が訪韓して元慰安婦に会ったと伝えた。
  葛西議員は、亡くなった元慰安婦の遺影の前で、まず黙とうした。続いて元慰安婦の女性たちに会い「植民地支配と戦争犯罪について、日本政府が反省して清算しなければならないということを今日強く感じた。日本政府が1日も早く決断を下さなければならない」と強調した。
  また「日本政府の謝罪と反省は、被害者の傷の治療と同時に、両国の懸案解決にも役立つだろう」と述べ「日本の閣僚と議員の靖国神社参拝は、歴史に逆行して侵略戦争を正当化すること」と批判したという。
  個人レベルではなく、日本共産党の衆・参議院を代表した訪問だと明らかにした葛西議員は、ゲストブックに「生きている時に、賠償を受けなければならないという話を確かに受け入れる」と記入し、元慰安婦が生きている間に、問題解決のための努力をする意向を重ねて伝えた。

  今回の葛西議員の訪韓は、今年8月にナヌムの家が日本の政治家724人に招待状を発送したことによるもの。この席には、ナヌムの家の元従軍慰安婦6人が同席し、葛西議員の発言に対して感謝の気持ちを示した。

  葛西議員は朝鮮王室儀軌(ぎき)の返還活動をきっかけに、2007年以降、複数回にわたって韓国を訪れている。昨年8月に女性団体で活動している夫人が、ナヌムの家を訪れた事実もこの日公開して注目を集めた。
(以上)

【政治ニュース】(編集担当:李信恵・山口幸治)

日本の次期首相候補?
・・・党別に代表者が出るのは自由でした??。。。

選挙区の皆さん、投票しますか?
共産党員の「皆さんの財布だけ」から、資金調達するんですよね?

民主や自民は嫌いですが、共産党って嫌いだけでなく、生理的に無理な原因が此処で判ったように思います。
親も、共産党だけはダメだと言ってました。

皆さんは、この議員の行動を、どう思いますか?
暴論?正論ですか?

  • 質問者:教えてください
  • 質問日時:2012-10-26 15:04:00
  • 0
ソーシャルブックマークに登録する:

並び替え:

自分たちを正当化するためなら捏造でも何でもありの民族ですから

記事の信憑性が疑われますけど、もしこれが本当だとするならばとんでもない話だと思いますね。

日本の議員である資格がないです。

  • 回答者:匿名希望 (質問から6日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

売国議員がいるなんて、信じられません・・・

  • 回答者:匿名 (質問から4日後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。

事実か捏造なのか分かりませんが、もし一議員の行為でしたら売国奴です。
ちゃんと日本政府が話をして条約を締結しているのですから、勝手に議員として渡韓して利用されているとなると大問題です。

  • 回答者:匿名 (質問から7時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

あちらでは、次期総理候補の発言で、日本からカネが出せると狂喜乱舞だそうです。

HPにも記載がありましたし、クリックしたら、関連記事に飛びましたので、事実・本当だと思います。
嘘だったらHPに記事は無いでしょう。

共産党の衆院議員は「笠井亮」です。
漢字がまったく違っている時点で、全く信用性ゼロ。

  • 回答者:とくめい (質問から2時間後)
  • 0
この回答の満足度
  
とても参考になり、非常に満足しました。回答ありがとうございました。
お礼コメント

名前の漢字が違うので、この記事自体が、デマ記事だってことですね。

もっとも、かさいしゅう(笠井亮)⇔かさいしょう(葛西昭)、相手は韓国人、聞こえただけの「音」の「当て字」かもしれませんが、その議員から「訂正コメ」が出ないと判りません。
全くの捏造記事なら、本人が断固否定しなければならないレベルだと思います。

「追記」
いま、笠井氏のHPにこの記事が載っていたので、漢字間違えで、記事の葛西昭さんは、葛西亮さん本人ですね。
記事をクリックしたら韓国の中央日報・日本版に飛びました。

とくネタ総合ランキング

すべてを見る

トクネタを投稿する

Sooda!からのお知らせ

一覧を見る